☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

カテゴリ:RACE > TOT

IMG_5181

ニュースクールなCR750です!

コレでドーバー1とかめちゃくちゃ速そうです!

同じ素材で、色々楽しめちゃうから

沢山バイクが欲しくなってしまいます💦

焼肉も好きだけど、鰻も、寿司も大好きなんですよね〜〜(笑)


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆読まれましたらポチッと押してください☆

FullSizeRender

FullSizeRender
またテイスト走ってくれるのかな💦

ホントCB少ないですからね〜

クリップオンも良いですね!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆読まれましたらポチッと押してください☆

87F7DBDF-20C0-40B3-8654-C095E7B4FFFC
7B6121AA-AA08-408A-85E1-285A62257A81
IMG_3837
IMG_3838
IMG_3839
昨夜はCB1100Rのテイストライダーの石崎さんが心配して来てくれました。

ありがとうございます!

またテイストでご一緒しましょうねー


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


8AEFDC6D-3532-43B1-8FD6-4D2D9057EE32
テイスト・オブ・ツクバ共通車両規定

1.すべての参加車両は、テイスト・オブ・ツクバ共通車両規 則書および各クラスの特別規定に適合していなければな らない。 但し、各クラスの特別車両規定に示された部分については クラス別規定を優先すること。

2.公式車検で危険と判断された車両は走行できない。

3.改造規定に適合しない車両、性能に著しく差が生じる車 両、又は新機種については、組織委員会または審査委員会にて、随時クラス分けや制限を加えることがある。

車両は、安全のために次の各項の全てを満たしていなければならない。

●メインフレームの基本骨格の定義
基本骨格とは路面からの入力を受け止めているシャーシー部分、 すなわちヘッドパイプからリアショックブラケット(マウント) までとする。

補則1:したがって1本サス車両などのサブフレーム(シートレー ル)部分は、溶接・ボルトオンに関わらず基本骨格には含まれな い。判断のつきづらい物については事務局にて判断される。

補則2:センターパイプの種類によっては基本骨格から除外する 場合がある。

図Aは主に2本サス仕様の車両の説明図
IMG_8485

(1)ブレーキ 車両は前後輪にそれぞれ独立した有効なブレーキを備えなけれ ばならない。

(2)リム及びホイール リムの最低直径は16インチとし、最大リム直径は19インチまでと する。

(3)ハンドルバー
.魯鵐゙ルの端から端までの幅は450mm以上なければならない。
▲魯鵐゙ルの回転角度は、左右それぞれ15度以上なければならな い。
ハンドルを左右いっぱいに切った時、ライダーの指を挟まない ようにハンドルバーと燃料タンクとのクリアランスは30mm以上あ ること。
ぅ゙リップ部及びレバーとカウリングとのクリアランスは20mm以上 あること。

(4)スロットルコントロール スロットルコントロールは、手をはなすともどる方式でなければ ならない。

(5)コントロールレバー クラッチレバー及びブレーキレバーの末端は、直径が19mm以上の 球状で、容易に取れたり外れたりするものであってはならない。 又、このボールを平たくすることも認められているが、いかなる 場合においてもその端部に丸みを持たせることが必要である。 (この平たくした部分の厚みは少なくとも14mmとする。) コントロールレバーの長さは、ピボット点からボールの端まで 200mmまでとする。

(6)フットレスト及びペダル
.侫奪肇譽好箸論泙蠅燭燭濕阿゙もよいが、この場合は自動的に元の位置に戻る仕組になっていなくてはならず、その先端に突起物があってはならない。
▲侫奪肇譽好箸゙折りたたみ式でない場合、その先端を最低半径8mm以上の球状に丸められていなくてはならない。 ※転倒の際の路面保護の為、先端をプラスチックやテフロン等の樹脂製とすること。
フットレストは、コントロール・ペダルの操作がしやすい位置になくてはならない。

(7)エキゾーストパイプ・サイレンサー
’啜い倭瓦銅嵶召慮緤に排出されなければならない。但し排気がほこりを立てるように排出されたり、タイヤやブレーキを汚したり、後続のライダーに迷惑を与えないようにしなければならない。
▲┘ゾーストパイプ後端部は、車両のセンター軸と水平かつ平 行に近いものである事が望ましい。また、リヤタイヤの最後端垂直接線より突出してはならない。
エキゾーストパイプおよびマフラー(サイレンサー)は、走行中脱落しないように必ず一箇所以上をステーで固定し、リベッ ト・ボルト・ナット等で確実に装着すること。

(8)音量規定
音量は下記固定回転数方式で、※105db/A以下とする。 レース終了後は、3db/Aの許容誤差が認められる。 計測のためのマイクロフォンの位置は、排気管後端から500mmで、かつ中心線から後方45°で排気管と同じ高さとする。但し、高さ が200mm以下である場合は45°上方の点で行う。
IMG_8486

(9)プロテクティブコーン プロテクティブコーンの取り付けは可。その場合コーンの突き出 し量は、カウリングの表面から20mm以上突き出してはならない。
コーン先端は半径10mm以上に丸められていること。 カウリングを持たない車両への取り付けに関しては、十分安全に 留意すること。安全性についての判断は車検長に委ねられる。

(10)カウリング カウリングを使用する場合は、次の条件を備えたものでなければ ならない。
.織ぅ笋鮟く前輪は両側に明瞭に見えなければならない。
∩偉悗亮崋瓦鯆未訖眄の100mm前方から後輪の車軸の垂線の間になければならない。
カウリングの下端と地面との間隔は100mm以上でなければならない。
ぅ薀ぅ゙ーが普通に乗車した状態で、ライダーの両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えなければならない。ライダーの顔 面または、そのヘルメットとカウリング(ウインド・スクリーン を含む)との間100mmとする。
ジ緤に面しているカウリングのいかなる部分も、その端部を少 なくとも半径3.5mmの丸みを持たせなければならない。後方に面 しているウインド・スクリーンの端部にはガードを施して切り 傷を負う恐れのないようにしなければならない。
Ε┘▲侫イル又はスポイラーは、それらがフェアリング又はシ ートの不可欠部分である場合に限り、取リ付けることが出来る。 これらの装置の幅は、フェアリングの幅をオーバーしてはなら ず、又、その高さはハンドルの高さをオーバーしてはならない。 ふちのとがった部分は少なくとも8mmの丸みをもたせなければ ならない。
Ь綉の適用を避けるための透明な物質を使用することは出来ない。
┘ウリング前端部(ゼッケンプレート部)の傾斜角度は垂直面から後部へ30°以上あってはならない。
後輪の可視範囲後輪のリムは後輪の垂直線の後部円周180°にわたって明瞭に 見えなければならない。
IMG_8488
(11)フェンダー フロントフェンダーは、取り付けられていなければならない。 カウリング仕様車の場合は取り外しは可能だが、ブレーキホース とフロントタイヤの接触(フロントフォークの伸縮を考慮)に細 心の注意を払うこと。

(12)オイルドレンボルト 全てのオイルドレンボルトは確実に締め、ボルトは安全のために ワイヤーロックをしなければならない。オイルフィルターカート リッジもワイヤーロックをしなければならない。
IMG_8487


(13)供給パイプ
’・圧力のかかる全てのホース、パイプ類は耐圧、耐熱、耐油のものを使用すること。
▲イル供給ホースは、金属製のホースバンドで確実に固定し、それをホース挿入方向にワイヤーで引っ張ること。又、ホース ジョイントはフレア加工(抜け止め)の施してあるものを使用す ること。
※油圧のかかるホースは、ねじ込み式ニップルで接続することを 強く推奨する。

(14)燃料タンク 燃料は、車両にしっかりと固定されたタンク内に収めるものとす る。その材質は原則として金属製とする。 シート・タンク及び補助タンクの使用は禁止する。(メーカー純 正品は除く)尚、出荷時より樹脂製タンク、アルミ製タンクを使 用する場合は、必ずバッフルスポンジ(防爆材)を充填すること。

(15)燃料キャップ、オイルフィラーキャップ 燃料、オイルフィラーキャップは、閉じた状態で漏れる恐れがあ ってはならない。さらに、いかなる場合においても誤って開くこ とのないように、安全にロックされていなければならない。

(16)燃料タンクブリーザーパイプ 燃料タンクブリーザ一パイプがついている車両及び、燃料タンク ブリーザ一パイプを取り付ける場合は、ノンリターンバルブを取 り付けなければならない。これらは適切な材質の最小限容量 250cc以上のキャッチタンクに排出される構造になっていること。

(17)フュエルポンプ 電動フュエルポンプを使用している車両は、転倒などの際に自動 的に作動するサーキットカットアウト(回路開閉器)を介して配 線されていなければならない。

(18)燃 料 競技会参加者の使用できるガソリンは、一般公道用の市販車に供 するため、通常のガソリンスタンド、又は各公認サーキットのガ ソリンスタンドで購入できる無鉛ガソリンとする。競技に使用す るガソリンには、販売時に混入されている以外のいかなるものも 添加されてはならない。但し、一般に販売されるスタンダードの 潤滑油及び、1.5%以下のアルコール(燃料精製中に混入されるも のに限る)については認められる。

(19)オイルキャッチタンク
〜瓦討亮嵶召蓮▲゙ヤーボックスブリーザーの250cc以上、エンジンブリーザーの場合500cc以上のオイルキャッチタンクを装着しなければならない。
▲゙ローバイガスの最終排出口はエアークリーナーボックス内に放出しなければならない。尚、エアークリーナーボックスを取 り外した場合、排出口はキャブレター吸入口の中心から45度、 100mm以内に設置しなければならない。
エアークリーナーボックスが、吸気およびキャブレター、その 他の開口部より下部に最低500cc以上のオイルを収容できる容 量がある場合にはキャッチタンクとして利用できる。
づ湘飮に容易に脱落したり破損せず、高温に耐えられる材質の ものでオイルがこぼれないように確実に取り付けなければなら ない。又、競技前には必ず空にしておかなければならない。

(20) 4サイクル車のエンジンブリーザーシステム
IMG_8489

(21)ラジエーターリザーバータンク
水冷式車両は、250cc以上の容量のラジエーターリザーバータン クを取り付けること。

(22)取り外さなければならないもの
.薀ぅ販(飛散防止処理が完全に施されていれば可)
▲゙ックミラー、スタンド類、荷台、公道用ナンバープレート
その他、車検時に安全上取り外しを指定された部品

(23)取り付けなければならないもの
.譟璽好゙ッケンプレート ゼッケンプレートは、前面に1枚、左右にそれぞれ1枚ずつ装着し明確に識別できなければならない。
サイドゼッケンの位置は、ライダー乗車位置(お尻)より後ろで なければならない。すなわち、サイドカバーへの装着は禁止さ れる(補助的に貼り付けることは除く)。また、シートトップゼ ッケンも不可とする。但し、フルカウリング仕様でゼッケンナ ンバーの視認性が良いと判断される車両に関しては例外とす る。尚、ゼッケンプレートの大きさの目安は、左右275mm以上、 上下200mm以上で、市販のものかエンビ、アルミ、スチール製 のプレートを使用しボルト(直径6mm以上)、ナットで2箇所以 上取り付けること。形はシャープエッジ等危険性のないもの。 またナンバープレートを装着する代わりにボディーまたはカ ウリングに同寸法のスペースをペイントすればゼッケンベー スとして使用できる。
IMG_8490

▲゙ッケンナンバー 字体は、FuturaHeavyを基本とするゴシック体とする。車検長の 判断により解読不可能とされた場合には随時修正のこと。ナン バーは2桁まで(0から始まらない)とする。
但し、有料にて例外を認める場合がある。
※ゼッケンプレート及び、文字の色指定。
IMG_8491
(24)ワイヤーロック
^焚爾両貊蠅砲蓮必ずワイヤーロックを施さなければならない。 尚、ワイヤーは0.3mm以上のものを使用すること。
a.エンジンおよびミッションのドレンボルト
b.オイルフィラーキャップ及びオイルレベルゲージ
c.外付けオイルフィルターエレメント(カートリッジ)
d.オイル圧力ライン(供給ホース)の取り付け部
25頁(13)参照
e.前後ホイールスピンドル・ナット
※ワイヤーロックが不可能な場合は、割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていること。
以下の場所には、ワイヤーロックまたは割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていることが望ましい。
a.オイルエレメント(インナー式)、取り付けボルト・ナット
b.前後ブレーキキャリパーの取り付けボルト
c.フロントフォークオイルドレンボルト
IMG_8492
(25)車両の傾斜角
車両の傾斜角度は無負荷でタイヤを除き、どの部分も接地することなく垂線に対して50°傾斜させることが可能でなければならない。

(26)部品の最後端
いかなる部品もリアタイヤ最後端垂線より後ろに突き出してい てはならない。

(27)水冷エンジンの冷却水
水あるいは水とアルコールの混合物に限られ、クーラント液の使 用は禁止される。

(28)次の部品は使用が禁止される。
〜瓦討硫甬訌置の使用。但し、F-ZEROクラス及びF-ZERO EXTRA クラスに限り、メーカー市販時に標準装備され、純正部品を使用したモーターサイクルはこの限りではない。(特別規定に記 載する)また、HERCULESクラスはこの限りではない。
▲侫譟璽燹▲侫蹈鵐肇侫ーク、スイングアーム、ハンドルバー、 ホイールスピンドルにチタニウムの使用。 ※チタニウム合金製のナットとボルトの使用は許可される。
ホイールスピンドルに軽合金の使用。
ぅフロード、モトクロス、トライアルタイヤの使用。

(29)キルスイッチ
全ての車両には、始動しているエンジンおよびその他の全ての電 気部品を停止することのできる効果的なイグニッションキルス イッチまたはボタンが、ハンドルを握った状態で手の届く位置に 取り付けられていなくてはならない。

(30)危険防止
危険及び、迷惑をおよぼすような改造をしてはならない。公式車 検において危険と判断された車両は出走できない。

(31)タイヤ
一般市販されていて通常のルートで購入できる一般公道用オンロ ードタイヤのみ使用可。但し、摩耗限度を超えた物、及びグルー ビング・カッティング等の加工を施した物の使用は禁止される。
また、ウエット時に限りレーシングレインタイヤの使用が認めら れるが、スリックタイヤにグルービング・カッティングを施した 物の使用は禁止される。

(32)チェーン・スプロケットガード
チェーンとリヤスプロケットの間に、身体の一部が誤って挟まれ ることの無いように、スプロケットガードを取り付けなければな らない。(MFJ国内競技規則技術規則参照) フロントスプロケットには、カバーが施されていることが望ましい。
IMG_8493

-----------------------------------------------------------------------
IMG_8494
IMG_8495
IMG_8496
IMG_8497
IMG_8498
IMG_8499
IMG_8500
IMG_8500
IMG_8501
IMG_8502


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

4BBA086C-8C76-4E10-B359-F3DA0C012359
お!

コレはカッコいいかも!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


CC4FCD18-02E5-4F2D-A942-0CE38B540EB7
テイスト・オブ・ツクバのゼッケンの書体がこういう風にしたいですねー。

全てのマシンが当時風になると良いですねー。

ゼッケンやステッカーで決まりますね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


05A095B4-8823-49A9-AF1D-554ED2F70F2A
364D0EEB-F4CE-469C-8528-7627A8CC782C
62B9FDD0-BC36-49B3-A45D-0DFADE32DF6B
今年は息子とコレに熱中しようかと思っています。

若かりし頃にかじったので、

今更だけどやりたくなりました!

テッペーさん、サトシさん、よろしくお願いします!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


F0A516A0-D785-4A4D-A659-65CADB59554F
607A58B8-2EA0-4CC4-A223-761F7F5F04B9
9B5E4153-6386-4C24-8459-E59D14D1E156
中野選手のと対決して欲しいなー

純粋に双方のファンとして見てみたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


40B2650C-8E2C-4F66-81D3-33FCA8CFA2F3
08A3604A-F7D7-47A8-9DA0-03A61BD1696F
C8987A13-01DE-4A28-B715-431AD53F50D7
ニュースクールなGS1000Sです!

毎回テイスト・オブ・ツクバで活躍している中野選手です。

極めてるなー(*≧∀≦*)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


98B0647F-7A3D-4A0C-A051-2D2EAF2440F9
C62FF528-0001-492F-BBBE-D857AE735387
7D5B218B-7896-4A65-9E64-0B3327CEBEF6
CE3CBEE5-7C6C-4F24-81F9-43691B655595
A70041D6-6E40-401C-A868-6A144FB48A9B
F3FF7B11-54CF-465C-AB2F-B2B49138D8FD
B7BBF44F-A352-4CF1-9647-023990787F8F
6816F5F6-6B99-4ECD-9120-5A88800903C2
AF64B2E1-3E46-4A70-AB59-E81B15021B56
こういうパーツがあるのは嬉しいですねー

モンスターをコイツで走るのも良いですよねー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


569CCE45-83D7-4DE6-950C-30E470DAF898
2DE4DD51-2DA4-4ADB-B321-FEA7A916484F
やっぱりサイクロプスさんは最高だなー。

もう少ししたらダイナモカバーお願いしたいです。

ご多忙かとは思いますが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆




353BC35C-96D4-4B6E-89C2-28D5FA3E6201
勉強になりますねー。

牛歩の如く進行中。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


CD0C060E-CBBE-4D56-BA5B-A58B05F6A738
E84BC818-39C1-4E6E-BFC1-D7785D164E51
C4EF4B85-1E48-452B-AEDA-2B5958B2633A
682650E0-24BC-472E-8FA2-ED58DF9D1C89
2DB812AF-AE05-4C56-9D1D-1BEE25D3FB6B
6B2F636D-A5F5-482D-A23D-42015DE516E6
AD78A74C-ACDA-45B5-B7D8-5D3A30305B01
煙を吹いてましたが大丈夫だったのでしょうか?

アイアンホースは出れるのでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


9E82D203-C59D-4160-8E44-CAFB76CE7D6E
A1E799DD-09F0-42C7-8D68-929802E57D2E
6E998540-849D-461C-A46B-8F57738D3C51
94AA295E-89DD-4A83-BE58-CB3C0879C66D
96B4A3F4-CC98-4F19-AFBC-358A3BD3BA94
C745D9A8-B70F-4EB9-8D5C-0C5025E327EF
F973AE13-4B3E-4286-9D01-1BA530A17556
このマシンを見るとメチャクチャ欲しくなりますねー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


925A7EF0-BE66-4C30-B2D7-03FBB9C498A8
2752117C-8C3E-4386-AA7C-113E1CD1E921
#414のH2。

クラッシュから復活しました!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


CB5C0744-3F31-49A9-9C7E-FF43DF9770DC
C436B6FB-66A5-47E1-A8A9-79631A009A0B
00659DAC-FCB8-4399-A105-59EF1A02A1CC
3B0DA335-C748-4CEB-A233-A3CFF90D1EA0
D989AA6B-8B92-4239-9E9E-13EE458DB786
833CA45D-094C-4863-9A48-AD5E1C135E38
233457AF-B121-4F2E-9BB8-A00A426B5EE4
415B12D3-966B-40EB-A041-D35629F7051A
D77D016F-6364-4790-9F65-586939D18EE2
6EF0BE1F-84A6-4403-B37F-5B8CD18A77BE
こちらはトリックスターのH2

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


8DA255DF-A4DC-4CA3-B62D-4A42DCAD3A91
2DFC1737-7C32-48C5-AA81-AA044EC5A72F
63B09A86-D5EC-47A8-A3A2-AC65290D7AE9
885D2EA6-1EFC-4E5F-B3EA-C3D77D0B9FD6
勇気があるとしか言いようが無いですねー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


199F146C-AC1A-4709-87CA-44D163D4058D
452DD8E2-1566-4EBB-9BFD-7A12461D10FC
C6BE8EC8-A975-4EAA-9DA4-C0ABE5096B4C
EB34482D-57BE-4635-AB6E-C5A202E9715A
2CEB23F9-19AF-454A-B1A2-645B67946EE1
1F73E8C3-15DC-4570-A8FD-347F268658B6
38478CED-AEA2-44C8-B141-232FC1902F62
2752117C-8C3E-4386-AA7C-113E1CD1E921
4F408820-8938-4CA1-A9C1-D31F5421FAED
4F8EEADC-83F4-443C-B345-21EBEED323F0
213186DE-F771-4B6F-8FFF-1465DF8DFFB2
2AD271AE-93C9-4D23-AB22-250684015CF2
4946D8DA-71E1-42B6-B135-3ED0FAA12790
56310DB2-A50C-4224-8F68-964494C47500
25CD2513-3FA0-4C04-B85A-31FE99418EC2
85C31F1B-6DBA-475E-95A8-CC28EC4ADAEE
3ACADB26-DD7A-4871-863F-2D7703095BC6
F5A78FEB-BFB0-446D-9909-B2B34E0A6F79
1A3EC0E1-831A-440C-9DD3-CDC7967C8CD3
1D58DD6C-5B5B-48A7-8093-BE69B4ACD5A9
A09CEAEB-7168-4527-B8C7-3141337F5456
1AAC3305-7179-4058-BB93-77ACF24C8FA4
A68DEDFB-42C4-4EA0-8130-313A7144C71D
82022320-3F2B-4315-B3DF-CC5AEB4D1964
7C959252-F35D-4EFB-8213-AFF93219EEBB
やっぱりレースは自分が走らないとですねー

二日間で二往復300km走りました。

CD90も楽しいですね〜〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


FEA78426-63D5-4197-B1AF-7067C693D4DC
7121D8A6-5AF9-43D4-A7CF-78F453BD4309
A19A68D7-71D0-4CC4-A7A1-0B652F562259
D27CC4FA-BCBB-452E-9613-0E401DBA2D28
F974D39A-9F7E-4034-A4A9-19027C48B3F9
03071F0B-26A9-4E29-BA58-E6754CBE3148
7121D8A6-5AF9-43D4-A7CF-78F453BD4309
D2740614-5BC8-4769-81A1-E78C1D25237A
446FA42A-3453-4270-8C0A-EC6659A69BE7
9478CC98-39FF-461B-A1DF-F6668F863225
190FA142-D426-4EF7-8970-5B6FA8B6C008
0A29FC74-DA95-44E7-8A08-288709FBBB5F
543E316C-9940-45A1-8E17-AAFCC952BD11
7E48A07A-18B8-43BC-8927-62BEC756CE49
11224E71-8915-469A-8C49-DAE36D8FD198
2666FAA4-4E3D-453F-8192-D513A41D51B0
168A7346-FA38-46C1-A240-336B0EC79A32
726B1994-4CD3-40D1-90F8-6E52FBF25EB5
C8985C69-036C-4F77-A047-1843AF567537
0CADC6E0-E3D5-45E3-998D-3E075D348878
D6A4550C-21E0-4E87-BAD4-6D01C3FEE9A0
F621A6B5-CA11-4C34-AC5F-2A22994AB5C9
E4C55095-EC34-45BF-B6B5-5441CFA94A59
5473661B-3741-4832-807F-A07FE2432444
上田隆仁選手おめでとうございます㊗️🎉

皆さん次回お会いしましょう!

やっぱりレースは楽しいですね〜〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


40A9AB57-EFC6-462E-B635-0D4C47F0E73F
9AB75555-FF15-43C6-B0D9-4D174C474307
FEA7513E-476E-4D56-9324-17827F5263AD
C7AF021E-99AD-4BD0-8406-DF31408FA0FE
A2DA3297-3902-4E95-9B0E-B8634D17E077
CE99DBE3-9E30-4CD8-AA7D-1A6B24D7C447
428E7589-6F51-4C6D-822C-44AB43556205
651CEF8A-BBC8-4272-8DE3-F59DEED8E868
4DCA87E5-F1E5-46AE-AD86-92E5F9F7F7EE
606B8FF6-9C48-4500-9E26-E53E0DE586E1
EC258A80-D338-4537-8D7B-7A8E51951DEC
5EE6A76A-7331-48A7-9411-E6D40DD387DD
B5A1D872-EA49-46E3-B5E4-74615436DE4D
51C16BE1-6DE2-4707-9A26-C0CFFE5A74D2
E4412E54-B6C9-4574-A011-5AC5929DE614
9F70C718-338C-42F9-8298-09783297F01D
8878EB19-426E-4D49-A041-CAE5B0A8B97A
F2359EB1-045F-4A84-A84F-E17CA0B34E63
92FBD2DA-1E48-43E5-8771-F7598B8BE7BC
28D41AA8-3B12-4CC4-BF01-EB14490A900C
34FD9D2B-D1BD-474F-946E-A356C306D5C0
多過ぎて縮尺変えてなくてすいません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


B178DD3B-9841-4B6E-BA5A-440E93A1E0C0
9979B837-B113-45AE-89FA-7E6A55755976
F61B436E-6B2C-42FB-B0A7-397EA64D6EB5
9258BE09-6B31-43E2-ACA6-288620460FB5
5087C0EA-09ED-4C89-93DF-D1F717C4BDB4
1BEA03F6-9B28-4B62-AEB1-F3DD8BEB4410
765EB601-B9DB-470A-84D7-7B67BCADBC4F
329D65E8-ABCB-4668-9281-30B899C4B447
9786CE68-4AD1-4CB8-8838-268C7E4E7C43
E06597A1-CDA4-4A12-AA2D-94974712E8CC
863FEE31-6D1F-4851-BCAE-2BF0E7029039
895AC00B-2B96-480F-ACCA-4C950C5EFD5B
02BC5C86-8C51-4C96-9522-D22C953122CE
CC74C8A2-177B-4F8E-A631-CADBF922FAAA
107A6683-25CB-494C-AD0E-A62DFCEBE988
5EDF26C5-56F5-46BA-88D9-A66FEADBED06
FF368DC6-E092-4F39-8947-9D12FAAFA976
221BFEA4-5270-4D07-9B56-A2CF6B870699
53B4B561-6D77-467B-8DB6-46BB8B4EFEF1
DC5F55C7-E967-4A4F-81BE-AACE497F8B49
F0050C5E-EF0B-4E41-872F-0CC9E3A0CDC7
8869C858-6B25-49BF-A148-48AE611CE7BD
780AF3B9-C4D4-4981-8C3E-7A90795B12B2
08027D93-2F35-48F2-9F26-10D8232DAC76
テイスト・オブ・ツクバ応援しに行って来ました!

CD90でトコトコと。

次回はCB900Fレーサー走ります!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


7146002E-BA1C-4943-A408-A9E1D1C6D723
249F95D5-C12F-4846-82BF-0046530E3012
テイストを前にドンドン煮詰めてる様です。

うーむ。

私も走りたいですね〜

石神さんもお身体ご自愛ください。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


C541C115-64BA-46CD-97D6-0A9A241F0250
C5D37CCF-7B72-4BC5-8ACD-7465486AA463
ドンドンセッティング出て来てるみたいですね。

ハンドリングにまだ問題有るみたいですが、

きっと大丈夫だと思います!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


9ECC689E-C84B-49C6-A244-78064A36E41E
三澤センセのXJ750Eレーサーです👍

コレは真似できるレベルでは有りません。

走りもKenny Robertsに似たフォームで美しい!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


ADE87ACC-46A7-401E-8E26-4F3F55AB7E2E
CEC68F33-83E7-46A5-9EC5-5A082AA698C3
9699AAFB-40A6-4AB3-B4D9-6413C087CF07
これ、練習機に良さそうです!

イイなー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


テイスト・オブ・ツクバ共通車両規定

1.すべての参加車両は、テイスト・オブ・ツクバ共通車両規 則書および各クラスの特別規定に適合していなければな らない。 但し、各クラスの特別車両規定に示された部分については クラス別規定を優先すること。

2.公式車検で危険と判断された車両は走行できない。

3.改造規定に適合しない車両、性能に著しく差が生じる車 両、又は新機種については、組織委員会または審査委員会にて、随時クラス分けや制限を加えることがある。

車両は、安全のために次の各項の全てを満たしていなければならない。

●メインフレームの基本骨格の定義
基本骨格とは路面からの入力を受け止めているシャーシー部分、 すなわちヘッドパイプからリアショックブラケット(マウント) までとする。

補則1:したがって1本サス車両などのサブフレーム(シートレー ル)部分は、溶接・ボルトオンに関わらず基本骨格には含まれな い。判断のつきづらい物については事務局にて判断される。

補則2:センターパイプの種類によっては基本骨格から除外する 場合がある。

図Aは主に2本サス仕様の車両の説明図
IMG_8485

(1)ブレーキ 車両は前後輪にそれぞれ独立した有効なブレーキを備えなけれ ばならない。

(2)リム及びホイール リムの最低直径は16インチとし、最大リム直径は19インチまでと する。

(3)ハンドルバー
.魯鵐゙ルの端から端までの幅は450mm以上なければならない。
▲魯鵐゙ルの回転角度は、左右それぞれ15度以上なければならな い。
ハンドルを左右いっぱいに切った時、ライダーの指を挟まない ようにハンドルバーと燃料タンクとのクリアランスは30mm以上あ ること。
ぅ゙リップ部及びレバーとカウリングとのクリアランスは20mm以上 あること。

(4)スロットルコントロール スロットルコントロールは、手をはなすともどる方式でなければ ならない。

(5)コントロールレバー クラッチレバー及びブレーキレバーの末端は、直径が19mm以上の 球状で、容易に取れたり外れたりするものであってはならない。 又、このボールを平たくすることも認められているが、いかなる 場合においてもその端部に丸みを持たせることが必要である。 (この平たくした部分の厚みは少なくとも14mmとする。) コントロールレバーの長さは、ピボット点からボールの端まで 200mmまでとする。

(6)フットレスト及びペダル
.侫奪肇譽好箸論泙蠅燭燭濕阿゙もよいが、この場合は自動的に元の位置に戻る仕組になっていなくてはならず、その先端に突起物があってはならない。
▲侫奪肇譽好箸゙折りたたみ式でない場合、その先端を最低半径8mm以上の球状に丸められていなくてはならない。 ※転倒の際の路面保護の為、先端をプラスチックやテフロン等の樹脂製とすること。
フットレストは、コントロール・ペダルの操作がしやすい位置になくてはならない。

(7)エキゾーストパイプ・サイレンサー
’啜い倭瓦銅嵶召慮緤に排出されなければならない。但し排気がほこりを立てるように排出されたり、タイヤやブレーキを汚したり、後続のライダーに迷惑を与えないようにしなければならない。
▲┘ゾーストパイプ後端部は、車両のセンター軸と水平かつ平 行に近いものである事が望ましい。また、リヤタイヤの最後端垂直接線より突出してはならない。
エキゾーストパイプおよびマフラー(サイレンサー)は、走行中脱落しないように必ず一箇所以上をステーで固定し、リベッ ト・ボルト・ナット等で確実に装着すること。

(8)音量規定
音量は下記固定回転数方式で、※105db/A以下とする。 レース終了後は、3db/Aの許容誤差が認められる。 計測のためのマイクロフォンの位置は、排気管後端から500mmで、かつ中心線から後方45°で排気管と同じ高さとする。但し、高さ が200mm以下である場合は45°上方の点で行う。
IMG_8486

(9)プロテクティブコーン プロテクティブコーンの取り付けは可。その場合コーンの突き出 し量は、カウリングの表面から20mm以上突き出してはならない。
コーン先端は半径10mm以上に丸められていること。 カウリングを持たない車両への取り付けに関しては、十分安全に 留意すること。安全性についての判断は車検長に委ねられる。

(10)カウリング カウリングを使用する場合は、次の条件を備えたものでなければ ならない。
.織ぅ笋鮟く前輪は両側に明瞭に見えなければならない。
∩偉悗亮崋瓦鯆未訖眄の100mm前方から後輪の車軸の垂線の間になければならない。
カウリングの下端と地面との間隔は100mm以上でなければならない。
ぅ薀ぅ゙ーが普通に乗車した状態で、ライダーの両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えなければならない。ライダーの顔 面または、そのヘルメットとカウリング(ウインド・スクリーン を含む)との間100mmとする。
ジ緤に面しているカウリングのいかなる部分も、その端部を少 なくとも半径3.5mmの丸みを持たせなければならない。後方に面 しているウインド・スクリーンの端部にはガードを施して切り 傷を負う恐れのないようにしなければならない。
Ε┘▲侫イル又はスポイラーは、それらがフェアリング又はシ ートの不可欠部分である場合に限り、取リ付けることが出来る。 これらの装置の幅は、フェアリングの幅をオーバーしてはなら ず、又、その高さはハンドルの高さをオーバーしてはならない。 ふちのとがった部分は少なくとも8mmの丸みをもたせなければ ならない。
Ь綉の適用を避けるための透明な物質を使用することは出来ない。
┘ウリング前端部(ゼッケンプレート部)の傾斜角度は垂直面から後部へ30°以上あってはならない。
後輪の可視範囲後輪のリムは後輪の垂直線の後部円周180°にわたって明瞭に 見えなければならない。
IMG_8488
(11)フェンダー フロントフェンダーは、取り付けられていなければならない。 カウリング仕様車の場合は取り外しは可能だが、ブレーキホース とフロントタイヤの接触(フロントフォークの伸縮を考慮)に細 心の注意を払うこと。

(12)オイルドレンボルト 全てのオイルドレンボルトは確実に締め、ボルトは安全のために ワイヤーロックをしなければならない。オイルフィルターカート リッジもワイヤーロックをしなければならない。
IMG_8487


(13)供給パイプ
’・圧力のかかる全てのホース、パイプ類は耐圧、耐熱、耐油のものを使用すること。
▲イル供給ホースは、金属製のホースバンドで確実に固定し、それをホース挿入方向にワイヤーで引っ張ること。又、ホース ジョイントはフレア加工(抜け止め)の施してあるものを使用す ること。
※油圧のかかるホースは、ねじ込み式ニップルで接続することを 強く推奨する。

(14)燃料タンク 燃料は、車両にしっかりと固定されたタンク内に収めるものとす る。その材質は原則として金属製とする。 シート・タンク及び補助タンクの使用は禁止する。(メーカー純 正品は除く)尚、出荷時より樹脂製タンク、アルミ製タンクを使 用する場合は、必ずバッフルスポンジ(防爆材)を充填すること。

(15)燃料キャップ、オイルフィラーキャップ 燃料、オイルフィラーキャップは、閉じた状態で漏れる恐れがあ ってはならない。さらに、いかなる場合においても誤って開くこ とのないように、安全にロックされていなければならない。

(16)燃料タンクブリーザーパイプ 燃料タンクブリーザ一パイプがついている車両及び、燃料タンク ブリーザ一パイプを取り付ける場合は、ノンリターンバルブを取 り付けなければならない。これらは適切な材質の最小限容量 250cc以上のキャッチタンクに排出される構造になっていること。

(17)フュエルポンプ 電動フュエルポンプを使用している車両は、転倒などの際に自動 的に作動するサーキットカットアウト(回路開閉器)を介して配 線されていなければならない。

(18)燃 料 競技会参加者の使用できるガソリンは、一般公道用の市販車に供 するため、通常のガソリンスタンド、又は各公認サーキットのガ ソリンスタンドで購入できる無鉛ガソリンとする。競技に使用す るガソリンには、販売時に混入されている以外のいかなるものも 添加されてはならない。但し、一般に販売されるスタンダードの 潤滑油及び、1.5%以下のアルコール(燃料精製中に混入されるも のに限る)については認められる。

(19)オイルキャッチタンク
〜瓦討亮嵶召蓮▲゙ヤーボックスブリーザーの250cc以上、エンジンブリーザーの場合500cc以上のオイルキャッチタンクを装着しなければならない。
▲゙ローバイガスの最終排出口はエアークリーナーボックス内に放出しなければならない。尚、エアークリーナーボックスを取 り外した場合、排出口はキャブレター吸入口の中心から45度、 100mm以内に設置しなければならない。
エアークリーナーボックスが、吸気およびキャブレター、その 他の開口部より下部に最低500cc以上のオイルを収容できる容 量がある場合にはキャッチタンクとして利用できる。
づ湘飮に容易に脱落したり破損せず、高温に耐えられる材質の ものでオイルがこぼれないように確実に取り付けなければなら ない。又、競技前には必ず空にしておかなければならない。

(20) 4サイクル車のエンジンブリーザーシステム
IMG_8489

(21)ラジエーターリザーバータンク
水冷式車両は、250cc以上の容量のラジエーターリザーバータン クを取り付けること。

(22)取り外さなければならないもの
.薀ぅ販(飛散防止処理が完全に施されていれば可)
▲゙ックミラー、スタンド類、荷台、公道用ナンバープレート
その他、車検時に安全上取り外しを指定された部品

(23)取り付けなければならないもの
.譟璽好゙ッケンプレート ゼッケンプレートは、前面に1枚、左右にそれぞれ1枚ずつ装着し明確に識別できなければならない。
サイドゼッケンの位置は、ライダー乗車位置(お尻)より後ろで なければならない。すなわち、サイドカバーへの装着は禁止さ れる(補助的に貼り付けることは除く)。また、シートトップゼ ッケンも不可とする。但し、フルカウリング仕様でゼッケンナ ンバーの視認性が良いと判断される車両に関しては例外とす る。尚、ゼッケンプレートの大きさの目安は、左右275mm以上、 上下200mm以上で、市販のものかエンビ、アルミ、スチール製 のプレートを使用しボルト(直径6mm以上)、ナットで2箇所以 上取り付けること。形はシャープエッジ等危険性のないもの。 またナンバープレートを装着する代わりにボディーまたはカ ウリングに同寸法のスペースをペイントすればゼッケンベー スとして使用できる。
IMG_8490

▲゙ッケンナンバー 字体は、FuturaHeavyを基本とするゴシック体とする。車検長の 判断により解読不可能とされた場合には随時修正のこと。ナン バーは2桁まで(0から始まらない)とする。
但し、有料にて例外を認める場合がある。
※ゼッケンプレート及び、文字の色指定。
IMG_8491
(24)ワイヤーロック
^焚爾両貊蠅砲蓮必ずワイヤーロックを施さなければならない。 尚、ワイヤーは0.3mm以上のものを使用すること。
a.エンジンおよびミッションのドレンボルト
b.オイルフィラーキャップ及びオイルレベルゲージ
c.外付けオイルフィルターエレメント(カートリッジ)
d.オイル圧力ライン(供給ホース)の取り付け部
25頁(13)参照
e.前後ホイールスピンドル・ナット
※ワイヤーロックが不可能な場合は、割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていること。
以下の場所には、ワイヤーロックまたは割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていることが望ましい。
a.オイルエレメント(インナー式)、取り付けボルト・ナット
b.前後ブレーキキャリパーの取り付けボルト
c.フロントフォークオイルドレンボルト
IMG_8492
(25)車両の傾斜角
車両の傾斜角度は無負荷でタイヤを除き、どの部分も接地することなく垂線に対して50°傾斜させることが可能でなければならない。

(26)部品の最後端
いかなる部品もリアタイヤ最後端垂線より後ろに突き出してい てはならない。

(27)水冷エンジンの冷却水
水あるいは水とアルコールの混合物に限られ、クーラント液の使 用は禁止される。

(28)次の部品は使用が禁止される。
〜瓦討硫甬訌置の使用。但し、F-ZEROクラス及びF-ZERO EXTRA クラスに限り、メーカー市販時に標準装備され、純正部品を使用したモーターサイクルはこの限りではない。(特別規定に記 載する)また、HERCULESクラスはこの限りではない。
▲侫譟璽燹▲侫蹈鵐肇侫ーク、スイングアーム、ハンドルバー、 ホイールスピンドルにチタニウムの使用。 ※チタニウム合金製のナットとボルトの使用は許可される。
ホイールスピンドルに軽合金の使用。
ぅフロード、モトクロス、トライアルタイヤの使用。

(29)キルスイッチ
全ての車両には、始動しているエンジンおよびその他の全ての電 気部品を停止することのできる効果的なイグニッションキルス イッチまたはボタンが、ハンドルを握った状態で手の届く位置に 取り付けられていなくてはならない。

(30)危険防止
危険及び、迷惑をおよぼすような改造をしてはならない。公式車 検において危険と判断された車両は出走できない。

(31)タイヤ
一般市販されていて通常のルートで購入できる一般公道用オンロ ードタイヤのみ使用可。但し、摩耗限度を超えた物、及びグルー ビング・カッティング等の加工を施した物の使用は禁止される。
また、ウエット時に限りレーシングレインタイヤの使用が認めら れるが、スリックタイヤにグルービング・カッティングを施した 物の使用は禁止される。

(32)チェーン・スプロケットガード
チェーンとリヤスプロケットの間に、身体の一部が誤って挟まれ ることの無いように、スプロケットガードを取り付けなければな らない。(MFJ国内競技規則技術規則参照) フロントスプロケットには、カバーが施されていることが望ましい。
IMG_8493

-----------------------------------------------------------------------
IMG_8494
IMG_8495
IMG_8496
IMG_8497
IMG_8498
IMG_8499
IMG_8500
IMG_8500
IMG_8501
IMG_8502


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_6025
IMG_6024
IMG_6023
IMG_6022
IMG_6021
IMG_6020
次回のテイストにイエローコーンさん出ますよ。

期待ですねー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5925
IMG_5923
IMG_5922
IMG_5921
IMG_5941
石神さんのマシン良いですね〜

真似したい部分が沢山有ります。

緻密かつ、非常に手を尽くして作られています。

甘さが無くて素晴らしいです。

勉強になります!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5605
IMG_5736
テッペーさん!

お誕生日おめでとうございます🎉

いつまでもウイットに富んだお話と素敵な笑顔を振りまいて下さい!

生涯現役でありたいですね〜🤗

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5682
IMG_5683
この二台は、悪魔的改造なんて載せられてますが、

私は理に適ってるコスパ重視の改造だと思っています。

1枚目の軽トラを3輪車に改造と書いてありますが、

コレは大昔のオート三輪のキャビンが朽ちたので、

仕方なく軽トラの解体車からキャビンを移植して、

手軽に直してある。部品も無いでしょうからね。

2枚目は、軽トラをブルドーザーに無理矢理改造と書いて

ありますが、見ての通りでトラクターに除雪アタッチメントを

取り付けたが、除雪するには寒すぎるので、

仕方無く、軽トラの解体車からキャビンを頂いて、

トラクターに上手いこと載せた。

コレで吹雪の中で除雪が出来るって物です。

ヒーターか、石油ストーブが乗せてあるのかも知れません。

機械を理解しない人には悪魔的改造だと思うのかもですね。

骨格を考えて、軽トラをオート三輪に改造するのは相当な技術と

コストが掛かります。

ケチって一輪減らした。なんて事にはならないです。

軽トラをブルドーザーや除雪車にするのも然りです。

極めてアジアンチックな香りはしますが、如何に安く快適に。

世の中の出来事も、これに似てるのかもですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5295
IMG_5296
IMG_5297
IMG_5298
IMG_5299
某所にて😀

神さまに残暑お見舞いしに行きました。

色々な話を聞けて、やっぱり凄すぎる人だと再認識致しました。

急にお邪魔したのに、お時間割いて頂きありがとうございました‼︎

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_4303
三澤先生のスーパーマシンです!

750でも充分に速かったけど、

こいつは凄そうです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_2930
H2ってスンゴイですね〜

値段下がったら欲しいなー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_4071
IMG_4070
IMG_4069
IMG_4066
IMG_4067
IMG_4065
IMG_4064
RUSHチームのIwazaki氏のマシンです。

一見、見た目の仕様はウチのCB900Fレーサー

と似ていますが、ウチのとは違い、

メチャクチャ速いマシンです。

TMを使ってるのに驚きますが、

スプリングを弱いのにしたり

皆さん、工夫してるみたいです。

ウチのもエンジン掛けてなければ、

スロットルは割と軽いです♪

エンジン掛けると、悪夢のような

激重キャブレターに変わります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_3872
IMG_3885
IMG_3886
IMG_3887
IMG_3884
IMG_3872
IMG_3883
うーん。

今風だけど良く出来てるなー。

この方は公道も走らせてるみたいで

相当に速そうな仕上がりです♪

やっぱり、RC15も、RC24良いなー。

全然、部品が無いので怖いけど。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_2816
1982年のKMCの2人。

ではなく、GREEN GARAGEさんの2台です。

筑波でない背景と重ねたら、見抜けないかも。

ウチのマシンも、走りもレプリカしたいな〜♪

やはり、新型練習機を買いたいなー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_8925
IMG_8926
IMG_8915
IMG_8988
IMG_8989
IMG_8991
IMG_8990
IMG_8993
IMG_8992
カッコイイですね〜

実はこのマシンには入れ込んでたんです。

■1978年式 RSC RS250R記事

ヤマハのTZしか無い時代に、燦然と現れて

孤軍奮闘したマシンです。

しかし、空冷単気筒で水冷2気筒を負かしたいと言う

ホンダらしいマシンでした。

欲しかったな〜。

あんまり売れなかった記憶です。

よく残ってましたね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


テイスト・オブ・ツクバ共通車両規定

1.すべての参加車両は、テイスト・オブ・ツクバ共通車両規 則書および各クラスの特別規定に適合していなければな らない。 但し、各クラスの特別車両規定に示された部分については クラス別規定を優先すること。

2.公式車検で危険と判断された車両は走行できない。

3.改造規定に適合しない車両、性能に著しく差が生じる車 両、又は新機種については、組織委員会または審査委員会にて、随時クラス分けや制限を加えることがある。

車両は、安全のために次の各項の全てを満たしていなければならない。

●メインフレームの基本骨格の定義
基本骨格とは路面からの入力を受け止めているシャーシー部分、 すなわちヘッドパイプからリアショックブラケット(マウント) までとする。

補則1:したがって1本サス車両などのサブフレーム(シートレー ル)部分は、溶接・ボルトオンに関わらず基本骨格には含まれな い。判断のつきづらい物については事務局にて判断される。

補則2:センターパイプの種類によっては基本骨格から除外する 場合がある。

図Aは主に2本サス仕様の車両の説明図
IMG_8485

(1)ブレーキ 車両は前後輪にそれぞれ独立した有効なブレーキを備えなけれ ばならない。

(2)リム及びホイール リムの最低直径は16インチとし、最大リム直径は19インチまでと する。

(3)ハンドルバー
.魯鵐゙ルの端から端までの幅は450mm以上なければならない。
▲魯鵐゙ルの回転角度は、左右それぞれ15度以上なければならな い。
ハンドルを左右いっぱいに切った時、ライダーの指を挟まない ようにハンドルバーと燃料タンクとのクリアランスは30mm以上あ ること。
ぅ゙リップ部及びレバーとカウリングとのクリアランスは20mm以上 あること。

(4)スロットルコントロール スロットルコントロールは、手をはなすともどる方式でなければ ならない。

(5)コントロールレバー クラッチレバー及びブレーキレバーの末端は、直径が19mm以上の 球状で、容易に取れたり外れたりするものであってはならない。 又、このボールを平たくすることも認められているが、いかなる 場合においてもその端部に丸みを持たせることが必要である。 (この平たくした部分の厚みは少なくとも14mmとする。) コントロールレバーの長さは、ピボット点からボールの端まで 200mmまでとする。

(6)フットレスト及びペダル
.侫奪肇譽好箸論泙蠅燭燭濕阿゙もよいが、この場合は自動的に元の位置に戻る仕組になっていなくてはならず、その先端に突起物があってはならない。
▲侫奪肇譽好箸゙折りたたみ式でない場合、その先端を最低半径8mm以上の球状に丸められていなくてはならない。 ※転倒の際の路面保護の為、先端をプラスチックやテフロン等の樹脂製とすること。
フットレストは、コントロール・ペダルの操作がしやすい位置になくてはならない。

(7)エキゾーストパイプ・サイレンサー
’啜い倭瓦銅嵶召慮緤に排出されなければならない。但し排気がほこりを立てるように排出されたり、タイヤやブレーキを汚したり、後続のライダーに迷惑を与えないようにしなければならない。
▲┘ゾーストパイプ後端部は、車両のセンター軸と水平かつ平 行に近いものである事が望ましい。また、リヤタイヤの最後端垂直接線より突出してはならない。
エキゾーストパイプおよびマフラー(サイレンサー)は、走行中脱落しないように必ず一箇所以上をステーで固定し、リベッ ト・ボルト・ナット等で確実に装着すること。

(8)音量規定
音量は下記固定回転数方式で、※105db/A以下とする。 レース終了後は、3db/Aの許容誤差が認められる。 計測のためのマイクロフォンの位置は、排気管後端から500mmで、かつ中心線から後方45°で排気管と同じ高さとする。但し、高さ が200mm以下である場合は45°上方の点で行う。
IMG_8486

(9)プロテクティブコーン プロテクティブコーンの取り付けは可。その場合コーンの突き出 し量は、カウリングの表面から20mm以上突き出してはならない。
コーン先端は半径10mm以上に丸められていること。 カウリングを持たない車両への取り付けに関しては、十分安全に 留意すること。安全性についての判断は車検長に委ねられる。

(10)カウリング カウリングを使用する場合は、次の条件を備えたものでなければ ならない。
.織ぅ笋鮟く前輪は両側に明瞭に見えなければならない。
∩偉悗亮崋瓦鯆未訖眄の100mm前方から後輪の車軸の垂線の間になければならない。
カウリングの下端と地面との間隔は100mm以上でなければならない。
ぅ薀ぅ゙ーが普通に乗車した状態で、ライダーの両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えなければならない。ライダーの顔 面または、そのヘルメットとカウリング(ウインド・スクリーン を含む)との間100mmとする。
ジ緤に面しているカウリングのいかなる部分も、その端部を少 なくとも半径3.5mmの丸みを持たせなければならない。後方に面 しているウインド・スクリーンの端部にはガードを施して切り 傷を負う恐れのないようにしなければならない。
Ε┘▲侫イル又はスポイラーは、それらがフェアリング又はシ ートの不可欠部分である場合に限り、取リ付けることが出来る。 これらの装置の幅は、フェアリングの幅をオーバーしてはなら ず、又、その高さはハンドルの高さをオーバーしてはならない。 ふちのとがった部分は少なくとも8mmの丸みをもたせなければ ならない。
Ь綉の適用を避けるための透明な物質を使用することは出来ない。
┘ウリング前端部(ゼッケンプレート部)の傾斜角度は垂直面から後部へ30°以上あってはならない。
後輪の可視範囲後輪のリムは後輪の垂直線の後部円周180°にわたって明瞭に 見えなければならない。
IMG_8488
(11)フェンダー フロントフェンダーは、取り付けられていなければならない。 カウリング仕様車の場合は取り外しは可能だが、ブレーキホース とフロントタイヤの接触(フロントフォークの伸縮を考慮)に細 心の注意を払うこと。

(12)オイルドレンボルト 全てのオイルドレンボルトは確実に締め、ボルトは安全のために ワイヤーロックをしなければならない。オイルフィルターカート リッジもワイヤーロックをしなければならない。
IMG_8487


(13)供給パイプ
’・圧力のかかる全てのホース、パイプ類は耐圧、耐熱、耐油のものを使用すること。
▲イル供給ホースは、金属製のホースバンドで確実に固定し、それをホース挿入方向にワイヤーで引っ張ること。又、ホース ジョイントはフレア加工(抜け止め)の施してあるものを使用す ること。
※油圧のかかるホースは、ねじ込み式ニップルで接続することを 強く推奨する。

(14)燃料タンク 燃料は、車両にしっかりと固定されたタンク内に収めるものとす る。その材質は原則として金属製とする。 シート・タンク及び補助タンクの使用は禁止する。(メーカー純 正品は除く)尚、出荷時より樹脂製タンク、アルミ製タンクを使 用する場合は、必ずバッフルスポンジ(防爆材)を充填すること。

(15)燃料キャップ、オイルフィラーキャップ 燃料、オイルフィラーキャップは、閉じた状態で漏れる恐れがあ ってはならない。さらに、いかなる場合においても誤って開くこ とのないように、安全にロックされていなければならない。

(16)燃料タンクブリーザーパイプ 燃料タンクブリーザ一パイプがついている車両及び、燃料タンク ブリーザ一パイプを取り付ける場合は、ノンリターンバルブを取 り付けなければならない。これらは適切な材質の最小限容量 250cc以上のキャッチタンクに排出される構造になっていること。

(17)フュエルポンプ 電動フュエルポンプを使用している車両は、転倒などの際に自動 的に作動するサーキットカットアウト(回路開閉器)を介して配 線されていなければならない。

(18)燃 料 競技会参加者の使用できるガソリンは、一般公道用の市販車に供 するため、通常のガソリンスタンド、又は各公認サーキットのガ ソリンスタンドで購入できる無鉛ガソリンとする。競技に使用す るガソリンには、販売時に混入されている以外のいかなるものも 添加されてはならない。但し、一般に販売されるスタンダードの 潤滑油及び、1.5%以下のアルコール(燃料精製中に混入されるも のに限る)については認められる。

(19)オイルキャッチタンク
〜瓦討亮嵶召蓮▲゙ヤーボックスブリーザーの250cc以上、エンジンブリーザーの場合500cc以上のオイルキャッチタンクを装着しなければならない。
▲゙ローバイガスの最終排出口はエアークリーナーボックス内に放出しなければならない。尚、エアークリーナーボックスを取 り外した場合、排出口はキャブレター吸入口の中心から45度、 100mm以内に設置しなければならない。
エアークリーナーボックスが、吸気およびキャブレター、その 他の開口部より下部に最低500cc以上のオイルを収容できる容 量がある場合にはキャッチタンクとして利用できる。
づ湘飮に容易に脱落したり破損せず、高温に耐えられる材質の ものでオイルがこぼれないように確実に取り付けなければなら ない。又、競技前には必ず空にしておかなければならない。

(20) 4サイクル車のエンジンブリーザーシステム
IMG_8489

(21)ラジエーターリザーバータンク
水冷式車両は、250cc以上の容量のラジエーターリザーバータン クを取り付けること。

(22)取り外さなければならないもの
.薀ぅ販(飛散防止処理が完全に施されていれば可)
▲゙ックミラー、スタンド類、荷台、公道用ナンバープレート
その他、車検時に安全上取り外しを指定された部品

(23)取り付けなければならないもの
.譟璽好゙ッケンプレート ゼッケンプレートは、前面に1枚、左右にそれぞれ1枚ずつ装着し明確に識別できなければならない。
サイドゼッケンの位置は、ライダー乗車位置(お尻)より後ろで なければならない。すなわち、サイドカバーへの装着は禁止さ れる(補助的に貼り付けることは除く)。また、シートトップゼ ッケンも不可とする。但し、フルカウリング仕様でゼッケンナ ンバーの視認性が良いと判断される車両に関しては例外とす る。尚、ゼッケンプレートの大きさの目安は、左右275mm以上、 上下200mm以上で、市販のものかエンビ、アルミ、スチール製 のプレートを使用しボルト(直径6mm以上)、ナットで2箇所以 上取り付けること。形はシャープエッジ等危険性のないもの。 またナンバープレートを装着する代わりにボディーまたはカ ウリングに同寸法のスペースをペイントすればゼッケンベー スとして使用できる。
IMG_8490

▲゙ッケンナンバー 字体は、FuturaHeavyを基本とするゴシック体とする。車検長の 判断により解読不可能とされた場合には随時修正のこと。ナン バーは2桁まで(0から始まらない)とする。
但し、有料にて例外を認める場合がある。
※ゼッケンプレート及び、文字の色指定。
IMG_8491
(24)ワイヤーロック
^焚爾両貊蠅砲蓮必ずワイヤーロックを施さなければならない。 尚、ワイヤーは0.3mm以上のものを使用すること。
a.エンジンおよびミッションのドレンボルト
b.オイルフィラーキャップ及びオイルレベルゲージ
c.外付けオイルフィルターエレメント(カートリッジ)
d.オイル圧力ライン(供給ホース)の取り付け部
25頁(13)参照
e.前後ホイールスピンドル・ナット
※ワイヤーロックが不可能な場合は、割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていること。
以下の場所には、ワイヤーロックまたは割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていることが望ましい。
a.オイルエレメント(インナー式)、取り付けボルト・ナット
b.前後ブレーキキャリパーの取り付けボルト
c.フロントフォークオイルドレンボルト
IMG_8492
(25)車両の傾斜角
車両の傾斜角度は無負荷でタイヤを除き、どの部分も接地することなく垂線に対して50°傾斜させることが可能でなければならない。

(26)部品の最後端
いかなる部品もリアタイヤ最後端垂線より後ろに突き出してい てはならない。

(27)水冷エンジンの冷却水
水あるいは水とアルコールの混合物に限られ、クーラント液の使 用は禁止される。

(28)次の部品は使用が禁止される。
〜瓦討硫甬訌置の使用。但し、F-ZEROクラス及びF-ZERO EXTRA クラスに限り、メーカー市販時に標準装備され、純正部品を使用したモーターサイクルはこの限りではない。(特別規定に記 載する)また、HERCULESクラスはこの限りではない。
▲侫譟璽燹▲侫蹈鵐肇侫ーク、スイングアーム、ハンドルバー、 ホイールスピンドルにチタニウムの使用。 ※チタニウム合金製のナットとボルトの使用は許可される。
ホイールスピンドルに軽合金の使用。
ぅフロード、モトクロス、トライアルタイヤの使用。

(29)キルスイッチ
全ての車両には、始動しているエンジンおよびその他の全ての電 気部品を停止することのできる効果的なイグニッションキルス イッチまたはボタンが、ハンドルを握った状態で手の届く位置に 取り付けられていなくてはならない。

(30)危険防止
危険及び、迷惑をおよぼすような改造をしてはならない。公式車 検において危険と判断された車両は出走できない。

(31)タイヤ
一般市販されていて通常のルートで購入できる一般公道用オンロ ードタイヤのみ使用可。但し、摩耗限度を超えた物、及びグルー ビング・カッティング等の加工を施した物の使用は禁止される。
また、ウエット時に限りレーシングレインタイヤの使用が認めら れるが、スリックタイヤにグルービング・カッティングを施した 物の使用は禁止される。

(32)チェーン・スプロケットガード
チェーンとリヤスプロケットの間に、身体の一部が誤って挟まれ ることの無いように、スプロケットガードを取り付けなければな らない。(MFJ国内競技規則技術規則参照) フロントスプロケットには、カバーが施されていることが望ましい。
IMG_8493

-----------------------------------------------------------------------
IMG_8494
IMG_8495
IMG_8496
IMG_8497
IMG_8498
IMG_8499
IMG_8500
IMG_8500
IMG_8501
IMG_8502


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_8367
テイストのレジェンドマシンのレース、グレートヒーローズ。

コディーはホールショットでパワーを見せつけました。

板さん、もう少し本気出して欲しかったな〜

ろびんさんのエグリとのバトルを見たかった。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_7648
IMG_7647
IMG_7641
IMG_7640
IMG_7639
IMG_7638
IMG_7637
IMG_7635
IMG_7636
IMG_7634
鉄の字さんのCB1100Rです。

スパッと切り込んでもマフラーは擦らないので、

私もSSPさんのマフラーが欲しいです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_7633
IMG_7632
IMG_7631
IMG_7630
ろびんさん優勝おめでとうございます🎉

カッコイイですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

3ec668c0.jpg

3f84db39.jpg

7efa89c0.jpg

e1e01f70.jpg

4b5c41dd.jpg

他にも有名なマシンが沢山有りましたね〜

来年も楽しみですね〜

(*^ー°)b


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

8b11a239.jpg

5d5393db.jpg

35f3743c.jpg

8412b15f.jpg

d4b660e4.jpg

ブログでお話させて戴いていた、

鉄の字さんにもお会いできました

決勝のAsiaコーナーで動画も撮影しましたので、

何かのタイミングで、アップしたいです。

来年、テイストでご一緒したいな〜

チームメイトの方のCB-Fも素敵な仕上がりで、

カーボン素材を多数使用して速そうでした

ウチのCB900Fレーサーも頑張らないとですね〜

SSPさんよろしくお願い致します。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

03a132b4.jpg

80d95f84.jpg

917fa59e.jpg

cd3f48a4.jpg

629eed88.jpg

今日は友達(腐れ縁とも云う)がベルレイチームとして出場。

応援?がてらノンビリ家族で筑波に行きました。

(手伝いは人数が足りてたみたいなので。)

ゴディ−はスタートダッシュは良かったけど、

すぐに、ろびんさんのEK9に抜かれてしまい、

そのままゴールとなりました

ろびんさん流石です

まぁ、ゴディーは転べないから、流してたようです

中沖さんのお言葉の『無事これ名人』ですね

来年はTOT(テイスト・オブ・筑波)のモンスターに出ますよ〜

ゴディーの板さん、久々に凛々しかったですね♪

再来年のグレートヒーローズにも出るそうです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
次回のテイスト・オブ・ツクバに友人のGodier Genoud 1135Rが出ます。

彼は3台持ってるので、どれを出すのか?



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
いよいよ2017モデルで戦闘力のアップが実現する様です。

image
CB900Fレーサーのテイスト・オブ・ツクバの練習機を買うのは、

それからの方が、CBR1000RR(SC59)は安いかな〜

でも、早く乗りたい所です。

image
image
image
やっぱりSC57よりも、SC59が欲しいな〜

仲間内はカワサキだらけだからな_| ̄|○

何台か目星はつけてるんですがね〜。

ホンダ好きとしては、馬力はZX-10R(2016)に及ばなくても

なんとか鼻を明かしたい。{(-_-)} 頑張って稼がなきゃ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
いや〜♪

メチャカッコイイですね〜♪

LeopardoさんちのZRX1200レーサーです。

コレはメチャクチャ良くできています♪

ずーっと記事を探してましたが、ようやく発見しました。

しかも、既に実戦投入していて戦うレーサーで

このカッコ良さです。

デザインセンスが素晴らしいです♪

私はゼファー1100タンクを乗せて叩こうかと思って居ました。

インナータンクも作って貰えるのでしょうか?

ZRX1200 DAEGとかのZ2仕様を流行らせたいですね〜

バラバラのZRX1200 DAEGも生き返る希望が湧きます♪

塗装は、#31 Race Crafters Harry Klinzmann仕様とか?

image
image




にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
2e8ecab4.jpg
image
3cd2d523.jpg
image
image
image
image
image
上段は、テイストオブツクバのZ1(Z900)特集です。

リザルトも貼りましたが、石神選手がやっぱり速いです。

石神選手は、私の記憶では若かりし頃にモトチャンプだったかで

ミニサーキットで石神選手がGSX-R750のJSB仕様で、NSR50と

ガチ対決みたいなDVDとかに出てたように記憶してます。

そのDVDを友達と何回も見返しましたが、紛失しました。

多分、1990年くらいだったと思います。

テイストにガチな全日本選手権のライダーが本気で来てるんだから

そりゃ〜速いですよね♪ CB1100Rの上田選手も速かったです。

あの若者がいつしか髭を生やした石神選手はZ使いとなり、

テイストオブツクバの代名詞に。(顔役?)

デイトナを走ったのも、私の記憶には新しいことです。

私にはガキの頃から、『Z2には乗れないな〜』と言う気持ちがあり、

あの美しい流線型のマシンに乗ってる自分のイメージが湧きません。

角張った、FX1&MK2とか、CB900Fとかなら所有しても良いかなと。

だから、マッハ750SS H2や、CB900Fは手に入れましたが、

Z2&Z1は所有した事が有りません。

先日のレースで、仲間のZRX1200 DAEGがクラッシュしてしまい、

譲りうける事になりそうですが、偽Zなら許される様に思って

憧れの、Z2似のZRX1200 DAEGを作る予定です。

この作業は、ミスティーの社長にお願いする算段です。

それなら、CB900Fレーサーを作った工場の空き具合に関係なく

偽Z2(ZRX1200 DAEG)を進行出来ます。

またサーキット専用車になるのかな〜

いや〜、偽Z2カッコイイです〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



image
image
image
image
image
image
image
ホンダ特集です♪

いや〜、カッコイイです♪

走りたくなりますね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
テイストオブツクバの異端児?

私が案外好きなマシン、GL400ウイングです。

タイムも結構良くて、10秒2って…。速いな〜GL。

日光とかじゃ、かなり有名な方らしいです。

もはや、GLマイスターと呼ぶべきか?

しかも、片山敬済レプリカをAraiで作るマニアックさ。

異端児と書きましたが、最もテイストらしいマシンとして表彰されました。

(※ 最後の雨の走行写真は昨年の大会のモノです。)

CB750FBみたいな裏コムのモデルも有ったんですね〜

image
image
image
image
CXユーロ400を持っていた時期もあり、実は結構好きです♪

あの希少な、CX500&650ターボに似せたデザインに憧れました。

意外ですが、重たい割に良く走ります。黒いCXユーロは650です。

同じエンジンで、GL700インターステイツとかも有りました。

今はタイヤも良くなり、活躍の場を得たのでしょうか?

重たくて非力なので、如何にスピードを殺さずに走らせるかがカギになると思います。

でも、このGL400はかなり速かったですよ〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

このページのトップヘ