☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

カテゴリ: 空冷Z系

IMG_0984
IMG_0983
IMG_0985
cocoさんに刺激されて、色々調べています。

こちらは公道仕様のRaceCraftersレプリカです♪

Z1000ベースなら、カラーリングとオイルクーラーで

RaceCraftersレプリカになりますね♪

LOCを走るなら、Z1Fでないとダメみたいですが、

cocoさんのはスポークホイールだからZ1Fかな?

IMG_3699
IMG_3695
こちらはレーサー仕様のRaceCraftersレプリカです。

私はレーサーベースに作りますけど、公道仕様はライトやウインカーが

必要ですからね。処理がなかなか難しいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



IMG_0894
IMG_0953
IMG_0950
IMG_0948
IMG_0945
IMG_0943
IMG_0944
RaceCraftersのオイルクーラーの取り付けサンプルです。

IMG_0952
IMG_0951
こちらの方が強度は無いのか?

IMG_0946
IMG_0947
IMG_0949
こちらはRaceCraftersとは全く関係有りませんが、オイルクーラー繋がりでヨシムラEGLI Z2です。

最後のは別のEGLIのです。

この位置は確かに冷えそうですが、オイルラインが長くて圧力損失が有りそうな予感です。

ポルシェも長〜いホースの果てにオイルクーラーが有るから、問題無いのでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0893
IMG_0894
IMG_0892
IMG_0891
IMG_0889
IMG_0890
IMG_0888
IMG_0887
IMG_0886
このオイルクーラーがカッコイイんですけど、

テイストや、LOCで車検が通るか?

ろびんさんのヨシムラEGLIにもテールに

オイルクーラーが乗ってない理由は、

車検が通らないのかも?

なんて思っちゃう訳です。

オイルクーラーが無いと様にならない気もします。

テールカウルにオイルクーラーは危ないのかな〜。

やっぱり。

ヨシムラ フィッシャーCR750計画の先の話なので

暇な時に質問入れてみようと思います♪

#83 Steve Mclaughlinレプリカの方がマニアック?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0879
IMG_0878
IMG_0880
IMG_0883
IMG_0881
IMG_0882
んー、こんなレベルのZ1とかなら、

好きな様にいじれそうですね〜♪ ( ̄∇ ̄)

まぁ、普通の感覚の人はガラクタレベルですけど💧

着けたいパーツを選定して、あちこち移植していくと

元の部品なんて、タンクとフレーム位しか残りません。

それならフレーム位しか必要無いので、これ位で良いかなと。

#31 Harry Klinzmann仕様、本当に作りたくなって来ました。

LOCレギュレーションに依ると、Z1FでZ1Eは解禁なそうです。

フロントフォークはレギュレーションに依ると35mm迄…。

しかし、既にマッハの750SSは36mmのノーマルフォークでOK。

Z1は36mmのノーマルフォークはOKなのか気になります。

IMG_4089
IMG_4087
IMG_3700
IMG_3673
cocoさんも作り始めるみたいだし、ベース位は手に入れて置こうかなー

なんて。

あちこち手を付けちゃうから進まないって話も有りますけど😓

m(_ _)m 次期テイストマシンにもなるしな〜。

今回の転倒で色々考えちゃったりしてます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
cocoさん用に再掲載してみます。

私も制作したい #31 Harry KlinzmannのZです♪

コレが一番部品の調達に困らなさそうです♪

IMG_4087
IMG_3700
IMG_0819
#76はRICHARD CHAMBERS車。

IMG_3699
IMG_3675
IMG_3674
IMG_3695
IMG_3604
こちらはレプリカのマシンです。

LOC仕様なら、こんな仕上がりになるでしょう。

本物よりもリム幅が細いです。

LOC仕様、TOTモンスター仕様で部品をピックアップしてみました。

LOCは、リムが3.00Jまで、TOTモンスターなら4.5.J迄です。

•バックステップ : ジェロニモタイプ(Cherry製 バックステップ)

• ホイール : フロント モーリスマグホイール 2.75J-18inch
      マルケの モーリスマグホイール 3.00J-18inch
      若しくは ゲイルスピード 2.75J-18inch

• ホイール : リア モーリス マグホイール 4.50J-18inch
      TZ250用ダイマグ中古パーツ 3.00J-18inch ヤフオクかなぁ〜
      EPMレーシング マグホイール 3.00J-18inch

• フロントフォーク : TOTならモリワキカヤバ 36mm
          LOCは35mm迄なんて噂も有るからSR400のを流用か?

• スイングアーム : PMC製 Z1ノーマル補強モリワキレプリカ

• フレーム : PMCノーマル補強モリワキレプリカ

• タンク(外装) : PMC リプレイスタンク シートカウル
        若しくはヤフオク中古かなぁ〜

IMG_0018
IMG_0017
• シート : MRS アンコ抜きバナナシート

• エンジン : J&J 1200cc フルリビルド コンプリートエンジン

• ブレーキ : PMC ロッキードブレーキシステム キット(前後共)

• メーター : PMC 電気式タコメーター他 Set

• マフラー : Race Crafters 機械曲げフルエキゾースト

• キャブレター : まめしば CR33 Mノズル付き

• その他ショートパーツはヤフオクかなぁ〜。節約するなら。

CBと違い、ほとんど新品やリビルド品が手に入ります。

多少コストを掛ければ、新車が組めちゃいますね〜♪

いや〜Z系って素敵です♪

レギュレーションに合わせて部品を色々選択可能です♪

Z1の美しいラインは、公道では恥ずかしいけど、サーキットなら良いよね〜♪ なんて♪

レギュレーション上、仕方なくZ1に乗るならCB乗りでもZ1乗っても良いですよね〜♪

リアを4.50J-18inchにスイングアームごと交換すれば、TOTのモンスター仕様。

部品の少ないCB900Fレーサーを温存して、Z1を作るか? なんて。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



人気ブログランキングへ

1487908858022
1487910967524
良いですね〜♪

このカラーリングがたまりません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0590
んー。

美しいですね〜♪

このフレームのコピーで良いので

走らせてみたいですねー。

背骨の太さから想像すると、

相当にカッチリしたイメージです♪

あー、早く走りたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



IMG_0441
#31 Harry KlinzmannのZ1です♪

パワー出てそうですねー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
#31 Harry KlinzmannのZです♪

IMG_4087
IMG_3700
IMG_3580
本物の#31 Harry Klinzmann車です。

#76はRICHARD CHAMBERS車。

IMG_3699
IMG_3675
IMG_3674
IMG_3695
IMG_3604
こちらはレプリカのマシンです。

LOC仕様なら、こんな仕上がりになるでしょう。

リム幅が細いです。

LOC、TOTモンスターで部品をピックアップしてみました。

LOCは、リムが3.00Jまで、TOTモンスターなら4.5.Jまで。

• ホイール : フロント モーリスマグホイール 2.75J-18inch
      マルケの モーリスマグホイール 3.00J-18inch
      若しくは ゲイルスピード 2.75J-18inch

• ホイール : リア モーリス マグホイール 4.50J-18inch
      TZ250用ダイマグ中古パーツ 3.00J-18inch ヤフオクかなぁ〜
      EPMレーシング マグホイール 3.00J-18inch

• フロントフォーク : モリワキカヤバ 36mm
          LOCは35mm迄なんて噂も有るからSR400のを流用か?

• スイングアーム : Z1ノーマル補強モリワキレプリカ

• フレーム : PMCノーマル補強モリワキレプリカ

• タンク(外装) : PMC リプレイスタンク シートカウル
        若しくはヤフオク中古かなぁ〜

IMG_0018
IMG_0017
• シート : MRS アンコ抜きバナナシート

• エンジン : J&J 1200cc フルリビルド コンプリートエンジン

• ブレーキ : PMC ロッキードブレーキシステム キット(前後共)

• メーター : PMC 電気式タコメーター他 Set

• マフラー : Race Crafters 機械曲げフルエキゾースト

• キャブレター : まめしば CR33 Mノズル付き

• その他ショートパーツはヤフオクかなぁ〜。節約するなら。

CB750Fourと違い、ほとんど新品やリビルド品が手に入ります。

多少コストを掛ければ、新車が組めちゃいますね〜♪

いや〜Z1って素敵です♪

レギュレーションに合わせて部品を色々選択可能です♪

Z1の美しいラインは、公道では恥ずかしいけど、サーキットなら良いよね〜♪ なんて♪

レギュレーション上、仕方なくZ1に乗るならCB乗りでもZ1乗っても良いですよね〜♪

リアを4.50J-18inchにスイングアームごと交換すれば、テイストオブツクバのモンスター仕様。

あれ、こりゃCB900Fレーサーと被ちゃうな。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



人気ブログランキングへ

IMG_9926

商品コード: パイロットロード4 
BIG TRAIL 大型トレール車専用

規格名 価格
(F) 110/80R19 59V 17,700円
(F) 120/70R19 60V 18,300円
(R) 150/70R17 69V 21,600円
(R) 170/60R17 72V 22,800円

今回発売する3つのMICHELIN PILOT ROAD 4は、
多くのカテゴリーのロードバイクに装着する事が
できるスポーツツーリングタイヤで、
日常遭遇する様々なシチュエーションを想定し、
高い安全性の確保と長寿命を目標に設計されました。
その進化した性能はミシュランの戦略
「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」の証です。

らしいです♪

適合リム幅が分からないので調べ中です。

パイロットロード4トレールのインプレッションはコチラ

気になるタイヤです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1703
IMG_1683
IMG_3766
IMG_3823
IMG_5493
IMG_5196
IMG_4450
IMG_4241
IMG_4238
IMG_4229
IMG_4237
IMG_2979
IMG_2978
IMG_2982
IMG_2655
IMG_2654
IMG_2454
IMG_9518
IMG_8841
1979年でKMCから脱退して、

1980年にAHMに移籍。後に#43 Mike BoldwinもAHMに移籍。

#8 Freddi Spencerは当初、無地の白ヘルでした。

IMG_4360
IMG_4358
1980年のF-1クラスの#8 Freddi SpencerのRS1000です。

IMG_5445
IMG_5446
こちらは耐久仕様です。

タコの頭みたいなタンクです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_4087
IMG_4089
IMG_3700
IMG_3673
IMG_3580
本物の#31 Harry Klinzmann車です。

#76は誰だろう?

IMG_3699
IMG_3675
IMG_3674
IMG_3695
IMG_3604
こちらはレプリカのマシンです。

LOC仕様なら、こんな仕上がりになるでしょう。

リム幅が細いです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
#31 Harry KlinzmannのZです♪

LOC、TOTモンスターで部品をピックアップしてみました。

LOCは、リアが3.00Jまで、TOTモンスターなら4.5.Jまで。

• ホイール : フロント モーリスマグホイール 2.75J-18inch
      マルケの モーリスマグホイール 3.00J-18inch
      若しくは ゲイルスピード 2.75J-18inch

• ホイール : リア モーリス マグホイール 4.50J-18inch
      TZ250用ダイマグ中古パーツ 3.00J-18inch ヤフオクかなぁ〜
      EPMレーシング マグホイール 3.00J-18inch

• フロントフォーク : モリワキカヤバ 36mm
          LOCは35mm迄なんて噂も有るからSR400のを流用か?

• スイングアーム : Z1ノーマル補強モリワキレプリカ

• フレーム : PMCノーマル補強モリワキレプリカ

• タンク(外装) : PMC リプレイスタンク シートカウル
        若しくはヤフオク中古かなぁ〜

• シート : MRS アンコ抜きバナナシート

• エンジン : J&J 1200cc フルリビルド コンプリートエンジン

• ブレーキ : PMC ロッキードブレーキシステム キット(前後共)

• メーター : PMC 電気式タコメーター他 Set

• マフラー : Race Crafters 機械曲げフルエキゾースト

• キャブレター : まめしば CR33 Mノズル付き

• その他ショートパーツはヤフオクかなぁ〜。節約するなら。

CB750Fourと違い、ほとんど新品やリビルド品が手に入ります。

多少コストを掛ければ、新車が組めちゃいますね〜♪

いや〜Z1って素敵です♪

レギュレーションに合わせて部品を色々選択可能です♪

Z1の美しいラインは、公道では恥ずかしいけど、サーキットなら良いよね〜♪ なんて♪

レギュレーション上、仕方なくZ1に乗るならCB乗りでもZ1乗っても良いですよね〜♪

リアを4.50J-18inchにスイングアームごと交換すれば、テイストオブツクバのモンスター仕様。

あれ、こりゃCB900Fレーサーと被ちゃうな。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



人気ブログランキングへ

IMG_8370
ZRX1100に恐らく、ZX-10R(若しくはZ1000)エンジンを

コンバートして有ります♪

詳細は不明です。

『ネイキッドでSSの様に速く走りたい。』

そう言う欲求は世界中に有るのでしょう。

かく言う私もその一人ですが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_8367
テイストのレジェンドマシンのレース、グレートヒーローズ。

コディーはホールショットでパワーを見せつけました。

板さん、もう少し本気出して欲しかったな〜

ろびんさんのエグリとのバトルを見たかった。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_8344
IMG_8345
IMG_8348
IMG_8349
んー

たまたまブルサンのパイクスピークストライアルの動画を発見しちゃいました。

メチャクチャ恐ろしいコースですね〜

写真では見てたので、スゲ〜チャレンジするんだなと思ってましたけど。

大昔から、四輪のは見てましたが(タジマモンスターとか)

二輪には路面が悪すぎて怖いだろうな〜位に思ってました。

感動しますね〜この開けっぷりには。

もはや、冒険家の域に達しましたね。

確か、2年目のチャレンジは参加拒否?されたんでしたっけ?

速すぎるとか?

アメリカも自由の国とか言いつつ、日本人に頭を取られたくないのかな〜

そうだとしたら、アメリカ人もキンタマちっこいな。

IMG_7214
IMG_7213
IMG_7208
IMG_7216
IMG_7215
IMG_7209
IMG_7210
IMG_7212
IMG_7211
IMG_7207
IMG_7206


因みに、私はホンダ党な様に思われがちですが、実は違います。

Zは、特にZ2は相当好きで悩みましたが、先輩から譲り受けたFを手放して

Z2に乗り換えれなかっただけです。元来は。

なので、以来ずーっと『手を出してはいけない気持ち』になってるだけです。

LOCのマシンはZ1が絶対に良いと考えてますし、

ヨシムラ フィッシャーCR750を走らせたら、Z1は必ず作ります。

下調べも万端だし。

CB750Kはブサカッコいいので手に入れるチャンスがたまたま来たので

安く手に入れてレストアしてしまいましたが、爺さんになっても乗れる

車両だと思っています。

先日、Z2のタイガーでパキパキに弄ってあるマシンとCB750FBの赤との

ランデブーを見ました。どちらも60過ぎの紳士でしたが、CB750Kの方が

痛くない気がしました。

CB750 Dream Clubなんて、年配ばかりですが様になってます。

ベンリー750みたいなモノだから、爺さんでも似合います。

Z1/2はスマート過ぎるんです。カッコつけないと乗れません。

CB-Fを公道で走らせる事は、もう無いでしょう。

あまりに人間には(年寄りには?)優しく無いので。

サーキットでは楽しいですけどね。

速く無いのも、走らせる気持ちにさせます。

CB750Kは優しい良く出来たベンリーみたいな感じです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_7633
IMG_7632
IMG_7631
IMG_7630
ろびんさん優勝おめでとうございます🎉

カッコイイですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_7264
IMG_7265
んー

この写真を見ていたら、またアホな事を思い付きました。

ぐりふぃんMBさんはCB1300SFエンジンのCB750KZ ?

を作ろうとしていたり、

色々な油冷カタナや、油冷GS1000Sとかが作られてます。

確かにメチャクチャ速いのですがエンジンとしては結構古い。

もっとハイパワーで新型のエンジンは乗らないのか?

image
image
image
image

仕上がりは、こんな雰囲気のマシンにして

少なくとも直線は最新型にも追い抜けない。

あわよくば、コーナーも速い…。

そんなアホなマシンは作れないのかな〜?

IMG_7409
IMG_7407
IMG_7408
ZX14のはコンパクトで乗っかりそうな気がしませんか?

IMG_7410
IMG_7432
IMG_7433
IMG_7431
IMG_7430
IMG_7429
エンジン単体はこんな感じです♪

Z1のエンジンよりもコンパクトな予感します。

IMG_7418
IMG_7414
IMG_7416
IMG_7415
IMG_7413
IMG_7412
こんな感じでさり気なく仕上がると楽しそう。

新型のSSをサーキットの直線で抜き返す。

足回りも全部移植して、見た目は80年代のレーサー風に。

作れたら楽しそうだな〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

IMG_7265
IMG_7264
凄いマシンですね〜

こりゃ〜速そうです。

ケンジくん仕様に塗り替えるとか♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
Racecraftersのマシンは独特の外観で、すぐにソレと分かりますね♪

625224eb.jpg
0c742646.jpg
上の写真の友人のZ1000Rがオイルクーラーを真似してテールカウルに乗せてますが、

かなり工夫して取り付けて、大変だったらしいです。

冷却効率などは謎ですが、ベッターカラーで無い方のカラーなら

Zも乗ってみたいかも知れません。

いわゆるZ2テールにオイルクーラーの組み合わせが何とも溜まりません。

サイドカバーの位置のゼッケンも好きな所です♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
次回のテイスト・オブ・ツクバに友人のGodier Genoud 1135Rが出ます。

彼は3台持ってるので、どれを出すのか?



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
テイスト・オブ・ツクバ(ドーバー1)を走る

#61 Funado Racing ろびん選手のヨシムラEGLI Z2レプリカです。

image
LOCにも出ている、希少な有名な車体です。ベースはEGLI EK9らしいです。

■ろびんさんのEK9レストア記事■

何とbimotaのKB1もお持ちとかで、並のバイク収集家ではないですね。

記事を読んでみるとバイク屋さんみたいですね(((o(*゚▽゚*)o)))

しかも、どのマシンもレースを走らせていて床の間の盆栽バイクでは無いのも素敵です。

image
ヨシムラ EGLIは1976年に作られた車体です。

Z1エンジンは1972年発表で1973年に市販、

EGLI Z1はレーサーが1974年にボルドールでデビュー。

EGLI EK9はそのレーサーの完全なレプリカで、

正確なデビューイヤーは不明(1974~1975年?)。

更に、カウルをH2R用の当時風に仕上げると、

完璧なヨシムラEGLIレプリカになりますね〜♪

追記ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ろびん選手はメチャクチャマニアックかつ、

並のバイク店以上の技術と熱意を持った個人の方でした。

余りのコレクションにエキゾチックバイク屋さんかと思いましたが、

誤りでした。ここに訂正致します。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
私の友人の、ZX-10R(2016モデル)です。

フロントフォークにMoto-GPマシンみたいな

リザーバータンクが付きました。

茂木で楽々300km/hオーバーらしいです。

すげ〜(((o(*゚▽゚*)o))) ノーマルなのに。

取り敢えず、ナンバー付きクラスを隣の

Z1000で茂木で練習してきます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
んー

こんな姿のZ1で最高速度記録樹立したんですね〜♪

ここでも、立役者はヨシムラでした。

ヨシムラの竿竹集合に、H2Rのカウルとシート。

タンクはノーマルの火の玉タンク。

デイトナスピードウェイのオーバルでスタートダッシュして

0-1000?のかタイムとスピード計測してましたが。

コイツのレプリカとか、レトロで良いかも。部品も有るし。

メインの24時間スピード記録チャレンジは、ノーマルのZ1に

スワローハンドルを付けただけ。マフラーも見た目はノーマル。

伏せやすくして、ライダーを長時間補助する為に、

ノーマルタンクの上に座布団を敷いて、ガムテープで固定。

エラく見た目は原始的?なマシンでのアタックでした。

途中で、フラッグの指示ミスで減速しちゃったりしてライダーと揉めたり

多少のロスは有った様ですが、記録は出せた様です。

フラッグはチェッカーしか写ってませんが、今の様にフラッグは

まだ、使い分けて無かったのでしょうか?

こちらのレプリカは、ノーマルタンクに座布団をガムテープで貼り付けて、

トマゼリとかの絶版スワローハンドルを付ければ出来上がりです♪

マフラーは、こっそりドレミコレクションのヨシムラレプリカ4本出しかなぁ。

マシンは全くのノントラブルで2,600mile(4,500kmくらい)走り、

アベレージ速度は、160mile(250km/hくらい)でゴール迄運べた様です。

ノンカウルで照明の無いスピードウェイをヨーソ球で延々と全開とは…。

今でももしかしたら、ノンカウルでは最高の記録なのでは?

基礎体力からして、CB750Fourの全く敵う相手では有りませんね。

それを非力なCB750Fourで負かす方が楽しいのか?

それとも、楽に相手して楽しむのが良いのかと考えてしまいますね〜。

もし、LOCにTOTのZ軍団が押し寄せたら、ひとたまりも有りませんが。

気持ちとしては、LOC位は、リベラルな大人がレギュレーションの中で

カッコ良く、お洒落に雰囲気を楽しむレースで有って欲しいですね〜♪

Z系とラジアルは抜きとかで。 若しくはラジアルのみ全車解禁か…。

コストが一気に跳ね上がるので、ラジアル禁止は私は賛成なんですけど。

Z系は、黒船襲来に近いくらいの格差だし、+ラジアルも有り得ないかな。

やはり走らせるなら、別のクラスを設立して走るべきマシンかもですね。

EGLIは大好きだけど、よく調べたら1974年に初めて耐久に出てきてるし、

ヨシムラレプリカとするならば、更に遅い1976年のデビューみたいです。

エンジンがZ1Eだから車体は何年式でもOKなんてレギュレーションでは

多分無いでしょう。そうなるとMK2とかZ1-RとかもZ1Eを搭載してOKに?

しかし、賞典外参加なら大歓迎な、希少で素敵なマシンだとは思います。

エキゾチックバイクはサーキットに出て来るだけで、華が有りますからね。

既に賞典外扱いの出走なのかもですが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
Z1のスピード記録樹立の写真です♪

■1973年デイトナ24時間スピード記録■

私も詳細はよく知らないのですが、

クリップオンハンドルで、バンクを駆け抜ける

二台のZ1が印象的な写真です♪

もっと鮮明なのは無いのかな〜

Zマニアなら他にも写真見てるのでしょうか?

全く資料が出てきません。

新車当時から、CB750Fourと違い鍛えられてたZ1。

やはり、ひと世代別の次元のマシンですね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
• ホイール : フロント モーリスマグ 2.75J-18inch
      若しくは、ゲイルスピード 2.75J-18inch

• ホイール : リアモーリスマグホイール
      TZ250用ダイマグ中古パーツ 3.00J-18inch ヤフオクかなぁ〜
      EPMレーシング マグホイール 3.00J-18inch

• フロントフォーク : モリワキカヤバ 36mm

• スイングアーム : Z1ノーマル補強モリワキレプリカ

• フレーム : PMCノーマル補強モリワキレプリカ

• タンク(外装) : PMC リプレイスタンク シートカウル、若しくはヤフオク中古かなぁ〜

• シート : MRS アンコ抜きバナナシート

• エンジン : J&J 1200cc フルリビルド コンプリートエンジン

• ブレーキ : PMC ロッキードブレーキシステム キット(前後共)

• メーター : PMC 電気式タコメーター他 Set

• マフラー : Race Crafters 機械曲げフルエキゾースト

• キャブレター : まめしば CR33 Mノズル付き

• その他ショートパーツはヤフオクかなぁ〜。節約しないと。

CB750Fourと違い、ほとんど新品やリビルド品が手に入ります。

多少コストを掛ければ、新車が組めちゃいますね〜♪

いや〜Z1って素敵です♪

レギュレーションに合わせて部品を色々選択可能です♪

Z1の美しいラインは、公道では恥ずかしいけど、サーキットなら良いよね〜♪ なんて♪

レギュレーション上、仕方なくZ1に乗るならCB乗りでもZ1乗っても良いですよね〜♪

リアを4.50J-18inchにスイングアームごと交換すれば、テイストオブツクバのモンスター仕様。

あれ、こりゃCB900Fレーサーと被るな〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



人気ブログランキングへ

image
J&Jさんのコンプリートエンジンです♪

クランクケースはZ1Eで、中身はGPZ1100Fです。

画像ではカバー類はMK2用を使用しておりますが現品はZ1E用になります。

■J&J 詳細オリジナルページ■

シリンダー、クランクシャフト、ミッション、クラッチハウジング等はGPZ1100F用を組み込んでおります。

マグネットローターはZ1用に加工を施しておりますので、Z1オリジナルのダイナモカバーが付属致します。

過去に同仕様を数基製作させていただきましたが、すべてのお客様にご好評をいただいております。

とにかく軽快なレスポンスでパワフルなエンジンです。

組立て式クランクの最大弱点である排気量アップによるクランクのズレを克服する為に完全分解、ベアリング交換、組立て、芯出し、クリアランス調整、溶接、バランス等を再度修正修理を施したフルリビルト強化クランクを使用しております。

その他の詳しい作業内容につきましては以下をご覧下さい。

現在、Z1エンジン(1200cc)限定製作中です。JEカスタムオ−ダ−ピストン76mm Comp-Ratio11.0 、ST-2カム 、インナ−シムタイプ、 ハイレスポンス仕様エンジンです。下記の全作業&整備内容をご確認下さい。

A.シリンダ−ヘッド
1, 全バルブガイド交換&ガイド内部精密研磨 APE低抵抗タイプ使用
2、全バルブ交換 純正 J or GPZ1100F用使用
3、全バルブシ−トカット IN & EX
4、全バルブオイルシ−ル交換 純正
5、全バルブ強化スプリング 、インナ−シムタペット、 インナ−シムリテ−ナ−、全交換
オリジナルバルブS/P強化対策シ−ト取り付け、各パ−ツGPZ1100F用新品使用
6、全カムメタル交換&全メタル合わせ
7、全カムキャップボルト部16カ所20mmロングへリサ−ト加工
8、全カムキャップボルト超強化ボルト交換
9、プラグホ−ル2番、3番 必要時クラック防止インサ−ト加工
10、IN&EX ポ−ト拡大加工 リュ-タ−加工
11、全EXスタッドボルト交換 純正
12、J&JオリジナルWEBカム ST-2仕様& カム山逃げ加工
13、アジャスタブルスプロケ交換 APE製使用&バルタイ調整
14、ビレットアルミカムプラグ交換
15、インレット、 BIGインシュレ−タ−交換
16、ヘッド面ひずみ測定&ヘッド面修正研磨、必要時最少研磨0.2mm以内
17、燃焼室研磨&燃焼室容積測定(映像参照、圧縮比計測に不可欠)
18、カムシャフト取り付けキャップ全嵌合ライン合わせ、確認&必要時オリジナルラインボ-リング加工カムキャップ合わせ
19、オイルライン一部拡大加工(必要チュ−ニングヘッドのみ)
20、全バルブガイド交換圧入部オイル浸透遮断確認検査(オリジナル検査方式)

B。シリンダ−
1、シリンダ−ライナ−交換 ライナ−厚み残2mm以上クラック対策
2、ライナ−各気筒ピストンに合わせJE指定、規定サイズボ−リング加工
3、シリンダ−下部スリ−ブ圧入部よりのOIL上がり対策加工 深さ7mm,幅1.8mm シリコン系耐油、耐熱、耐圧ラバ−1気筒各2本使用&シ−リング加工
4、シリンダ−上面修正最少研磨加工
5、スタッドOILライン拡大加工(強化スタッド使用)
6、シリンダ−上面両サイドノックピン部必要時25mmロングヘリサ−ト加工
7、シリンダ−下部チェ−ンガイド嵌合部強化対策加工&チェ−ンガイド強化対策(必要時)

C。タイミングチェ−ン&駆動系
1、DID強化タイミングチェ−ン交換
2、TOPアイドラ−純正改センタ−ブッシュ強化ジュラルミンブッシュ製交換及び強化タイプ二−ドルベアリング交換(二−ドルB/G高耐荷重タイプ)
3、TOPアイドラ−ベ−ス改オリジナル耐振動べ−ス交換
4、シリンダ−前後アイドラ−ジュラルミン強化タイプ交換(説明2と同一)
5、チェ−ンテンショナ−純正改オリジナルギア−式強化タイプ交換
6、テンショナ−(シリンダ−後方)純正プッシュロッド改オリジナル強化タイプ交換(外観は純正同一)

D。オリジナルフルリビルト強化クランクシャフト
1、クランク全分解、異常確認点検作業
各コンロッド内外傷&ニ−ドルベアリング挿入部変摩耗厳重点検測定、(コンロッドのスラスト方向のガタ、横揺れ、スラストワッシャ−のクリアランス過大) 及びコンロッド計測の重要課題の、ピストンピン挿入部直角度計測 、ジャ−ナル&ピン部の変摩耗&傷,ズレ跡、水分昆入跡、 ベアリング内外傷&変形、及びOILラインホ−ルのOILカスつまり、(この部分が目ずまりをおこすと、コンロッドのピストンピン挿入部の焼き付きの原因ともなります、むろん全ての焼き付きの原因ですが。)
スラストワッシャ−変摩耗、圧入部スプライン傷&ズレ跡
2、各分解パ−ツ洗浄、研磨&コンロッド重量測定、重量合わせ
3、プレス組立、プレス修正、 銅ハンマ−打撃修正、部分組立部計測&修正、アルゴン溶接、
4、#1番、♯4番 #2番、♯3番 各気筒最少ズレ調整、(圧入部にスプライン部があるため全てのクランクに許容範囲のズレが有ります)
5、再度上記事項繰り返し作業、(全ての作業は今までのノウハウのもとに、オリジナル計測値にて組み上げます)
6、組立完成後、計測、修正を繰り返し弊社マニュアルに、適合クランクのみの使用となります、

E。ミッション
1、ミッション全ギア−分解、摩耗、異常点検作業
2、各ギア−、各ドグ、点検、異常確認&修正可否判断
3、♯1速、 #3速 ♯4速、 全ギア−ブッシュオリジナル強化対策加工製作品交換、&ブッシュ内部精密研磨加工
4、♯2速ギア−ブッシュ、超ハ−ドオリジナル製作品交換
5、♯3速 、4速 、5速 ギア−抜け対策オリジナル、アンダ−カット加工
6、全ベアリング新品交換
7、組立、(オリジナルクリアランス調整組立&ミッション異音対策組立)
8、ドラム、フォ−ク,シャフト 精密研磨加工

F。クラッチハウジング
1、全分解異常摩耗点検
2、摩耗部修正修理&ダンパ−スプリング交換
3、ハウジング内部サイレント対策加工
4、オリジナル精密ピンプレスカシメ
5、全フリクションプレ−ト純正新品交換&センタ−ベアリング交換

G。クランクケ−ス
1、シリンダ−スタッドボルト交換 APE強化クロモリスタッド
2、クランクシャフト取り付けボルト APE強化クロモリスタッド
3、全ケ−ス締め付けボルト ステン強化タイプボルト使用(ボルトの再使用は有りません)
4、ブラスト&耐熱ハ−ドウレタン半艶ペイント(衝撃、熱,はがれに非常にタフです)
5、カバ−等メッキ部に関しまして磨き専門店依頼研磨加工

H。全OILシ−ル&全パッキン新品交換、オイルポンプO/H、セルモ−タ−O/H

J&Jについてのお問い合わせにお答えいたします。
弊社は上原自動車整備です。
国の認証を受けた自動車整備工場です。
認証番号(兵イ4620)大型から小型全ての分解整備が行えます。
創業30余年になります。J&Jは弊社のエンジンO/H部門の全国通販部です。
私はオ−ナ−であり過去30余年の整備およびエンジンチュ−ニングのキャリアがあります。
レ‐スエンジンのチュ−ニング経験があります。
又スタッフも全て有資格者です。
通販部エンジン担当者は整備経験が全て20年以上です。
もし宜しければ一度遊びに来て下さい。
クランクリビルト、ミション、etc,等全てをお見せいたします。
宜しくお願いいたします。

と言う、コンプリートエンジンが105万円(税込み)で売られています。

ズレ防止の溶接クランクは振れが出やすく、修正も困難らしいです。

J&Jさんのクランクは、あり得ないくらいの精度を出していて、

image
このJ&Jのクランクは、サンクチュアリのマシンにも載まれています。

極めて機械精度の高いクランクで有名なチューナーさんです♪

ん〜、コレで100万ちょい。奮発しちゃおうかな〜♪

image
image
image
オールドスクールな雰囲気なら、こんな感じ?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
#31 Race Crafters Harry Klinzmannに使えそうなシートを発見しました♪

レギュラー販売されている、MRSのバナナシートです♪

メモメモ ♪

前の方で更に折り目が付いている様です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
テスト

せっかく見つけましたが、歪んでます。

テールの様子を見たかったのですが。

直せないかな〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
#31 Race Crafters Harry Klinzmann仕様を考えた時に、

ホイールが18-3.00以内でラジアル想定すると、

フロントはZ1-Rなどの18-2.15、若しくは

19-2.15のハーレー用モーリスのマグホイールが

頭に浮かびます♪ 100/90-18or19ですね〜

モーリスのハーレー用の18-2.50リアホイールだと

少し細いですが、フロントならジャストサイズかなぁ〜

Z用のモーリス18-2.75と冒頭の写真の様なTZ250辺りの

ダイマグで18-3.00で組めばレギュレーション範囲内。

リアタイヤは、130/90-18でしょうか。

リアを18-4.50に交換すれば、ドーバーモンスター仕様。

リアの18-4.00若しくは18-4.50は今でも生産しています。

リアの18-3.00は絶版解体パーツしか有りません。

Z1100R1&2の18-2.50のモーリス風も探せば見つかります♪

安上がりに組むなら、忍者の初期型のリアは3.00かなぁ〜

GPZ750Fのリアホイールも18-3.00で使えそうです…。

しかし、レーサーなのでマグホイールを使いたい所です。

サンダンス モーリス風ホイールもTOTなら使えそうです♪

エンジンは、J&Jさんがコンプリートで出しています。

ケースをZ1Eにしとくのが無難でしょう。

キャブレターはTOTのモンスタークラスに合わせとけば

問題は無さそうです♪

フロントフォークは、モリワキカヤバとかが良さそうです。

CB-F系や、CB750Fourと違い、Zは部品探しが楽ですね〜

ヨシムラ フィッシャーCR750レプリカ計画より簡単そうです。

いわゆるZ2テールが、カッコイイですね〜♪

image
image



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
こんなヘルメット有るんですね〜

1982年のレプリカみたいなので、

#31 Race Crafters Z1時代のとは違いますが。

ウムム。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
1974年「ボルドール24時間耐久レース」にデビューし、EGLI EK9 & Godier Genoud が見事に優勝を飾った。

と言う情報くらいしか知りませんでしたが、

ドイツの文献によると、(原文転載)
Womit wir schon beim nachsten wichtigen Egli-Kapitel sind: der Kawa-Ara. „Als 1973 die Kawasaki 900 Z 1 auf den Markt kam, ubertraf sie all unsere Erwartungen“, plaudert der Fahrwerks-Guru aus dem Nahkastchen, „zuerst dachen wir, jetzt konnen wir unser Geschaft zusperren, gegen solch ein Motorrad konnen wir nie und nimmer ankommen. Doch als wir mit der Z1 gefahren waren, wussten wir, genau das Gegenteil wird der Fall sein. Damals wussten wir allerdings noch nicht, welch unerschopfliches Potential in diesem Motor steckte.“
Es dauerte nicht lange und es folgten Taten. Das Egli-Racing Team beteiligte sich mit den franzosischen Starpiloten Godier/Genoud im prestigetrachtigen Endurance-Langstreckenrennsport. 1974 gewann das Team auf der Egli-Kawasaki im Prinzip alles, was zu gewinnen war und stand am Ende der Saison als Champion fest.

■自動翻訳
我々は、すでにどれで次の重要なエクリ章でいますか: カワ時代。 「1973年に川崎900 Z 1が市場に出ているようになったとき、それはすべての我々の予想より優れていました」と、シャシー指導者は学校を出て話に話します。「我々でdachenに最初に現在あります、ロックすることができます我々我々の事業(我々が絶対に来ることができないようなオートバイに対する)。 しかし、我々がZ1に伴ったとき、我々は知っていました、正確に正反対は本当です。 そのときに、しかし ― 我々が、これまでに知っていなかった ― このエンジンは、中でなんと尽きることがない可能性であったでしょう。
それは長く続きませんでした、そして、行動はあとに続きました。 エクリ-レース・チームは、評判が高い持久力長距離レース・スポーツにおいて、フランスのスターのパイロットGodier/ジュヌーと参加しました。 1974年に、エクリ-川崎のチームで、原則として、すべては獲得されることになっていたものを得て、チャンピオンとして季節の終わりに確かでした。

なんか翻訳が酷くて分かりにくいですが、要は、

■私の端折った翻訳?
1973年に市場に出たカワサキZ1は我々EGLIの予想を上回るマシンで、Z1のエンジンは素晴らしい可能性を秘めていたので、EGLI Race Teamはすぐにシャーシを作り、フランスのスターライダーGodier Genoudにライディングを依頼して1974年のチャンピオンを獲得した。

と言うことの様です♪ ( メチャメチャざっくり )

image
ヨシムラはカワサキZ1のフレームに限界を感じ、パワーアップされたヨシムラZ1エンジンに対応できるフレームを探していた様です。

そこで、かねてより部品を供給していたスイスのEGLI社に打診し、ヨシムラからはフルチューンされたZ1エンジン5機とEGLI社からはEGLI KAWASAKI EK9のフレーム足回りを1台分を交換するという交渉が成立しました。

写真は1976年当時の雑誌掲載記事です。

image
1976年にEGLIフレームが到着すると、ヨシムラで更にモディファイされ、Z2エンジンを搭載したヨシムラエグリZ2として、1976年の第7回富士FNGCレースでデビュー、その他各地でも大活躍しました。

■主な仕様
フロントフォーク: チェリアーニ、
フロントホイール: エグリ純正
リヤホイール: モーリス4.00インチマグホイール
リアサスペンション: パイオリorマルゾッキ

ヨシムラ EGLI EK9は、加藤昇平氏をライダーとして、ヤマハのTZ750やTZ500等を追い回した記事は、当時のバイク雑誌で驚きと共に語られています。と有ります。

掘り下げてみると面白い史実が分かって、色々な所が繋がりを持ってるんだと感動します。

EGLI カワサキのGodier Genoudは知ってましたが、ヨシムラが取り寄せたりして実験されてたのですね〜♪

ヨシムラ EGLIも知ってはいましたが、エンジン5機と交換したとは知りませんでした。

1975年がZ1B、1976年と言うと、Z1000が既に発売されていて、

国内はD1が出たか?出ないか?

image
1979年迄は、Race CraftersもZ1を走らせていて、1979年にMK2にコンバート。

調べると面白いですね〜♪ すぐに忘れちゃうから記事にしちゃいますが。

こう言うエキゾチックマシンは存在するだけで貴重です♪

私も夢として、EGLIフレームに乗ってみたいものです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
ヨシムラZ1です♪

私はRace CraftersのZ1の方が好きですが

ヨシムラがレースでは最初です。

まだ集合管では有りません。

1970年にヨシムラは既にデイトナでCB750Fourを

集合管を入れて走らせていますが、

AMAのレギュレーションにより4本マフラーでした。

もちろん、中身は空っぽで、角度を跳ね上げた

立派なワンオフマフラーでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
ん〜、カッコイイですね〜♪

昔からこのカラーリングは好きでした。

特にオイルクーラーも位置が面白いです♪

コレって転倒した時に取れちゃいそうだし

冷却効果はどうなんでしょうね〜?

圧力損失とか。

跳ね上げたテールが昔のMCみたいですが、

時代を感じさせる仕様で好きです♪

リム幅も細めで、LOCのレギュレーションにもマッチしそうです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
カッコイイです。

Race CraftersのZ1です。

最後は、再生産もされた、モリワキモンスターです。

Race Craftersも復活して、まめしばさんち経由で買えます。

詳しくはRace Crafters HPをご覧下さい。

要は機械曲げのNGCですが、私はZや、CB900Fなら機械曲げのが欲しいです。

オイルクーラーもカッコイイです〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
2e8ecab4.jpg
image
3cd2d523.jpg
image
image
image
image
image
上段は、テイストオブツクバのZ1(Z900)特集です。

リザルトも貼りましたが、石神選手がやっぱり速いです。

石神選手は、私の記憶では若かりし頃にモトチャンプだったかで

ミニサーキットで石神選手がGSX-R750のJSB仕様で、NSR50と

ガチ対決みたいなDVDとかに出てたように記憶してます。

そのDVDを友達と何回も見返しましたが、紛失しました。

多分、1990年くらいだったと思います。

テイストにガチな全日本選手権のライダーが本気で来てるんだから

そりゃ〜速いですよね♪ CB1100Rの上田選手も速かったです。

あの若者がいつしか髭を生やした石神選手はZ使いとなり、

テイストオブツクバの代名詞に。(顔役?)

デイトナを走ったのも、私の記憶には新しいことです。

私にはガキの頃から、『Z2には乗れないな〜』と言う気持ちがあり、

あの美しい流線型のマシンに乗ってる自分のイメージが湧きません。

角張った、FX1&MK2とか、CB900Fとかなら所有しても良いかなと。

だから、マッハ750SS H2や、CB900Fは手に入れましたが、

Z2&Z1は所有した事が有りません。

先日のレースで、仲間のZRX1200 DAEGがクラッシュしてしまい、

譲りうける事になりそうですが、偽Zなら許される様に思って

憧れの、Z2似のZRX1200 DAEGを作る予定です。

この作業は、ミスティーの社長にお願いする算段です。

それなら、CB900Fレーサーを作った工場の空き具合に関係なく

偽Z2(ZRX1200 DAEG)を進行出来ます。

またサーキット専用車になるのかな〜

いや〜、偽Z2カッコイイです〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



2e8ecab4.jpg
3cd2d523.jpg
7ec8109c.png
image
image
image
image
先日のクラッシュの修復が待たれるZRX1200 DAEGですが、

この様なZ2みたいな仕上がりなら良いですね〜♪

どうやら、私が現状のままで買い取る方向でまとまりそうです。

既に、外装に関してはミスティーさんちの社長に相談済みです♪

(^ ^)

Z2仕様なら、乗ってみたいマシンです♪

どうせなら、テイストオブツクバに出そうかな…。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
PMA選手権の主催者、#52の板坂尚史選手です♪ (人´∀`)

私もCB900FをTOT仕様に変更して走りたいな〜

まずは筑波を練習しないとですね〜(u_u)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

3cd2d523.jpg

2e8ecab4.jpg

いま綿貫早輪社に着きました

店内の移動が大変そうな

頑張ります。

A^_^;)


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
カワサキだけど好きなマシンにGPZ750Fが有ります。

少し後のGPX750Rも好きなんだけど、

こちらは#60 Wayne Rainey、#34 Wes Cooleyが不利な中で操り、

シリーズチャンピオンを獲得したマシンです♪

孤軍奮闘、空冷4発の2バルブエンジンです。

それのレプリカを作るなら、乾式クラッチは外せませんよね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
この時期のカワサキも良いですね〜♪

#34 Wes Cooleyもいい感じ♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
0f9b93c1.jpg
72e7c8ad.jpg
懐かしいマシンのポスターです♪

偶然、昨年末に大観山でも見ましたが。

Turbo TCとか本当に希少車ですね〜

と言うより、このポスターのBellのヘルメットの方が

如何にも当時風ですね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
■Godier Genoud走行動画■

Godier Genoudの珍しい走行動画です。

フランス語の実況が入ってます。

やたらとGodier Genoudが速いです。

当時の映像はなかなか見れません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
凄いですね〜

Godier Genoudの大群です。

友人のバイク屋にGodier Genoud 1135Rが3台並んでますが

Z1000Rベースの同じ1135Rだけです。

ある所には有るんですねー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
ドラッグレースの動画を何本か観てたら、

見慣れないタイヤを履いて、しかもダート。

開いてみると、

■ダートドラッグレース■

結構面白いです。

日本じゃ絶対に開催されないかな…。

北海道とかには既に有ったりして?

農耕民族には考えつかない競技ですね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
ドラッグレースの映像を久し振りに見ましたが、

■アメリカン ドラッグレース動画■

優勝タイムがZ1000Rみたいなエンジンで1/4mileを5.8secとかでした。

椎間板ヤラレそうな加速ですね♪

まぁ、エンジンは似てるだけで、総ビレットだったりしますが、

あぁいうのの流用パーツが旧車の役にたってるのかも知れません。

見てるのは楽しそうですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
Racecraftersのマシンは独特の外観で、すぐにソレと分かりますね♪

625224eb.jpg
0c742646.jpg
上の写真の友人のZ1000Rがオイルクーラーを真似してテールカウルに乗せてますが、

かなり工夫して取り付けて、大変だったらしいです。

冷却効率などは謎ですが、ベッターカラーで無い方のカラーなら

Zも乗ってみたいかも知れません。

いわゆるZ2テールにオイルクーラーの組み合わせが何とも溜まりません。

サイドカバーの位置のゼッケンも好きな所です♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image

image

image

image
Z1000R S1の点火系もムチャしてましたね。

ウチのCB900Fもどうにか上手くまとめたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったら押してください♪☆

image

image

image

image

image
S1もたまに新車が発掘されますね…。

このマシンは約1,100万円(アメリカからの輸送費別途)でした♪

CB-FとかのAHMレーサーとかは出ないのかな〜

209ba49b.jpg

58387cf7.jpg
以前、L.A.からDoug ChandlerのVF750F(RC15)レーサーの

スペアーマシンの新車オファーを頂きましたが、

$55,000-との事で、商談成立しませんでした。

image

image

image
たまたま同時期に、国分寺の某氏よりRoberto Pietriの

VF750F(RC15)でエンジン焼き付きをしている状態で、

スペアーマシン付きで400万円との話も来てましたが

イギリス人バイヤーに売れてしまいました。

image
SuperMonkeyのRS1000も存在しますが、

800万円位なら売っても良いらしいです。

ウェットサンプで、乾式クラッチは付いてません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったら押してください♪☆

このページのトップヘ