☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

カテゴリ:HONDA > CB750F

34bd9560.jpg


9c692f80.jpg


bf46f98d.jpg


72267c7b.jpg
ホンダコレクションホールを見学に来ました

Freddie SpencerのCB750F♪

9e8e1856.jpg

このエンジンスターター欲しいですね♪

デカすぎるけど…。

((+_+))


c5bccddb.jpg


00425dd6.jpg


スーパーモンキーのRS1000が某所で冬眠中

近々見学に行って来よう♪

高いのかな〜;^_^A



87f0fbd8.jpg


d68d2ecd.jpg


5367b8ce.jpg


87a0dba9.jpg


4de45035.jpg
マメシバさんちでテストしてるストレイガマフラーに興味深々です

大口径で有りながらトルクフルなマフラーらしいですよ〜

タジマチューンにストレイガマフラーとか凄いんだろうな〜

マフラーのテールピース形状をAHMのベラスコ氏のに似せて貰えたらな〜

ストレイガの小林氏も、AHMのマイク・ベラスコ氏もヨシムラ出身だしな〜

A^_^;)

2ed18af4.jpg


8cc31430.jpg


2571ddd3.jpg


7f5cf6ff.jpg


ac3f8aaf.jpg
↑コレはRoberto PietoriのモリワキRS1000

Roberto PietoriのCB750Fの背面仕様の写真です

コレをやれるとサーキットでバンクを稼ぎながら、バッテリーの心配が要らなくなります。

私のレーサーはジェネレターがないので、バッテリーが切れたら止まります。

キチンと充電してれば40分とか走りますけどね…。

でも、背面仕様なら永久に止まらないし、バッテリーも充電されますからね〜♪

AHMのカバーはジュラコンとかで作り、砂型で鋳造して、中身は新型流用で作れないでしょうか?

私のレーサーは原付レベルの発電量で足りますが、街乗り用だと、やはりある程度発電量がないと使えませんが

是非ともサイクロプスさんにお願いしたいです

(@^ー°)b

fb24a274.jpg


216f0eff.jpg


185f7b8c.jpg


21118233.jpg


4e61689c.jpg
RS1000の純正部品のダイナモ側のカバーの予備をゲットしました

(@^ー°)b

マグネシウムで出来てて、既に私のCB900Fのレーサーには付いてますが、予備に欲しかったんです

しかし、1981年辺りの新品部品がまだ手に入るなんて

乾式クラッチとクロスミッションが欲しいです

515080d1.jpg


0f1482c1.jpg


e74cebe3.jpg


f6946259.jpg

こちらは同じGSX-Rのエンジンを使ってますが、フレームや外装などはオリジナルのCB-Fを使い、エンジンスワップ

最後の写真は、RC42にCB-Fの外装を乗せただけのマシン。

ある意味、CB750Fの正常進化版

3ebfb76e.jpg


6cee50f8.jpg


45432c15.jpg


9ce7a902.jpg


e7f4e8a6.jpg

あら、このバイク、フレームがアルミのワンオフだったんですね〜

単なるイナズマかと思ってました

A^_^;)

a8538aa0.jpg

Roberto PietoriのCB750F耐久仕様です

なんかタンクが火星人みたいです



e5950cd5.jpg

こちらはMike BaldwinのCB750Fのラグナセカの最終コーナーの立ち上がりかな〜

6938bd05.jpg

Mike BaldwinのCB750Fです

細部が参考になりますね〜

7f7862e4.jpg

昔、私がつけていたヤマモトレーシングのモナカ管です

IMG_7591
IMG_7590
IMG_7589
IMG_7587
CB750FC(青白)に付けてました

ヤマモトレーシングのモナカ管は、エンジンの真下を通るマフラーで、前半分はスチール、後ろ半分はアルミでした。集合部のピラミッド構造は本当に指で触ったら切れるか刺さるか?って位尖っていて綺麗な作りでした

かなり軽量で見た目も大好きでしたが、真下を通るだけに、街乗りでは腹打ちが酷く、せっかくのピラミッド構造も潰れてしまい、モナカ合わせも何回も左右に割れて、10回くらい溶接したりして使いましたが、ついには腹下が擦り切れてしまいました

仕方なく先輩から5万円で譲って貰ったCB750FZ(青)のモリワキチューンのプロダクションレーサーについていたサンケイ管に付け替えましたが、やはり真下を通すから、腹打ちは避けれませんでした。

IMG_5627
サンケイ管は、集合部分はダイキャストで両サイドには冷却フィンがあり、内部はヤマモトみたいなピラミッド構造になっていて、腹打ちしても潰れたりはしませんでしたが、エキパイの差し込み部分が薄いので、徐々に欠けたり割れたりしました

IMG_7602
だんだん割れが広がり、エキパイがグラグラして共振し始めたので、ストックのモリワキ車両から剥がした耐熱ブラックのモリワキの直管にしたら、今度は右コーナーで擦りまくり

見た目チューンで遭えなくチェンジ

IMG_7592
IMG_7583
IMG_7582
IMG_7585
JMC管は、クロス管でZ650LTDのノーマルマフラーに似てましたが、見た目がダサいからすぐに却下

IMG_7594
IMG_7593
しばらくメッキのモリワキ管で我慢してましたが、

斉藤仁さんのメカニックの佐藤さんに作って貰った佐藤レーシング管を650LTDに装着。

コレもかなり良かったですが、反対車線を逆走してきた暴走車両に正面衝突してオシャカ

IMG_7596
IMG_7597
貰ったヨシムラサイクロンのメッキは静かで割と寝かしても擦らなかったけど、水平マフラーで、見た目がダサいからやっぱり却下

KERKERメガホンも、やはりタダで貰ったけど、使い勝手は一番無難でしたが、既にサビサビで数年で集合部分から崩壊しました

バンスのメッキは新しく買ったCB1100Fについてきたけど、カーカーと見た目は似てて、集合の仕方が違って、ベラスコ管みたいにしてました

ミズノさんのゼス管を特注して、スペンサーのマシンのサンプル写真を大量に送り、何回も打ち合わせして、腹下を真っ直ぐにして、テールを一気に曲げてハネ上げて、かなり本物のベラスコ管に近づきまたしたがコイツもサーキットでは右で擦りまくり

結局、現段階ではいろんな集合を使いましたが、音質はヤマモトレーシングか、モリワキ管かな

モリワキは音が少し割れた感じになりますが

A^_^;)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


1621ed22.jpg

最近、AHMのCB750Fのレース中のショットが発見出来ました

カッコいい

5
image


image


image


image


image


image


image


image


image

こんなスーパーCB-Fはいかがでしょう?

私は結構ツボでした♪

公道もサーキットもコレ一台で気兼ねなく走れる♪

また同じレンジで走れる仲間を探さないとダメでしょうが(。-_-。)

この仕様なら、エンジン関係はメーカーには部品はまだまだ有るし、

社外品も出てるから、フレームの首っ玉だけ事故車のFからすげ替えても面白いかもしれません♪


4053bb47.jpg


15a90af7.jpg


77f8a48a.jpg


d07cbe8e.jpg


827aa0e8.jpg

VFR750F(RC24)はかなり速かったみたいですね〜

AMAではWayne Raineyやダグチャンドラー(スペル不明)、フレッドマーケル(スペル不明)がチャンピオンになってますね〜♪

('85以降はV型が大活躍して、一番レースに興味が持てなくなってました)

日本のF1では、モリワキのマシンがガードナーのアップハンドルのVFR750F(RC24)にちぎられるのを見た時は、

『なんて反則なマシンだ…。』とか思いました

A^_^;)

'86のDAYTONAではFreddie Spencerが転倒するし、あまり良い印象が無いマシンでしたね〜

当時はモリワキの八代の苦戦を見て、ホンダ好きな私がアンチホンダになる位に速かったです

ただ、レプリカが作りやすいし、街乗り出来そうだから、少し欲しくはなりますが、速すぎるかもな〜

A^_^;)

bf2ed3cb.jpg


0c4f99b9.jpg


107ffdc5.jpg


e617af3b.jpg


ee715a23.jpg

Freddie SpencerのRS1000

Freddie Spencerは'81鈴鹿の8耐にも来ましたが、フリープラクティスにはCB750Fもテストで走らせたとか…。

持ち込んだ'81のRS1000はAHMチューンで、鉄フレーム

前年の'80はRSC製でした。

因みにRoberto Pietoriの'81は鉄フレームでしたが、'82のマシンは唯一、モリワキのアルミフレームでした

377e8496.jpg
良く見るとサイドカバーに切り欠きが…。

2f02c7e6.jpg
タンクの上には『ATTACK!』の文字が…。

db0d7984.jpg
ステップ周りはノンオリジナル。
恐らくRoberto PietoriのCB750Fかな〜

43cb5460.jpg
こちらはゼッケンからボールドウィン車。
元チャンピオンに43のまま乗せるのは(;^_^A

32a1b877.jpg
Freddie SpencerのCB750Fです
サイドカバーに切り欠きが無いのが特徴です♪

個人的にはRoberto Pietoriが好きですが、偉大なチャンピオン、Freddie Spencerも好きです

Freddie Spencerは天才肌で若くして頂点を極めてしまい、最後は尻切れトンボみたいになりましたが、

あの素晴らしいライディングは文句なしに速かったです

いまだに色々なイベントに出向いてライディングをしてるので、TOTとかに招いて欲しいな〜

Freddie Spencerの、'82のCB750Fも茂木にあるし、

Roberto Pietoriの'82のCB750F、背面ジェネレター仕様も横浜エリアにあるし、

Steave Wizeの'82のCB750F、背面ジェネレター、FWSスイングアーム(ライディングハウス所有)のもあるから、

動かせる茂木のFreddie Spencerのか、Steave Wizeのかを(Roberto Pietoriのはまだ修理中?)TOTにだせないかな〜♪

まぁ、実際はプリン長島さんお手製のCB750Fは、DAYTONAでRoberto Pietoriの'82のCB750Fより速かったから、今の技術のマシンの方が速く走るかもだけど

A^_^;)

アメリカみたいに、日本で実際にローカルなクラシックのレース参戦して欲しいな〜

(@^ー°)b

ね?ウィズミー丸山さん

13be54be.jpg

1981年のDAYTONA200でフレディーのCB750Fが出火した映像です

翌年1982年はホンダがスーパーバイクでの1、2、3フィニッシュを果たしますが、スゴいモデファイをされてましたね

オンタイムに情報が入っていて、いまだに鮮烈な出来事でした

d35252da.jpg

50009acc.jpg

9d7f5292.jpg

13c89f8a.jpg

81bbdeeb.jpg

 静岡のロブソンさんのVF1000R改(RC15)750仕様
 
 
売りに出てますね…
 
いつだったか、TOTのZERO1で?お見かけしましたが、フレームもエンジンもVF1000Rだったんですね〜
 
全く気が付いてませんでした
 
直線がやけに速いVF750F(RC15)だな〜みたいな
 
135PSだから確かに速いですけどね…
 
A^_^;)
 
実は昔、私がVFシリーズは、フレームもエンジンも750との互換性は一切無いのを知らなくて、
 
私のVF750F(RC15)に1000のエンジンを積みたくて、ヤフオクで10万円で落札して、わざわざ北海道から東京までエンジンを運んで来てウキウキしながら、いざ積もうと採寸したら、
 
750のフレーム内寸より、1000のエンジンヘッドが4センチもデカい(。-_-。)
 
フレームをまさか4cmも広げらんないから、仕方無くヤフオクでエンジンを売り飛ばしました

そんな悲しい悲しい思い出が蘇りますね〜
 
1000に750の外装は、フレームの幅が違うからタンクは載りません。

あと、ラジエータの取り回しが全然違うから、変更したり色々フィッティングをワンオフしないといけないから、少し手間が

サイドカバーや、シートキャッチ、テールカウルも作り直しが必要だと推測されます。
 
でも750のフレームをズタズタに切って、1000のエンジンに合わせてつなぎ合わせるよりは簡単だとは思います
 
1000は街乗りくらいならトルクあるし、楽しいんだろうな
 
サーキットにはツラいみたいだけど
 
 

2e38540e.jpg


3410e942.jpg


5a675cb4.jpg


64e9b378.jpg


e209269d.jpg

Wayne RaineyのVFR750F(RC24)♪

ここら辺までが、私の最新型です

5303bb51.jpg


dc8b2f94.jpg


92d57ddc.jpg


4567d284.jpg


cc087532.jpg

Eddie LowsonのFZ750♪

ヤマハでYZR750とFZ750は好きな車体ですね

5
ffdfa8e4.jpg

Roberto PietoriのVF750Fです♪

この頃はAHMから離れ、自分のチームで走ってました。

(;^_^A

5
Roberto PietoriのVF750F

Roberto PietoriのVF750Fです。

何故かAHMのマシンをベースにバンス&ハインズのチューンしたVFに乗ってますね♪

cb88mono

Roberto PietoriのCB750F

ここら辺が作り易いかな〜(;^_^A

ff001

Roberto PietoriのRS1000 AHMのフロントフェンダー部分。

123fd820.JPG

Roberto PietoriのRS1000の全体。

モリワキのアルミフレームが見えますね♪

eg001

Roberto PietoriのRS1000のエンジン部

1982y-rs1000

Roberto PietoriのRS1000 AHMのモリワキアルミフレームの全体。

tank001

CB750F/CB900F AHMの耐久タンク。

加工が興味深い(; ̄O ̄)

tank002

CB750F/CB900F AHMの耐久のタンク。

懐かしいな〜

d5b7529f.JPG

懐かしい〜( ´ ▽ ` )ノ

8f127c72.jpg


c7bbfb00.jpg


b275345e.jpg


91ca3523.jpg


9cb6ecc2.jpg

いや〜

VF750F(RC15)もイイですな〜

当時は最新鋭で味の無いサウンドとか酷評されましたが

私も何年か前まで乗ってました

オーリンズにワンオフリンクと車高調を付けて

速すぎてつまらなくなってしまい知人に譲りましたが

良いバイクでした

7640690c.jpg

4beb70a1.jpg

5242b092.jpg

bb8cf196.jpg

a5fbf240.jpg

あらま

サイクロプスさん失礼しました

あの、CB-Fパーツで有名なサイクロプスさんが、以下のように書かれまして、多分私の書いた記事かと思いますので、ここに訂正致します
 
---------------------------------------------
 
活動停止している訳ではありません
 
忙しすぎて引きこもってます。
 
以前よりも活動しているので安心してくだされ。
 
誤解を生むような事を書かれると困りますよー。
 
現在、納期のある仕事はお引き受けできない状態です。

これ以上働いたらマジで死にますわ。
 
B/O解消したら新製品出すので、もうしばらくお待ちください。
 
よろしくお願いいたします。
 
--------------------------------------------
 
以上はサイクロプスさんの記事を転用致しました
 
心強いお言葉で、安心致します
 
なんかこの前お会いした時に、少し疲れた感じで、元気無かったし、ウチのBMW K100RSのエンジンブラケットが現状だと何時になるか分からないと仰ってたので
 
でも、まだCB-Fに対する情熱は覚めてなかったみたいで安心してはいましたが
 
サイクロプスさんには乾式クラッチやドライサンプをお願いしたいし、前より忙しいなら嬉しいです
 
あの記事は訂正しておきますね
 
マニアックで素晴らしいテクニックな研究家?のサイクロプスさんに期待してます
 
では、BMW K100RSのエンジンブラケットは、気長にお待ちしております。
 
(@^ー°)b
 
レース用のAHMのダイナモカバーや、背面ジェネ+点火系も期待してます
 
背面ジェネは公道仕様でも使えるかも?
 
溶接も得意との事でしたから、ウチが儲かったらアルゴンでも提供したいですね〜
 
フレームから全部作りましょう
 
(@^ー°)b
 
スイングアームもリアルなのがなかなか有りませんしね〜
 
サイクロプスさん、楽しみにお待ちしていま〜す 
 
私はCB-Fは街乗りよりサーキット派なので、サイクロプスさんがレース用部品を作るメリットが薄いかも知れませんけど
 
A^_^;)
 
応援しております
 
また採寸出来るような本物の部品を探して来ます
 
 

1bf98499.jpg


a76c2227.jpg


1b152a13.jpg


24da851c.jpg

Roberto PietoriのRS1000です。

11番だから1983年かな〜?

VF750F(RC15)にコンバートする直前かな〜

5
image


image


image


image


image


image

Roberto PietoriのCB750Fのフレームの続き。

簡素化されただけに見えますが、材質もクロモリ鋼になっていて、全くの別物。


5
image


image


image


image


image


image

美しいデスね〜

実はノーマルとはアライメントが全く違うらしく、正確にレプリカするにはフレームから作らないとダメらしいです(T ^ T)

5
image


image

Roberto PietoriのCB750Fのエンジン始動。

何故かRoberto PietoriだけがAHM指定のヘルメットも、ツナギも着ない時が目立ちます♪

いわゆるフレディーやボールドウィンのヘルメットやツナギが正規のデザインです♪

この写真ではRoberto Pietoriは、赤と黄色のツナギ…。

Roberto Pietoriは人柄も良く、目立ちたがり屋だったらしいです♪

ヘルメットは常にSIMPSONのM30を好んで使用してましたが、82年辺りから時折BELLスターも使用してました。

レギュレーション絡みでしょうか?

5
image


image

Roberto PietoriのCB750Fの80年式。

コレの前の79年はヨシムラのGSに乗ってました。

5
image

Roberto PietoriのCB750Fは何台も作られたから、チャンスが有れば手に入れたいですね〜♪

5
image

Roberto PietoriのCB750Fです♪

ウチのCB900Fが目指す車両です♪


5
992c458b.jpg


e235651b.jpg


586fff0a.jpg


abd9787f.jpg


ac3506bd.jpg

Roberto Pietoriのヘルメットです

5月の走行会に向けて作りたいなと

A^_^;)

上田さんちに頼んでみようかなと…

黒ベースのシンプソンはあるから、カッティングシートでレプリカを作れませんかね…?

A^_^;)

5
4137989a.jpg


548c910b.jpg


c04cdd2c.jpg


d93eb606.jpg


17fb2db6.jpg

Pietri_81_02


c71df5bf

遂にシンプソンM30が復刻しますね〜

(*^ー°)b

昔からシンプソンばかりだから、懐かしいですね〜

ロベルト・ピエトリのファンとしても、予約しないと

勿論ブラック

5
普段から読んでるBLOGをリンクに入れさせていただきました♪

皆さんも読んで下さいね♪

RODSさんの「BLOWIN' IN THE WIND」はDAYTONA参戦記が書かれていて

メッチャワクワクします♪

ゲルさんの「ゲルのWERA/CCS/AHRMAレ"ース参戦記 in アメリカ 」

も非常に参考になります。

以前からA.H.R.M.A.参戦を夢見てたので感激です(*゜O゜)ノ

どのBLOGも濃ゆいので楽しいですよ♪

\(^o\) (/o^)/

5
5bc87366.jpgこんな写真がありました♪
Roberto Pietoriのバイク欲しいですね〜(^_^;)






c71df5bf.jpgこれは1982年のデイトナ
三位入賞でした♪







dyt001F1はホールを決めるも、YZR750のケニーとRS850のボールドウィン、スペンサーのペースに付いて行けず…。
しかし堅実に3位をゲット♪
Roberto Pietriかっこよかったなー♪

5
c0271aa0.jpgRoberto Pietriは、なかなか情報が少ない人だから、このような写真もあまり出てませんね〜
毎回結構いい線まで行くのに入賞しない不思議なライダーです。
AMAの優勝はありません。
最高位は3位。







cb0011980年〜1982年はホンダのAHMからCB750Fで☆








pirtori0011983年はVance&HinesからVF750Fで出てました。







107d5fce.jpg1984年は自分でVF750Fをカラーリング変更して走ってたみたいです。







fabaae88.jpgいかにもプライベーターみたいなカラーリングですね…。
(´- `*)






a4450750.jpgいまは息子のRobertino Pietriが
AMA SBKを走ってるみたいです。
2010年からはMOTO2でヤマハからWGPに出場します。







212df006.jpg因みに、Roberto Pietriは、1979年はヨシムラでGS1000を走らせていたようです。
なんだか面白い選手ですね〜♪
(^_^;)





rp001息子も面白い選手みたいです♪

5
8fe82617.jpg

来週の10/4(日曜日)に那須の旧知のバイク屋(Pitroad)に行こうかと思ってます。

ついでに近隣のダムや牧場なども立ち寄ろうかと思っております。

今回は午前中の帰宅は難しいですが、高速道路主体なんで、スケジュールが合えば皆さん一緒に行きませんか?

( ̄∀ ̄)

私は淡々と真っ直ぐな高速道路は苦手ですが…。

以前の雨でBUELLが、か〜な〜り走行に支障が出ると判明したため、雨天順延です。

本当は10/9、10/10でエビスサーキット走行会とレースなんですが…。

細木数子の占いによると、『三年続いた大殺界の最後の年で、更に停止。体力の衰えを味わう日。』だから今年はキッパリ諦めて来年フルに走りたいなと♪

(^_^;)

なぜか『体力ネタ』で警告されてますが、久々のサーキット走行で体力の衰えを…。

なんか占いが当たったら、サーキットか往復の車移動で死にそうだから、年内はムチャはしないで、死んだ振り死んだ振り♪

下手にジタバタしないで、あと3ヶ月を乗り切ります。

うちの奥さんと知り合った日も細木数子によると『運命的出会いで、すぐに子宝に恵まれる。』らしいです。

今まで結構当たってるから、今年最後の走行会だけど、見送りま〜す(汗)

その代わり、板さんちに遊びに行くから許してね〜

(^_^;)

このページのトップヘ