おお私の神様なんてことだ!

私は貴方を招待出来るように、『Taste of Tsukuba』の主催者と共に努力します。

主催者も貴方に会ってインタビューしたがっているので、必ず実現出来るようにしたいです。