IMG_7734
ドラッグレーサーでフレームからワンオフの様です。

製作したのはMotormania Racingさんで、ターボまで付いてます。

残念ながらニトロのタンクでフレームの詳細なマウント方法は分かりません。

が、作り込みは丁寧でドラッグレーサーとしての安全性は確保されていて、

このフレームでノーマルルックにして十分市販に耐えれそうな作り込みです♪

ターボパワーも受け止めれる様に見えますね〜♪ 本当に素晴らしいですね

IMG_7904
北海道のブラビッシモさんの、KATABUSAです♪

こちらはサブフレームをアルミで作り苦労してそうな雰囲気ですが、

前から後ろから双方がエンジンを押し合う様にして載っていて、

アクセルのオンオフでエンジンが揺れたりしないのでしょうか?

揺れない様にエンジン背面のマウントが必要なのかも知れません。

十勝サーキットを走らせてテストもしてるので大丈夫なのでしょう。

恐らく、オーナーから元に戻せる様にフレーム加工はしないオーダーかも?

若しくは公認車検でなく、ノーマルエンジンで車検を受ける為かも知れません。

ウチは、もう少し純正っぽく専用加工して載せ方を検討したいかな〜

当然、公認車検を考えています。

IMG_7905
コレはフレームに載っけて、マウントはされてない状態です。

この写真はフレームに対してのエンジンサイズのサンプルになります♪

IMG_7906
ボヤボヤな写真ですが、前後のアルミの追加ステーが見えます。

エンジンのリア周りのステーは特に、現物合わせっぽく見えます。

Kawkbusaのマウントよりも華奢な取り回しに見えます。

タンク後方の裏側からも、長〜いアルミのステーが伸びてます。

更に良く見ると、フレーム加工しない様にして、ノーマルのマウント位置で

アルミのステーを伸ばしてフレームとエンジンを接続してるのが分かります。

見た感じは、エンジンをストレスメンバーとして利用してない様に見えます。

GSと同系列フレームに搭載した時のサンプルとして参考になりました。

ウチはフレームを専用マウントでエンジンに合わせてフレームを加工しちゃいます。

ノーマルに戻す選択肢は残さないで進める方が、良い結果を得られそうです。

何も捨てなければ、何も得られない。そんな風に思っています。

やって見ないと分かりませんが、公認車検も何とかなるでしょう。

IMG_7911
ZRX1200(Kawkbusa)フレームの前側のマウントです。

IMG_7910
ZRX1200(Kawkbusa)フレームに強固に固定されてて、綺麗に収まってますねー。

やはり、Kawkbusaは既に何台も量産しているのでよく出来てますねー。

IMG_7912
当然ですがZRX1200(Kawkbusa)のアンダーループには一切マウントが有りません。

同様にGS1000Sのアンダーループにも、エンジンをマウント出来ないので、

隼のツインスパーフレームと同じく後ろと上で固定しなくてはならないかと。

写真で確認する限りエンジン前方下側のマウント候補のステーは使われてません。

強度が無いのかも知れません。

IMG_7894
ある意味鉄製のバックボーンフレームみたいな使い方です。

エンジンの下側にマウントが出来ない作りだから、仕方ありません。

その分、そう言う応力を考慮したフレームの補強が必要でしょう。

サーキットでも、スーパースポーツ並みに走るGS1000Sを狙います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆