image
image
image
image
image
1974年「ボルドール24時間耐久レース」にデビューし、EGLI EK9 & Godier Genoud が見事に優勝を飾った。

と言う情報くらいしか知りませんでしたが、

ドイツの文献によると、(原文転載)
Womit wir schon beim nachsten wichtigen Egli-Kapitel sind: der Kawa-Ara. „Als 1973 die Kawasaki 900 Z 1 auf den Markt kam, ubertraf sie all unsere Erwartungen“, plaudert der Fahrwerks-Guru aus dem Nahkastchen, „zuerst dachen wir, jetzt konnen wir unser Geschaft zusperren, gegen solch ein Motorrad konnen wir nie und nimmer ankommen. Doch als wir mit der Z1 gefahren waren, wussten wir, genau das Gegenteil wird der Fall sein. Damals wussten wir allerdings noch nicht, welch unerschopfliches Potential in diesem Motor steckte.“
Es dauerte nicht lange und es folgten Taten. Das Egli-Racing Team beteiligte sich mit den franzosischen Starpiloten Godier/Genoud im prestigetrachtigen Endurance-Langstreckenrennsport. 1974 gewann das Team auf der Egli-Kawasaki im Prinzip alles, was zu gewinnen war und stand am Ende der Saison als Champion fest.

■自動翻訳
我々は、すでにどれで次の重要なエクリ章でいますか: カワ時代。 「1973年に川崎900 Z 1が市場に出ているようになったとき、それはすべての我々の予想より優れていました」と、シャシー指導者は学校を出て話に話します。「我々でdachenに最初に現在あります、ロックすることができます我々我々の事業(我々が絶対に来ることができないようなオートバイに対する)。 しかし、我々がZ1に伴ったとき、我々は知っていました、正確に正反対は本当です。 そのときに、しかし ― 我々が、これまでに知っていなかった ― このエンジンは、中でなんと尽きることがない可能性であったでしょう。
それは長く続きませんでした、そして、行動はあとに続きました。 エクリ-レース・チームは、評判が高い持久力長距離レース・スポーツにおいて、フランスのスターのパイロットGodier/ジュヌーと参加しました。 1974年に、エクリ-川崎のチームで、原則として、すべては獲得されることになっていたものを得て、チャンピオンとして季節の終わりに確かでした。

なんか翻訳が酷くて分かりにくいですが、要は、

■私の端折った翻訳?
1973年に市場に出たカワサキZ1は我々EGLIの予想を上回るマシンで、Z1のエンジンは素晴らしい可能性を秘めていたので、EGLI Race Teamはすぐにシャーシを作り、フランスのスターライダーGodier Genoudにライディングを依頼して1974年のチャンピオンを獲得した。

と言うことの様です♪ ( メチャメチャざっくり )

image
ヨシムラはカワサキZ1のフレームに限界を感じ、パワーアップされたヨシムラZ1エンジンに対応できるフレームを探していた様です。

そこで、かねてより部品を供給していたスイスのEGLI社に打診し、ヨシムラからはフルチューンされたZ1エンジン5機とEGLI社からはEGLI KAWASAKI EK9のフレーム足回りを1台分を交換するという交渉が成立しました。

写真は1976年当時の雑誌掲載記事です。

image
1976年にEGLIフレームが到着すると、ヨシムラで更にモディファイされ、Z2エンジンを搭載したヨシムラエグリZ2として、1976年の第7回富士FNGCレースでデビュー、その他各地でも大活躍しました。

■主な仕様
フロントフォーク: チェリアーニ、
フロントホイール: エグリ純正
リヤホイール: モーリス4.00インチマグホイール
リアサスペンション: パイオリorマルゾッキ

ヨシムラ EGLI EK9は、加藤昇平氏をライダーとして、ヤマハのTZ750やTZ500等を追い回した記事は、当時のバイク雑誌で驚きと共に語られています。と有ります。

掘り下げてみると面白い史実が分かって、色々な所が繋がりを持ってるんだと感動します。

EGLI カワサキのGodier Genoudは知ってましたが、ヨシムラが取り寄せたりして実験されてたのですね〜♪

ヨシムラ EGLIも知ってはいましたが、エンジン5機と交換したとは知りませんでした。

1975年がZ1B、1976年と言うと、Z1000が既に発売されていて、

国内はD1が出たか?出ないか?

image
1979年迄は、Race CraftersもZ1を走らせていて、1979年にMK2にコンバート。

調べると面白いですね〜♪ すぐに忘れちゃうから記事にしちゃいますが。

こう言うエキゾチックマシンは存在するだけで貴重です♪

私も夢として、EGLIフレームに乗ってみたいものです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆