dc952a47.jpg


q01

◆オートバイ世界選手権シリーズ第17戦 マレーシアGP(23日、セパン・サーキット)

 最高峰のモトGPクラスで、イタリアのマルコ・シモンチェリ(24)=ホンダ=が転倒して死亡した。レースは中止となった。

 2周目の第11コーナーで4番手を走行していたシモンチェリは、コントロールを失い転倒。コースにはじき飛ばされ、6番手のエドワーズ(37)=ヤマハ=に頭から突っ込んだ。救急車でサーキット内の医療センターに搬送されたが、死亡が確認された。

日本人で唯一同クラスに参戦しているチームメートの青山博一(29)は、事故には巻き込まれなかった。

モータースポーツ界では、16日にインディカー最終第17戦でダン・ウェルドン(享年33歳)が死亡したばかり。2週連続で悲劇が起きた。

8223


o0800053310758973475

米ネバダ州ラスベガスで16日に行われたインディカー・シリーズ最終第17戦で15台が絡む多重事故が起こり、英国人ドライバーのダン・ウェルドン(サム・シュミット)が死亡した。33歳だった。

ウェルドンは05年の年間総合王者で、同年と今年のインディアナポリス500マイル(通称インディ500)を制していた。

レースは中止となり、ランキング首位のダリオ・フランキッティ(チップガナシ)が3年連続4度目のシリーズ王者を決めた。

悲劇は11周目の第2コーナーで起きた。中団グループを走っていたジェームズ・ヒンチクリフ(ニューマン・ハース)とウェイド・カニンガム(サム・シュミット)の小さな接触から、連鎖的にクラッシュが拡大。後方を走っていたウェルドンのマシンは前車に乗り上げて空中に投げ出され、衝撃を吸収する特殊壁を越えてフェンスに衝突した。

複数のマシンが炎に包まれて大破する中、事故直後はウェルダンの車体だけにシートがかぶせられた。事態の深刻さは明らかだった。ウェルドンはすぐにドクターヘリで病院に搬送されたが、妻ベウムさん、長男セバスチャン君(2)、生後6か月の次男オリバー君に見守られ、約2時間後に死亡が確認された。ほかにもピパ・マン(ラハール・レターマン)とJ・R・ヒルデブラント(パンサー)の2人が事故に巻き込まれて入院する大惨事となった。

34台が出走した決勝は、1周1・5マイル(約2・4キロ)のコースを200周する予定だった。レースは赤旗終了となり、急きょ5周の追悼走行が行われた。走行中は各チームのスタッフらがピットレーンに整列し、観客席からは拍手が巻き起こった。

すごく残念です…。

明日は我が身なのですが。