☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

2017年09月

98D741B0-F63B-4B0B-BE31-530198996AA9
AE6E5F8E-404C-440C-977D-D3140ED854A0
今となると、最新鋭の油冷がビンテージになって来ましたねー

コレの1100乗ってましたが、ウィリーしまくりでした。

ツーリングにも行って楽しいマシンでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


2BF2CC75-3F5B-4484-998E-B5C3C8114FEA
47EA5BCD-0FC6-46D4-9AD2-629F6C71BEEC
3E23CD0B-4298-4BDE-8208-FF1AB1FF4D9C
DBC50BEC-FEB3-47CC-B223-E8F2C60DDBF3
F9D85D0E-EB74-4BC1-A432-31DDCC7ED7BD
899B9660-9C5F-4C17-98A4-A6735E5ACEEE
BE4A8F15-B3E3-4360-9A2A-E83BE0ED408D
CC1D3501-3E3C-4746-BC7D-9A41F4D94E41
310E7D3C-3584-44C5-B1DD-E355994C7AF2
2B0BC61F-D294-4CB9-966C-C9CA7BF424A9
7CC4D5DF-DF22-40C3-AD06-1FF821E34C5C
C3C736CB-B098-4C7B-9BF7-6D96F1C18E29
11D46629-98B3-45D2-ADDE-4A5A014DBD11
F716DE4B-6B7F-408B-97EE-69E3CD6D69E9
D62F4067-85E5-4868-BEFE-F20EFDCBE97A
先日のオーバーレーシングのCB500Fourに続き、

2台目がリリースになりました。

こちらも完全なレーサーですが、買えます!

問い合わせはオーバーレーシング迄!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


13A6F217-56B5-44F5-AF47-C5C99F9F8962
FECDE379-B460-425F-B090-3EB214C63C94
0A0F5484-2970-4B16-B6FB-452B72C2D3D8
27C3943D-2D89-427C-8875-74A184DB53A8
B08BC6B9-802C-4FA5-AB09-9CBE67CF620B
449FD6A4-3F74-41BD-9E87-C007FFDB6ACB
6B9637F9-29BF-4A91-830E-30DEDFC11539
EC041BAA-7121-459E-B65F-F4DA877A85EE
311303E3-E62A-4BC8-8D23-BD889511A45F
A0828A87-A29B-402F-A5D2-680CD57DB16F
49BA0C53-3C99-47C3-AACE-B70572CCF3DF
413DB5EE-ED3C-4707-AEF8-584D6E2A11C6
D2D02C8B-3329-4A36-9641-B45A840480F0
凄いですね〜

オーバーレーシングがH2Rを蘇らせて、

LOCに参戦しています!

しかも、購入可能!

問い合わせはオーバーレーシング迄!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


0196EEF3-509A-41BD-9751-50E2C0387EA8
9AD015B5-9F08-4A91-A95C-B26F312E93B0
2098BDE4-136A-446A-853F-0320A945EB30
385C4BF7-7808-452B-BDB7-A4C83A93D432
A74AD7D9-29EC-469D-8988-919D1D95DACD
4D6A5EB4-35A0-448E-BFB5-120B507E5EA9
9478D718-8AD6-4819-A2C7-5353041F75DD
1F961A55-1597-4EB6-BB8A-9EA1E21D3A6C
CF6C024B-789F-4C39-8B6F-8F8E73F6A7CE
B4E5EFC3-E050-43EB-85F8-1EEC55F7B82D
F2F1A01D-5F45-4F4E-988C-1D4731E356B1
1D25F684-AD92-485D-83E1-B33283635A90
あの宮城選手が、ソルトレイクに!

しかもマシンはCB750Four!二機がけ‼︎

レーシングスピリットを失わない凄さ!

素晴らしいですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5931
IMG_5932
IMG_5933
オーバーレーシングからH2Rが発売されました。

買える事は素晴らしいけど、

私が買える金額では無い事は悲しい😭

問い合わせはオーバーレーシング迄!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_4378
IMG_4379
IMG_4377
IMG_4387
IMG_4384
IMG_4385
IMG_4386
IMG_4383
IMG_4381
IMG_4382
IMG_4380
オーバーレーシングの製作したCB500レーサーです。

購入可能です! これ欲しなー。

問い合わせはオーバーレーシング迄!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
image
image
image
714326fc.jpg
image
94620daa.jpg
image
image
image
image
image
image
image
image
663801bc.jpg
9c62b643.jpg
c93cba32.jpg
9dec992b.jpg
image
image
image
image
image
image
image
image
Gary Fisher YOSIMURA CR750です。

タンク&シートを早く制作したいです。

シートはワンオフしか無さそうですが。

やっぱりレーサーが一番好きですね〜

車体も工夫してバランスの良いマシンを目指します。

IMG_8877
IMG_8872
IMG_8869
IMG_8868
IMG_8871
IMG_8870
IMG_8876
IMG_8875
IMG_8874
IMG_8873


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったらポチッと押してください♪☆


IMG_9103
IMG_9102
IMG_9100
IMG_9101
IMG_9099
IMG_9097
IMG_9098
いいですね〜

XRは色褪せないですね〜

アメリカから仕入れたいマシンです。

モノサスXRで走って見たいですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_6142
IMG_6146
IMG_6144
IMG_6141
いーですねー

部品が無いのが困りますね〜。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


203aa029.jpg
クラフターズのマシンと並んでますね♪
596d2d7e.jpg
やはりヤンキー乗りなMike Baldwin♪
bf3f7699.jpg
KR750で走るMike Baldwin。
9c43304a.jpg
ダートの影響か、初期のMike Baldwinはヤンキー乗り♪
20bf4f01.jpg
Mike BaldwinのKRとMK2
c1be8cf7.jpg
この写真ではレイダウンは無し。
73f1e054.jpg
これはレイダウンしているMike Baldwin車。
----------------------------------------------------------------------------------
Mike Baldwinのカワサキ時代の写真です

MK2も良いな〜

何となくこの頃はヤンキー乗り?

当初リアサスはLowson同様にレイダウンしてません。

同時期にテストしたFreddie SpencerのMK2はレイダウンされてました。

アルダナもレイダウンは無し。

ん〜

当時はモリワキチューンだったみたいだから、

後期レイダウン車なのはモリワキフレームなのか?



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったら押してください♪☆

テイスト・オブ・ツクバ共通車両規定

1.すべての参加車両は、テイスト・オブ・ツクバ共通車両規 則書および各クラスの特別規定に適合していなければな らない。 但し、各クラスの特別車両規定に示された部分については クラス別規定を優先すること。

2.公式車検で危険と判断された車両は走行できない。

3.改造規定に適合しない車両、性能に著しく差が生じる車 両、又は新機種については、組織委員会または審査委員会にて、随時クラス分けや制限を加えることがある。

車両は、安全のために次の各項の全てを満たしていなければならない。

●メインフレームの基本骨格の定義
基本骨格とは路面からの入力を受け止めているシャーシー部分、 すなわちヘッドパイプからリアショックブラケット(マウント) までとする。

補則1:したがって1本サス車両などのサブフレーム(シートレー ル)部分は、溶接・ボルトオンに関わらず基本骨格には含まれな い。判断のつきづらい物については事務局にて判断される。

補則2:センターパイプの種類によっては基本骨格から除外する 場合がある。

図Aは主に2本サス仕様の車両の説明図
IMG_8485

(1)ブレーキ 車両は前後輪にそれぞれ独立した有効なブレーキを備えなけれ ばならない。

(2)リム及びホイール リムの最低直径は16インチとし、最大リム直径は19インチまでと する。

(3)ハンドルバー
.魯鵐゙ルの端から端までの幅は450mm以上なければならない。
▲魯鵐゙ルの回転角度は、左右それぞれ15度以上なければならな い。
ハンドルを左右いっぱいに切った時、ライダーの指を挟まない ようにハンドルバーと燃料タンクとのクリアランスは30mm以上あ ること。
ぅ゙リップ部及びレバーとカウリングとのクリアランスは20mm以上 あること。

(4)スロットルコントロール スロットルコントロールは、手をはなすともどる方式でなければ ならない。

(5)コントロールレバー クラッチレバー及びブレーキレバーの末端は、直径が19mm以上の 球状で、容易に取れたり外れたりするものであってはならない。 又、このボールを平たくすることも認められているが、いかなる 場合においてもその端部に丸みを持たせることが必要である。 (この平たくした部分の厚みは少なくとも14mmとする。) コントロールレバーの長さは、ピボット点からボールの端まで 200mmまでとする。

(6)フットレスト及びペダル
.侫奪肇譽好箸論泙蠅燭燭濕阿゙もよいが、この場合は自動的に元の位置に戻る仕組になっていなくてはならず、その先端に突起物があってはならない。
▲侫奪肇譽好箸゙折りたたみ式でない場合、その先端を最低半径8mm以上の球状に丸められていなくてはならない。 ※転倒の際の路面保護の為、先端をプラスチックやテフロン等の樹脂製とすること。
フットレストは、コントロール・ペダルの操作がしやすい位置になくてはならない。

(7)エキゾーストパイプ・サイレンサー
’啜い倭瓦銅嵶召慮緤に排出されなければならない。但し排気がほこりを立てるように排出されたり、タイヤやブレーキを汚したり、後続のライダーに迷惑を与えないようにしなければならない。
▲┘ゾーストパイプ後端部は、車両のセンター軸と水平かつ平 行に近いものである事が望ましい。また、リヤタイヤの最後端垂直接線より突出してはならない。
エキゾーストパイプおよびマフラー(サイレンサー)は、走行中脱落しないように必ず一箇所以上をステーで固定し、リベッ ト・ボルト・ナット等で確実に装着すること。

(8)音量規定
音量は下記固定回転数方式で、※105db/A以下とする。 レース終了後は、3db/Aの許容誤差が認められる。 計測のためのマイクロフォンの位置は、排気管後端から500mmで、かつ中心線から後方45°で排気管と同じ高さとする。但し、高さ が200mm以下である場合は45°上方の点で行う。
IMG_8486

(9)プロテクティブコーン プロテクティブコーンの取り付けは可。その場合コーンの突き出 し量は、カウリングの表面から20mm以上突き出してはならない。
コーン先端は半径10mm以上に丸められていること。 カウリングを持たない車両への取り付けに関しては、十分安全に 留意すること。安全性についての判断は車検長に委ねられる。

(10)カウリング カウリングを使用する場合は、次の条件を備えたものでなければ ならない。
.織ぅ笋鮟く前輪は両側に明瞭に見えなければならない。
∩偉悗亮崋瓦鯆未訖眄の100mm前方から後輪の車軸の垂線の間になければならない。
カウリングの下端と地面との間隔は100mm以上でなければならない。
ぅ薀ぅ゙ーが普通に乗車した状態で、ライダーの両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えなければならない。ライダーの顔 面または、そのヘルメットとカウリング(ウインド・スクリーン を含む)との間100mmとする。
ジ緤に面しているカウリングのいかなる部分も、その端部を少 なくとも半径3.5mmの丸みを持たせなければならない。後方に面 しているウインド・スクリーンの端部にはガードを施して切り 傷を負う恐れのないようにしなければならない。
Ε┘▲侫イル又はスポイラーは、それらがフェアリング又はシ ートの不可欠部分である場合に限り、取リ付けることが出来る。 これらの装置の幅は、フェアリングの幅をオーバーしてはなら ず、又、その高さはハンドルの高さをオーバーしてはならない。 ふちのとがった部分は少なくとも8mmの丸みをもたせなければ ならない。
Ь綉の適用を避けるための透明な物質を使用することは出来ない。
┘ウリング前端部(ゼッケンプレート部)の傾斜角度は垂直面から後部へ30°以上あってはならない。
後輪の可視範囲後輪のリムは後輪の垂直線の後部円周180°にわたって明瞭に 見えなければならない。
IMG_8488
(11)フェンダー フロントフェンダーは、取り付けられていなければならない。 カウリング仕様車の場合は取り外しは可能だが、ブレーキホース とフロントタイヤの接触(フロントフォークの伸縮を考慮)に細 心の注意を払うこと。

(12)オイルドレンボルト 全てのオイルドレンボルトは確実に締め、ボルトは安全のために ワイヤーロックをしなければならない。オイルフィルターカート リッジもワイヤーロックをしなければならない。
IMG_8487


(13)供給パイプ
’・圧力のかかる全てのホース、パイプ類は耐圧、耐熱、耐油のものを使用すること。
▲イル供給ホースは、金属製のホースバンドで確実に固定し、それをホース挿入方向にワイヤーで引っ張ること。又、ホース ジョイントはフレア加工(抜け止め)の施してあるものを使用す ること。
※油圧のかかるホースは、ねじ込み式ニップルで接続することを 強く推奨する。

(14)燃料タンク 燃料は、車両にしっかりと固定されたタンク内に収めるものとす る。その材質は原則として金属製とする。 シート・タンク及び補助タンクの使用は禁止する。(メーカー純 正品は除く)尚、出荷時より樹脂製タンク、アルミ製タンクを使 用する場合は、必ずバッフルスポンジ(防爆材)を充填すること。

(15)燃料キャップ、オイルフィラーキャップ 燃料、オイルフィラーキャップは、閉じた状態で漏れる恐れがあ ってはならない。さらに、いかなる場合においても誤って開くこ とのないように、安全にロックされていなければならない。

(16)燃料タンクブリーザーパイプ 燃料タンクブリーザ一パイプがついている車両及び、燃料タンク ブリーザ一パイプを取り付ける場合は、ノンリターンバルブを取 り付けなければならない。これらは適切な材質の最小限容量 250cc以上のキャッチタンクに排出される構造になっていること。

(17)フュエルポンプ 電動フュエルポンプを使用している車両は、転倒などの際に自動 的に作動するサーキットカットアウト(回路開閉器)を介して配 線されていなければならない。

(18)燃 料 競技会参加者の使用できるガソリンは、一般公道用の市販車に供 するため、通常のガソリンスタンド、又は各公認サーキットのガ ソリンスタンドで購入できる無鉛ガソリンとする。競技に使用す るガソリンには、販売時に混入されている以外のいかなるものも 添加されてはならない。但し、一般に販売されるスタンダードの 潤滑油及び、1.5%以下のアルコール(燃料精製中に混入されるも のに限る)については認められる。

(19)オイルキャッチタンク
〜瓦討亮嵶召蓮▲゙ヤーボックスブリーザーの250cc以上、エンジンブリーザーの場合500cc以上のオイルキャッチタンクを装着しなければならない。
▲゙ローバイガスの最終排出口はエアークリーナーボックス内に放出しなければならない。尚、エアークリーナーボックスを取 り外した場合、排出口はキャブレター吸入口の中心から45度、 100mm以内に設置しなければならない。
エアークリーナーボックスが、吸気およびキャブレター、その 他の開口部より下部に最低500cc以上のオイルを収容できる容 量がある場合にはキャッチタンクとして利用できる。
づ湘飮に容易に脱落したり破損せず、高温に耐えられる材質の ものでオイルがこぼれないように確実に取り付けなければなら ない。又、競技前には必ず空にしておかなければならない。

(20) 4サイクル車のエンジンブリーザーシステム
IMG_8489

(21)ラジエーターリザーバータンク
水冷式車両は、250cc以上の容量のラジエーターリザーバータン クを取り付けること。

(22)取り外さなければならないもの
.薀ぅ販(飛散防止処理が完全に施されていれば可)
▲゙ックミラー、スタンド類、荷台、公道用ナンバープレート
その他、車検時に安全上取り外しを指定された部品

(23)取り付けなければならないもの
.譟璽好゙ッケンプレート ゼッケンプレートは、前面に1枚、左右にそれぞれ1枚ずつ装着し明確に識別できなければならない。
サイドゼッケンの位置は、ライダー乗車位置(お尻)より後ろで なければならない。すなわち、サイドカバーへの装着は禁止さ れる(補助的に貼り付けることは除く)。また、シートトップゼ ッケンも不可とする。但し、フルカウリング仕様でゼッケンナ ンバーの視認性が良いと判断される車両に関しては例外とす る。尚、ゼッケンプレートの大きさの目安は、左右275mm以上、 上下200mm以上で、市販のものかエンビ、アルミ、スチール製 のプレートを使用しボルト(直径6mm以上)、ナットで2箇所以 上取り付けること。形はシャープエッジ等危険性のないもの。 またナンバープレートを装着する代わりにボディーまたはカ ウリングに同寸法のスペースをペイントすればゼッケンベー スとして使用できる。
IMG_8490

▲゙ッケンナンバー 字体は、FuturaHeavyを基本とするゴシック体とする。車検長の 判断により解読不可能とされた場合には随時修正のこと。ナン バーは2桁まで(0から始まらない)とする。
但し、有料にて例外を認める場合がある。
※ゼッケンプレート及び、文字の色指定。
IMG_8491
(24)ワイヤーロック
^焚爾両貊蠅砲蓮必ずワイヤーロックを施さなければならない。 尚、ワイヤーは0.3mm以上のものを使用すること。
a.エンジンおよびミッションのドレンボルト
b.オイルフィラーキャップ及びオイルレベルゲージ
c.外付けオイルフィルターエレメント(カートリッジ)
d.オイル圧力ライン(供給ホース)の取り付け部
25頁(13)参照
e.前後ホイールスピンドル・ナット
※ワイヤーロックが不可能な場合は、割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていること。
以下の場所には、ワイヤーロックまたは割りピン・ネジの緩み 防止剤等のゆるみ止めが施されていることが望ましい。
a.オイルエレメント(インナー式)、取り付けボルト・ナット
b.前後ブレーキキャリパーの取り付けボルト
c.フロントフォークオイルドレンボルト
IMG_8492
(25)車両の傾斜角
車両の傾斜角度は無負荷でタイヤを除き、どの部分も接地することなく垂線に対して50°傾斜させることが可能でなければならない。

(26)部品の最後端
いかなる部品もリアタイヤ最後端垂線より後ろに突き出してい てはならない。

(27)水冷エンジンの冷却水
水あるいは水とアルコールの混合物に限られ、クーラント液の使 用は禁止される。

(28)次の部品は使用が禁止される。
〜瓦討硫甬訌置の使用。但し、F-ZEROクラス及びF-ZERO EXTRA クラスに限り、メーカー市販時に標準装備され、純正部品を使用したモーターサイクルはこの限りではない。(特別規定に記 載する)また、HERCULESクラスはこの限りではない。
▲侫譟璽燹▲侫蹈鵐肇侫ーク、スイングアーム、ハンドルバー、 ホイールスピンドルにチタニウムの使用。 ※チタニウム合金製のナットとボルトの使用は許可される。
ホイールスピンドルに軽合金の使用。
ぅフロード、モトクロス、トライアルタイヤの使用。

(29)キルスイッチ
全ての車両には、始動しているエンジンおよびその他の全ての電 気部品を停止することのできる効果的なイグニッションキルス イッチまたはボタンが、ハンドルを握った状態で手の届く位置に 取り付けられていなくてはならない。

(30)危険防止
危険及び、迷惑をおよぼすような改造をしてはならない。公式車 検において危険と判断された車両は出走できない。

(31)タイヤ
一般市販されていて通常のルートで購入できる一般公道用オンロ ードタイヤのみ使用可。但し、摩耗限度を超えた物、及びグルー ビング・カッティング等の加工を施した物の使用は禁止される。
また、ウエット時に限りレーシングレインタイヤの使用が認めら れるが、スリックタイヤにグルービング・カッティングを施した 物の使用は禁止される。

(32)チェーン・スプロケットガード
チェーンとリヤスプロケットの間に、身体の一部が誤って挟まれ ることの無いように、スプロケットガードを取り付けなければな らない。(MFJ国内競技規則技術規則参照) フロントスプロケットには、カバーが施されていることが望ましい。
IMG_8493

-----------------------------------------------------------------------
IMG_8494
IMG_8495
IMG_8496
IMG_8497
IMG_8498
IMG_8499
IMG_8500
IMG_8500
IMG_8501
IMG_8502


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

cb750k1_rider_dream-img600x450-1487864180pf1hko20233
cb750k1_rider_dream-img600x449-1487864180ya4x2s20233
1487908341008
1487908293869
1487667423767
1977年式、XLCR1000の中古車です。

走行は28,000kmですが、エンジンはオーバーホール済みです♪

オーバーホール後、ほぼ未走行です。

予備検査を受けてからの引き渡しです♪

詳細は、綿貫さんまで。0332684993

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



2e94320c.jpg

ae967bb6.jpg

1b0117fa.jpg

いよいよウォーターポンプが終わりました。

ラジエーター周りが怪しいです。

一通りメンテナンスの時期なんでしょうねー。

A^_^;)


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったら押してください♪☆

IMG_6025
IMG_6024
IMG_6023
IMG_6022
IMG_6021
IMG_6020
次回のテイストにイエローコーンさん出ますよ。

期待ですねー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5970
IMG_5969
IMG_5968
IMG_5965
IMG_5963
IMG_5964
IMG_5967
IMG_5971
IMG_5972
SSP FactryにてCB900Fレーサー引取りしました!

•フロントスタビ改良?
•スイングアーム70丱轡隋璽伐湛
•スイングアームスタビ再制作
•サスマウント再設置
•リアサスマウント作り直し
•リア周りアライメント全やり直し
•チェーンライン修正
•リアホイールチェーンライン変更
•ゼッケンマウント溶接で再設置
•チェーンスライダーの一時切除
•その他細々修正。

これから通常整備とクラッチ交換、バルブクリアランス調整、チェーン装着、チェーンスライダー装着、オーリンズのリアサス交換します。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5925
IMG_5923
IMG_5922
IMG_5921
IMG_5941
石神さんのマシン良いですね〜

真似したい部分が沢山有ります。

緻密かつ、非常に手を尽くして作られています。

甘さが無くて素晴らしいです。

勉強になります!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5932
IMG_5931
IMG_5933
オーバーレーシングからH2Rが発売されました。

まさか売りに出すとは!

買える事は素晴らしいけど、

買える金額では無い事は悲しい😭

問い合わせはオーバーレーシング迄!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5832
テッペーさんから、ニッキーヘイデンの写真集が届きました!

アメリカンナイズな作りの写真集です!

欲しい方はお急ぎください!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5976
某有名イラストレーターさんに描いていただいてます!

嬉しいですね〜!

完成したら、#88 Robert Pietori選手本人にも送ってあげよう!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5763
IMG_5764
IMG_5765
IMG_5766
IMG_5767
IMG_5768
TR1のレーサーです!

コレは当時憧れてました。

マイナーですが、軽快そうで欲しいマシンでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5848
腰塚さんのコンビーフ!

美味しいんです〜(笑)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5493
IMG_5494
IMG_5495
IMG_5496
IMG_5497
IMG_5498
1982年のTransatlanticでの写真です😌

#88 Robert Pietori選手がRGB500に乗りました!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5716
IMG_5715
このくらいの時期のも憧れてましたねー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5605
IMG_5736
テッペーさん!

お誕生日おめでとうございます🎉

いつまでもウイットに富んだお話と素敵な笑顔を振りまいて下さい!

生涯現役でありたいですね〜🤗

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5682
IMG_5683
この二台は、悪魔的改造なんて載せられてますが、

私は理に適ってるコスパ重視の改造だと思っています。

1枚目の軽トラを3輪車に改造と書いてありますが、

コレは大昔のオート三輪のキャビンが朽ちたので、

仕方なく軽トラの解体車からキャビンを移植して、

手軽に直してある。部品も無いでしょうからね。

2枚目は、軽トラをブルドーザーに無理矢理改造と書いて

ありますが、見ての通りでトラクターに除雪アタッチメントを

取り付けたが、除雪するには寒すぎるので、

仕方無く、軽トラの解体車からキャビンを頂いて、

トラクターに上手いこと載せた。

コレで吹雪の中で除雪が出来るって物です。

ヒーターか、石油ストーブが乗せてあるのかも知れません。

機械を理解しない人には悪魔的改造だと思うのかもですね。

骨格を考えて、軽トラをオート三輪に改造するのは相当な技術と

コストが掛かります。

ケチって一輪減らした。なんて事にはならないです。

軽トラをブルドーザーや除雪車にするのも然りです。

極めてアジアンチックな香りはしますが、如何に安く快適に。

世の中の出来事も、これに似てるのかもですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_7601
大昔にH2、CB1100Fと一緒に日本に入れようとしたGS1000S。

なんかGS1000Sってフレーム番号分けされてないんですかね?

スポークだし、怪しい車両でしたね〜😌

GS1000Sのフレームが二本あるけど、

本当にGS1000Sなのか確認出来てません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆




IMG_5700
ウチの先輩の熊さんが乗っていたGS855にそっくりなのを見つけました。

スポークも味がありますね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


7f7862e4.jpg

昔、私がつけていたヤマモトレーシングのモナカ管です

IMG_7591
IMG_7590
IMG_7589
IMG_7587
CB750FC(青白)に付けてました

ヤマモトレーシングのモナカ管は、エンジンの真下を通るマフラーで、前半分はスチール、後ろ半分はアルミでした。集合部のピラミッド構造は本当に指で触ったら切れるか刺さるか?って位に尖っていて綺麗な作りでした

かなり軽量で見た目も大好きでしたが、真下を通るだけに街乗りでは腹打ちが酷く、せっかくのピラミッド構造も2、3番が潰れてしまい、モナカ合わせも何回も左右に割れて、10回くらい溶接したりして使いましたが、ついには腹下が擦り切れてしまいました

仕方なく先輩から5万円で譲って貰ったCB750FZ(青)のモリワキチューンのプロダクションレーサーについていたサンケイ管に付け替えましたが、やはり真下を通すから、腹打ちは避けれませんでした。

IMG_5627
サンケイ管は、集合部分はダイキャストで両サイドには冷却フィンがあり、内部はヤマモトみたいなピラミッド構造になっていて、腹打ちしても潰れたりはしませんでしたが、エキパイの差し込み部分が薄いので、徐々に欠けたり割れたりしました

IMG_7602
だんだん割れが広がり、エキパイがグラグラして共振し始めたので、ストックのモリワキ車両から剥がした耐熱ブラックのモリワキの直管にしたら、今度は右コーナーで擦りまくり

見た目チューンで遭えなくチェンジ

IMG_7592
IMG_7583
IMG_7582
IMG_7585
JMC管は、クロス管でZ650LTDのノーマルマフラーに似てましたが、見た目がダサいからすぐに却下

IMG_7594
IMG_7593
しばらくメッキのモリワキ管で我慢してましたが、

IMG_7604
斉藤仁さんのメカニックの佐藤さんに作って貰った佐藤レーシング管を650LTDに装着。

コレもかなり良かったですが、反対車線を逆走してきた暴走車両に正面衝突してオシャカ

IMG_7596
IMG_7597
貰ったヨシムラサイクロンのメッキは静かで割と寝かしても擦らなかったけど、水平マフラーで、見た目がダサいからやっぱり却下

KERKERメガホンも、やはりタダで貰ったけど、使い勝手は一番無難でしたが、既にサビサビで数年で集合部分から崩壊しました

バンスのメッキは新しく買ったCB1100Fについてきたけど、カーカーと見た目は似てて、集合の仕方が違って、ベラスコ管みたいにしてました

ミズノさんのゼス管を特注して、スペンサーのマシンのサンプル写真を大量に送り、何回も打ち合わせして、腹下を真っ直ぐにして、テールを一気に曲げてハネ上げて、かなり本物のベラスコ管に近づきまたしたがコイツもサーキットでは右で擦りまくり

IMG_0684
IMG_0717
結局、SSP Factoryさんのワンオフマフラーとなりました(@^ー°)b

今のマフラーは擦らないので安心です!



いろんな集合を使いましたが、音質はヤマモトレーシングか、モリワキ管かな

モリワキは音が少し割れた感じになりましたが

A^_^;)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5592
こう言うコムスターホイールはもうPMとかで生産してないんですかね?

見当たりません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5553
IMG_5550
IMG_5554
IMG_5549
IMG_5551
IMG_5509
IMG_5508
ハーレーダビッドソン2018年全33モデルの詳細が明らかになった。注目はまず『ローライダー』ら旧ダイナファミリーがフルモデルチェンジされ、シャシーとエンジンを一新したことだ。

ローライダーは1992年以来、オーソドックスなツインショックを備える「ダイナフレーム」を骨格としてきたが、リアショックを車体下へ隠すように水平配置する新設計の「ソフテイルフレーム」に変更。

剛性を65%向上しつつも軽量化を果たしたスチール製フレームで、シャーシ全体の剛性も34%アップしている。

そしてエンジンも「ミルウォーキーエイト107」という最新Vツインに換装。従来1689ccだった排気量を1745ccに上げ、2バルブを4バルブ、ツインカムをワンカムにしたニューパワーユニットだ。

最新ラインナップでは「ダイナファミリー」が姿を消し、『ファットボブ』と『ストリートボブ』が新型ソフテイルフレームを採用し、新たにソフテイルファミリーに加わった。

新生ソフテイルファミリーもまた全モデルで「ミルウォーキーエイト107」エンジン(排気量1745cc)を新採用し、『ファットボーイ』『ヘリテイジソフテイルクラシック』『ブレイクアウト』『ファットボブ』では排気量1868ccの「ミルウォーキーエイト114」搭載車も選べる。

そして限定版となる『Custom Vehicle Operations(CVO)ファミリー』には、史上最大の排気量1923ccを誇る「ミルウォーキーエイト117」が積まれ、ますますプレミアム感を増しているのも見逃せない。

2017年モデルで一足早く「ミルウォーキーエイト107」を搭載していたツーリングファミリーでは、『ストリートグライドスペシャル』と『ロードグライドスペシャル』にブラックアウトされたダークカスタムバージョンが登場した。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


このページのトップヘ