☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

2016年02月

56c05d58.jpg
08ea7dcf.jpg
image
image
image
image
Roberto Pietriは1979年はヨシムラからGS1000でAMAスーパーバイクにとF1に、自費でTZ250とTZ750で参戦してました。


image
Roberto Pietriは親しみ易い性格と人の良さで交友関係が広く、あのBarry Sheeneとも1979年のシーズンオフに、自分の個人所有するベネズエラの島に招待して、一カ月も豪遊接待したらしいです。


image
7389001d.jpg
4413abc8.jpg
そのお陰かは不明ですが、1980年にはAMAスーパーバイクにはアメホンのCB750FとRS1000で参戦。


image
image
同年、Barry SheeneレーシングからRGB500を駆りレースに出ています。

今の、Moto GPのKarel Abraham的なベネズエラのお金持ちだったらしいです。


image
82f8ff5e.jpg
230ad7ef.jpg
987485e2.jpg
77741132.jpg
3
image
1981年もアメホンのCB750FとRS1000(形状的にモリワキレーシングの鉄フレームか?)で戦いました。

この年にRoberto Pietriは鈴鹿の8耐に来日しており、ジョー美藤、Mike Velascoの繋がりでヨシムラ経由で?モリワキレーシングと繋がりを持って、1982年シーズン前にモリワキレーシングのアルミフレームをアメホンが手に入れたと推測されます。


image
image
1981年のシーズンオフには、Marco Lucchinelliと仲良くなり、後にイタリア国籍も取得し、

息子に、Robertino Pietriというイタリア人っぽい名前を付けます。

更に息子にもイタリア国籍とアメリカ国籍を取ります。


4298c2e9.jpg
image
image
882bf644.jpg
2be134c5.jpg
1b8407c1.jpg
image
1982年にはMarco LucchinelliレプリカのグローブをしてAMAスーパーバイクをCB750Fで走り、


ab6c72cd.jpg
image
image
image
1982年のF1はモリワキ製のアルミフレームのRS1000で走りました。


fe5c3b8f.jpg
1982年のトランスアトランティックにはBarry Sheeneと同じナンバー#7を付けて背面点火で走りました。


2b02e617.jpg
7d7de6f1.jpg
image
image
image
1982年の鈴鹿8耐は、モリワキ製のアルミフレームのRS1000で参戦しています。

8耐の写真と帰国時に日本の某所に廃棄されガラクタに埋まってしまったRoberto Pietriのモリワキアルミフレーム車。 今はイギリス人が買い取り、イギリスに有る模様です。レストアが終わればクラッシックレースに出てくるのか?


vf750
Pietri_83_02
image
image
1983年はアメホンからではなく、VANCE&HINESからVF750FRK(RC15)でAMAスーパーバイクに参戦。


image
image
8a6aa62a.jpg
image
翌1984年はRoberto Pietriレーシングとしてプライベート参戦しています。

掘り下げて行くと面白いですね♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
Roberto PietriのCB750Fです。

1枚目は、奥の方に黄色と赤のアメホンデザインのBatesのツナギのRoberto Pietriが見えます。

彼は凄く社交的で周囲にも親切で優しかったらしいですが、ここ一発は速かったみたいです。

リタイヤ率も高かった様ですが、Ronald Haslam(Ron Haslam)の様なロケットスタートが得意でした。

目立ちたがり屋だったらしく、シンプソンのM30に変な色の組み合わせのアメホンデザインのツナギや、両脇に羽の付いた帽子やらピットでも人気があった様です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
Wes CooleyのベッターカラーのGS1000です。

何となくヨシムラ フィッシャーに通じるカラーに感じます。

下から2枚目は、Wes Cooleyのマシンなのですが、

ライダーは違う様です。マイクロロンのツナギはSCHLACHTERって書いてあります。

どうやら、1980年のAMA250ロードチャンピオンRICH SCHLACHTER選手らしいです。

全然知らないけど。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
偶然懐かしい映像が。

ベッターのタッサいカウルが印象的でした。

■Purple Rain 動画■

image
image
今思うと、ヨシムラのベッターと連動してた?

もう時期を忘れちゃいましたが。

こちらは1984年とかだったかも知れませんね〜

因みに、私はプリンスコラボのバットマンが一番好きでした。(1989年?)

■Batdance■

■バットマン■

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
Buell S1の中古車です。

3オーナーで、私が以前乗ってた車両です。

フレーム補強、X1スイングアーム、カーボンリアフェンダー、軽量ミニウインカー

HSC42mm&K&Nエアクリ、VANCE&HINESマフラー、新品タンク特殊対策塗装。

アールズ大型オイルクーラー、別体式ETCも付いてます。

とてもパワフルで扱いやすいです。220km/hまでは確認済みです。

サーキットを走らせるなら、フロントをWディスクにしたほうが良いでしょう。

ハードに周回し続けると、恐らくフェードすると思われます。

私は、リアサスをスタンダードな2本サスに改造したかったです。

綿貫早輪社
〒112-0014
東京都文京区
関口1-18-9
0332684993
sourinsya@m8.gyao.ne.jp

までお問い合わせください。

コンパクトで非常に乗りやすく、速い車両です…。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

4958eccd.jpg

65fea9e2.jpg

f3a207a3.jpg

9e406c62.jpg

b571a4ba.jpg

16b51302.jpg

e8e1e888.jpg

68a635c8.jpg

bdb5a370.jpg

ecc6c809.jpg

希少なRC30の中古車出ました。

前後HRCの17inchマグホイールが入ってます。

もちろん、車検用ノーマルホイールも有ります。

前後タイヤは新品。 FRPシングルシート付き。

新車からずっと綿貫早輪社がメンテナンスしてる、

身元が確かなRC30なんて、もう出ないのでは?

A^_^;)

このチャンスに是非とも乗ってあげて下さい。

綿貫早輪社
〒112-0014
東京都文京区
関口1-18-9
0332684993
sourinsya@m8.gyao.ne.jp

までお問い合わせください。

真面目に、二度と出ない車両です…。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
1980年の#19 Freddie Spencerと

#88 Roberto Pietriのツーショットです♪

どちらも若いですね〜

ブルーマグナムの4本引きに、ステムに固定されたゼッケン

ディープオイルパンが特徴です。

シーズン中にドライサンプに変わりますが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



image
0f9b93c1.jpg
72e7c8ad.jpg
懐かしいマシンのポスターです♪

偶然、昨年末に大観山でも見ましたが。

Turbo TCとか本当に希少車ですね〜

と言うより、このポスターのBellのヘルメットの方が

如何にも当時風ですね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
■Godier Genoud走行動画■

Godier Genoudの珍しい走行動画です。

フランス語の実況が入ってます。

やたらとGodier Genoudが速いです。

当時の映像はなかなか見れません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
David Emde選手と言うと、BMW R90Sを駆り、

初期のマルチエンジンと互角以上に渡り合った時代と、

ヨシムラGS1000で走る姿を思い出します。

後にBOTTも走り、2003年に交通事故で亡くなるまで

現役レーサーとして活躍しました。

最初の写真は、#19 Freddie SpencerとCB750Fが雨のレースで

#56 David Emdeに千切られた時の写真です。(ゼッケンから推測すると1981年?)

David Emde選手は、雨のレースにも強かったらしいです。

この時期になるとGS1000SもCB750Fも出てきて、

かなりマルチが速かったはずなのですが…。

1981年のビデオ撮影では、David Emde選手はヨシムラのGS1000を駆って

ラグナセカで撮影ししています。

なら1980年か? でもFreddie Spencerは#19をつけてますね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
珍しいビデオ撮影中のRoberto PietriのCB750Fと、Randy Mamolaの写真です。

■DUKE Fast #Freddie■

このVHSとDVDを持っていますが、本当に大好きな映像です。

■1985年 Daytona 200mile■

■1986年 Daytona 200mile■

■1986年 Daytona 200mile□

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
1983年〜1985年のRoberto Pietri車です。

Roberto Pietri選手は1983年からRoberto Pietri Racingを再開し、

プライベーターとして参戦します。

■大挙して参戦したVF750F(RC15)RKの動画■

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
1983年~1985年位までに大挙して現れたVF750F(RC15)軍団。

当時のビデオを見ると、VF750F(RC15)だらけなのが分かります。

#19 Freddie Spencer、#43 Mike Baldwin、#11 Roberto Pietri、

#28 Steave Wize、#9 Wes Cooley、#40 David Aldana、その他大勢でした。

(#84 Fred Merkel、#3 Ricky Graham 他をその他大勢と言って良いのやら…。)

兎に角、メチャメチャ沢山のVF750F(RC15)が参戦してました。

■大挙して参戦したVF750F(RC15)RKの動画■

#19 Freddie SpencerはAMA スーパーバイクはDaytonaのみの参戦。

WGPの合間にチョロっと顔を出して、優勝して帰る感じでした。

1985年になると、今度はGSXR750にVF750F(RC15)は駆逐されていくのですが

1983年、1984年は蚊の大群の様にVF750F(RC15)が居ました。

キットマシンがその大半でしたが、そのキットマシンが速い。

VF750F(RC15)は、私の好きな近代マシンの一台です。

特に1983年の赤/白VANCE&HINES製、#11 Roberto Pietri車♪

翌年の1984年にはオリジナルカラーのベネズエラカラーで走ります。

この辺りのVF750F(RC15)RKレーサーとか出てこないかな♪

因みに1983年のRoberto PietriのVF750F(RC15)RKは国分寺某所に

スペアカーと共に眠っています。メチャクチャ欲し〜_φ( ̄ー ̄ )

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
マッシモ タンブリーニ氏の設計したSB2とTZ250です。

SB2の流麗なスタイルは今見ても惚れぼれします。

このマシンは、スイングアームピボットと、ドライブシャフトのセンターは

近い方が良いのではないかという思想の元作られました。

実際のスイングアームの動きの解説はコチラ→■スイングアームの動き■

このSB2とTZ250は、ドライブシャフトセンターとスイングアームピボットが同軸上に有ります。

このフレームは最終的に使い物にならなくて、このモデルだけでボツになりますが、理想を追う気持ちは素敵です。

スイングアームの動きに関する話を聞く度に、このマシンを思い出します。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

ce34950a.jpg

image
image
1bec3989.jpg

097552c0.jpg

image
image
image
あまり知られてませんが、#73 Mike Spencerです。

1981年のみのAHMからの参戦でしたが、

image
image
image
翌年の82年はプライベートでGSX1000Sで参戦します。

82年のゼッケンは#20です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
2012年に撮影された#19 Freddie Spencerの写真らしいです。

確かにツナギも1982年のではありません。

なんと無く、1984年のツナギに見えなくもありません。

グローブもスピーディーに似ています。

膝のスライダーも今時ではないようですが、ベロクロ式。

このCB750Fは1982年のですが、実動なのはアメリカ人個人オーナーの

#88 Roberto Pietri車のスペアカー、茂木の#19 Freddie Spencer車、

横浜某所の、#88 Roberto Pietri車、青山本社の#43 Mike Baldwin車、

ライディングハウスの偽#19の、#38 Steave Wize車。

海外に有る82年車は、スペアカーの#88 Roberto Pietri車のみ。

このスペアカーの#88 Roberto Pietri車は#19 Freddie Spencer車の

茂木展示車両とフロントフォークとスタビライザー以外は同一仕様。

それとも新たなレストアを受けたマシンでしょうか?

それとも、2012年の写真でなく、1984年あたりなのか?

謎の写真です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



image
image
image
image
image
image
小さいけど本格的なマシンです。

小さい分だけ難しそうですが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
RS1000憧れますね〜

私の場合はAHMのスプリント仕様のモリワキRS1000ですけど。

でも、RSCのも雰囲気有りますよね。

image
image
image
image
image
image
image
image
AHMの外装は、GS1000Rのを使ってるようで、アメリカでの

ヨシムラの影響力でしょうか?

image
image
image
image
いまだにこの様なカウル類が手に入るのは素敵な事ですね♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
Buell S1の中古車です。

私が以前乗ってた車両です。

フレーム補強、X1スイングアーム、カーボンリアフェンダー、軽量ミニウインカー

HSC42mm&K&Nエアクリ、VANCE&HINESマフラー、新品タンク特殊対策塗装。

アールズ大型オイルクーラー、別体式ETCも付いてます。

とてもパワフルで扱いやすいです。220km/hまでは確認済みです。

サーキットを走らせるなら、フロントをWディスクにしてください。

フェードすると思われます。

本当は、リアサスをスタンダードな2本サスに改造したかったです。

綿貫早輪社
〒112-0014
東京都文京区
関口1-18-9
0332684993
sourinsya@m8.gyao.ne.jp

までお問い合わせください。

コンパクトで乗りやすく速い車両です…。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

4958eccd.jpg

65fea9e2.jpg

f3a207a3.jpg

9e406c62.jpg

b571a4ba.jpg

16b51302.jpg

e8e1e888.jpg

68a635c8.jpg

bdb5a370.jpg

ecc6c809.jpg

希少なRC30の中古車出ました。

前後HRCの17inchマグホイールが入ってます。

もちろん、車検用ノーマルホイールも有ります。

前後タイヤは新品。 FRPシングルシート付き。

新車からずっと綿貫早輪社がメンテナンスしてる、

身元が確かなRC30なんて、もう出ないのでは?

A^_^;)

このチャンスに是非とも乗ってあげて下さい。

綿貫早輪社
〒112-0014
東京都文京区
関口1-18-9
0332684993
sourinsya@m8.gyao.ne.jp

までお問い合わせください。

真面目に、二度と出ない車両です…。


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
オンタイムで書いてます。

WOWライブで矢沢のライブをちょいちょい観れるので、

深夜に家族に放置されながら一人で寂しく見ています。

今日は、2015年東京ドームと、1988年東京ドーム♪

一年中、矢沢の色々なライブを繰り返し放送してます。

家族に非難轟々なんで私は録画しないで見ています。

ダラダラしつつ4K大画面で観れるので臨場感有ります。

毎回、矢沢の懐かしい曲が連発ですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
ブリッテンと言えば、ジョン ブリッテン氏の忘れ形見の一台と、

スペアパーツしか残されていないと記憶していましたが、

またスポンサーでも付いたのでしょうか?

黄色いマシンまで作られてます。

1度は乗りたい究極のツインです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
こんな朝練車両なら欲しいですね〜

本当はF1パンタが好きですけどね♪

ウチのGS1000Sプロジェクトの骨違いみたいなマシンで良いですねー

軽量な朝練車両欲しいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
珍しい写真です。

1980年、#83のマシンはSteve McLaughlin車。

ヘルメットのラインは81年から加盟する#73 Mike Spence?

80年のシーズンオフのテスト風景でしょうか?

何故か、ヘルメットはシンプソンのM30です。

私は初めて見ました。

チームには、Roberto Pietriが居ましたから試しに被ってみたのでしょうか?

恐らく、凄まじいヘルメットのリフトと、

アホみたいにデカイ風切り音、視界の悪さ、

ジェットヘルみたいな被り心地で大変だったでしょう。

この後にレースで被った形跡は有りません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
凄いですね〜

Godier Genoudの大群です。

友人のバイク屋にGodier Genoud 1135Rが3台並んでますが

Z1000Rベースの同じ1135Rだけです。

ある所には有るんですねー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

82017f1c.jpg
さて、そろそろCB900Fレーサーを起こさないとな〜

A^_^;)

フロントフォークとかTOT(テイスト・オブ・筑波)仕様に変更しないとだしな

A^_^;)


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
幼い頃に憧れたJotaは消失した事実が某誌面で解明されましたが、

クローンイオタが、生みの親のボブ ウォレス氏の指導のもと、

10年程前に完成し、スクープされた時は、そのサウンドを耳には出来ませんでした。

■クローンイオタ■

■クローンイオタ2■

■クローンイオタ3■

■クローンイオタの始動■

■クローンイオタの咆哮■

■クローンイオタ ヒルクライム■

■クローンイオタ 公道ラリーに参加■

このクローンイオタはミウラを基にしているとは言え、全く違うボディーラインで

正に、荒削りなレーシングカーのそれでした。

オリジナルJotaは、洋書を購入して調べてボディーラインは見ていました。

なので、MIURA SVJや、MIURA SVRは、私から見ると少し似せただけと言うか、

ノーマルのCB750Fにロケットカウルを付けて、RS1000です。みたいに見えます。

(全然高価すぎて、オリジナルMIURAさえ買えませんけど。)

でも、MIURAのシャーシをベースにクローンイオタが作られた時にはぶっ飛びました。

しかも、ボブ ウォレスまで参加して作られた時には。

正に夢ですね〜

乗ってみたいですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
ヨシムラ GS1000Sです。

脇から#20のヘルメットが見えてます。

1982年ならば、Mike Spencer選手でしょうか?

サーキット走りたいですね〜

因みに火曜日からインフルエンザA型に掛かり

一家総出でダウン中〜(⌒-⌒; )

ようやく落ち着いて来ました。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
私が最初に知ったシンプソンのM30を被ったレーサーが、Dave Schultz選手です。

H2とシンプソンM30の組み合わせで、

中学生の私にはインパクトがありました。

レクトロンやFBGを知ったのもこの時でした。

その後、ホンダのポスターでRoberto Pietri選手を知ります。

シンプソンM30が共通なだけですが。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
image
image
image
image
手持ちの1980年のAHMの写真です。

ワークスだけど、ローカルな雰囲気で良いですね〜

アメホン初期メンバーは、

#97 Ron Pierce、#88 Roberto Pietri、

#83 Steve McLaughlin、#8 Freddie Spencerで、

81年に#73 Mike Spencer、#43 Mike Baldwinが加入。

#97 Ron Pierce、#83 Steve McLaughlinが抜けます。

82年には、#38 Steave Wizeも加わり、

#73 Mike Spencerが抜けてプライベーターになります。

Mike Spenceは、#20 カタナの1000で出てるので要チェック?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

image
image
image
Roberto PietriのCB750Fです。

タンクのカラーリング位しか変わってないかの様な仕様ですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



image
1982年のバトル風景です♪

この頃のFWSは、熟成したRS1000 Roberto Pietri車と良い勝負をしていました。

つまり、未成熟で翌年には750に排気量ダウンを控えていて、

思う様に走れていなかった様です。

1984年からはVF750F(RC15)にコンバートして、速さを見せつけます。

モリワキRS1000欲しいですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆

このページのトップヘ