☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

IMG_1499
初めて見ました

マナブタさん見てるかな?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


494a1710.jpg
21852c97.jpg
2110c336.jpg
cac119a7.jpg
いいなー

海外は色々Fのパーツ有りますね〜











Vance&Hyde Racingは軽量フルバランス&ポリッシュクランクなど

Fの部品を沢山作っています。

こういう部品のネットワーク作りが出来たら、

一台作れそうなんだけど

日本人は言葉が障壁になって、イマイチ手を出しにくい。

Zとと違い、CB-Fだけで食べれないのも有りますね…

上手い方法が無いかなと思案中。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1481
IMG_1480
IMG_1476
IMG_1475
IMG_1478
IMG_1479
貴重なお話もご存知な531選手からコメントを頂けましたので、

改めてTEAM HEXAGONのGS1000を掲載してみます。

エンジンマウント位置も変わっているそうで

とても興味深いです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


2975a63c.jpg
4ea123e2.jpg
image
image
image
今日はCB900Fレーサーの割れたヘッドカバーを交換するので、

中古の錆び錆びヘッドカバーを入手しましたが、

手作業では全くらちが明かないので、何回かやり取りして

やっとセルフウェットブラスト屋さんとスケジュールが合って、

自分でウェットブラストしに行って来ました。

素人作業ですが、なかなかどうして、綺麗になりました♪

あとは黒く塗装してエンジンに装着したら、

始動確認してから、SSP Factryに移動します(°▽°)

タンクのダブルコック化など仕事は山積みです。

頑張らなきゃ(°_°)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1471
IMG_1472
IMG_1545
IMG_1546
IMG_1473
筑波ですっ転んでツナギが裂けてしまったので、

YONEZOさんを急かす訳にもいかず、

練習用にベリックのシンプルなツナギを2着ほど買ってみました。

コレでマシンさえ上がれば、練習しに行けます。

裂けたツナギはYONEZOさんちで着れるようにして貰います。

YOSHIMURA Fisher CR750計画に合わせて黄色を入れてみました。

本当は真っ白なツナギなんですけどねー。

今度はコケないように気を付けます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1456
IMG_1459
IMG_1460
IMG_1458
IMG_1457
CB900Fレーサーの転倒して破損したオイルクーラーステーのサンプル写真です。

イマイチ良く分かりませんが、こんな感じに作りたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1451
良い絵面ですね♪

頑張らなくちゃ♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1450
テイストは、なんかやる事が多いですね。
--------------------------------------------------------------------------------------
有料にてチームテントスペースをご用意いたします。

料金は、Aパドック内が32,000円、P4(メインスタンド側・テント横に車両1台留置き可)が27,000円となっております。
(いずれも搬入用車両パス・ゲストパス×2付き)

また、6脚足レンタルテントをご希望の場合は各スペース料金+26,000円にて承ります。

尚テントスペースのお申込みは先着順となり、埋まり次第締め切らせていただきます。

ご希望の方は参加申込用紙裏面に必要事項を記入の上お申込ください。

申込期間はレースの申込期間に準じます。

チームテントスペースには限りがございますので、チームブースは複数台で使用していただきますようお願いします。

Aパドック内:5.4m×3.6m / P4(サブスタンド側):6m×6m程度

※P4は、スペース内にテントとトランポ1台(ハイエースサイズ)留置き可能です。
--------------------------------------------------------------------------------------
との事で、チームテント&スペースは予約を入れてみました。

どなたか土曜日の方で居ませんかね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_9504
IMG_9503
IMG_9502
IMG_9499
IMG_0684
IMG_9506
あー、早く乗りたいです。

気持ちは焦りますが、色々時間掛かります。

Continental Road Attackも興味有りますが、

なかなか売ってませんね。

ローカルレースと違い、やりたい事山積みです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_9915
IMG_9914
IMG_9517
IMG_9516
IMG_9518
IMG_9505
IMG_9500
IMG_2269
IMG_2270
YONEZOさんちの仮縫いが上がり、サイズを合わせてきました。

少し、黄/赤にするか、白/赤にするか迷いましたが、

今回は1982年レプリカの白/赤で決めました。

ブーツアウトでコブ付き、肩にチタンプレート付きの

近代的な仕様にしました。

下手くそなんで、コケるのが前提で作ります。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0717
IMG_0714
IMG_0713
IMG_0716
IMG_1372
d325a05e.jpg
つい先程、東福寺選手のTE SPORTSから、

フロントフォークのカートリッジ化が

作業完了したと今夜連絡が入りました。

全日本で九州に明日からお出掛けらしく

明朝引き取りか、来週かと言う感じです。

どんな仕上がりか楽しみです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1354
IMG_1353
いつもマシンを作るに当たり、

一番気にしてるのは、実はステッカーです♪

ココは適当に最近のをとかは避ける様にしています。

そこさえクリアすると、他は多少似てなくても、

何故か、当時風に見えたりします。

私のマシンは本物パーツを一切使わない方向なので

ステッカーが要になってます。

細かいところの雰囲気作りが遠目に眺めた時の

似てる感を出してる様に思ってます。

当座はタンクのYOSHIMURAステッカー制作かな。

大きさはタンクから予測して版下を起こします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1312
IMG_1311
IMG_1309
IMG_1310
IMG_1308
IMG_1313
IMG_1307
IMG_1306
IMG_1305
加藤さんちのCB750レーサーです♪

CB750DreamClubのメンバーで、

親子でLOCに参加されています。

私も早く出たいですね〜♪

タンク&シートさえ出来たら、

一気に完成まで行けると思います。

早くサンプルのCR750のFRP雛形シートを

元にアルミで起こしたいです♪

タンクも自分で叩けたらなー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1245
IMG_1249
IMG_1250
IMG_1247
IMG_1248
IMG_1246
IMG_1243
IMG_1242
IMG_1241
IMG_1240
IMG_1244
ぶち壊れたオイルクーラーステーとメーターステーの資料です。

とは言え、あまり鮮明な画像が有りませんでした。

今まではオイルクーラーをネジ留めしてましたが、

今回は本物に似せてタイラップ止めで作りたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1193
IMG_1194
CB750DreamClubの窪村さんの、

LOC用のCB750Fourレーサーが着々と進行中〜

上が1号機。下が2号機。

こりゃ、ウチのも本格的に始動しないとだなー

窪村さんのはオールヨシムラの836ccでクロスミッション入りです

ウチのはチープシックなスタンダード排気量736ccで、ハイカムとポート研磨だけです

CRキャブは入れる予定ですけど

いきなり速そうな窪村さんのCB750Fourレーサーですね〜

またブっち切られそうです

2号機はゼッツーテールですね〜♪

CB900Fレーサーを一段落させて手を付けたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1211
IMG_1210
CB900Fレーサーにもハイカム欲し〜ですね。

CB750Fourは二機ともハイカムが入っています。

ポート拡大もしてあり、ツルツルなんですが、

CB900Fレーサーは完全ノーマルオーバーホールのみ。

秋までにいじってみたい今日この頃です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆




8ff5dd92.jpg
ホンダ RG500です。

#19 Freddi Spencerのマシンが間に合わずに

テストを兼ねて、RG500をホンダカラーにして

走りました。

いま残って居たら貴重かも知れません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1198
転倒の教訓から、タイヤウォーマーを検討中。

やっぱり必要ですね〜

ローカルレースと違い、

タイヤに充分に熱を入れてる時間が無い。

仕方ないですね〜。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


361292dd.jpg
a7c45368.jpg
CB750DreamClubの工藤さんに以前頂いた

日高の美味しい卵を家内が忘れられずに居たので

ウチでもお取り寄せしてみました。

本当に美味しいんですょ♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


a4b5a980.jpg
80年のAHM CB750Fレーサーです。

この長〜いクラッチレバーを探してます。

GS1000?と思い、今のクラッチはGS1000ですが、

やはり、こんなに長く無いんです。

ドカのMHRのとも、ホルダー形状が違います。

酔いどれフレディーさんなら知ってるかな?

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


44cd5e5b.jpg
デイトナ100マイルレースの表彰台です。

この時のホンダは強かったですね〜♪

先日筑波のライセンスを取り直した時の

講師の方が、背面ジェネレーターの

CB900Fレーサーを作り、松原選手に

乗ってもらっていたオーナーさんらしく、

当時のお話を沢山聞かせてくれました。

当時の謎のカムと、クランク、コンロッド、

ピストン、更にクロスミッションなどが

ホンダから純正品として手に入った時代らしくて

シャーシダイナモで190ps⁉️

と言う途方も無い馬力だったそうです。

2ヘアの立ち上がりから、裏のストレートの

真ん中位まで、ホイールスピンが止まらなかったとか。

現行のハヤブサのエンジンを積んだCB900Fレーサー?

みたいなマシンだったのか?

ウチのノーマルパワーからは想像もつかないマシンです。

その方はひと財産潰したらしく、今はバイクは

手元に無いそうです。

当時の市本ホンダもその位出てたとか。

凄すぎます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1163
IMG_1160
IMG_1161
IMG_1162
IMG_1141
IMG_1159
IMG_1157
IMG_1156
IMG_1155
IMG_1154
IMG_1153
IMG_1152
IMG_1150
IMG_1151
IMG_1149
IMG_1158
IMG_1148
IMG_1147
IMG_1146
IMG_1145
IMG_1144
IMG_1143
IMG_1142
IMG_1140
IMG_1139
何故か一括投稿すると、

掲載順序がランダムに入れ替わるので順不同ですが

そこは気にしないでくださいませ。

外装を乗せてしまうと、フレームは見えないので、

興味のない人には普通のバイクに見えてしまいます。

EGLIは特徴的な外装なので、それと分かりますが、

知らない人には奇天烈なフォルムなバイクに映るかも?

ズングリとしたカウルに、プリンと跳ねたお尻が

何とも美しいです。

やっぱり良いですねー

こちらの記事はlivedoorだけにしときましょう。

人気の無い記事を重ねても誰も見てくれないので。

メチャ個人的な趣味です。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1135
IMG_1136
IMG_1137
IMG_1134
IMG_1133
IMG_1132
IMG_1130
IMG_1128
IMG_1127
IMG_1126
IMG_1125
IMG_1124
IMG_1123
IMG_1121
IMG_1120
IMG_1119
IMG_1118
素敵なフレームですね〜♪

Rau、Segoni、MokoなどのEGLIレプリカを含めたフレームに

と〜っても魅力を感じます。

本物のEGLIなんて、買おうと思って手に入るモノではないので、

限りなく本物に近いレプリカフレームに目を付けてます。

本音は、ぐりふぃんMBさんに作って貰いたいですけど。

なので資料は沢山集めています。

夢として、国産EGLIレプリカフレームを作りたいです。

プライベーターが作るに、理に適ったフレームだと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


image
image
image
image
image
image
image
image
image
ヨーロッパには本当にさまざまなCB750Kがレースを走っていますね。

EGLI HONDAも美しいです。

日本もこんなに多彩なら飽きません。

日本は部品のせいで画一化されてしまいます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆良かったら押してください♪☆

IMG_1034
IMG_1036
IMG_1035
IMG_1037
IMG_1038
IMG_1015
IMG_1013
IMG_1011
こちらが目指してるシートです♪

本当の本物とは形状が異なりますが

こちらのレプリカ?を真似る予定です。

IMG_1042
IMG_1043
シートの寸法見本です♪

テールピースはアルミ板をロールベンダーで曲げて作るしか有りません。

まずはこのFRPのシートをアルミ板でコピーして、テールを伸ばします。

このシートだけでも完成させて、進んでる気分になりたいです。

IMG_8871
IMG_8870
こんな風にアルミ板で上手く再現したいです♪

この特徴的なシートさえ出来たら、気分は7割完成です?

シートだけでも毎日眺めて暮らせます。

デカールもキチンとコピーしたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


4ea123e2.jpg
ゴリゴリスクレバーとワイヤーブラシで擦りましたが

綺麗になる気がしません。

仕方ないので、ウエットブラストを明日でも自分でやりに行こうと思います。

IMG_1032
なんか楽しそうです。

安いし、サンドとは違うから大丈夫かなと。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_1030
41b0d7ac.jpg
568729be.jpg
あー

まだ完成するかも分からないけど、

多分?大丈夫だろうと思うので、

先ほどエントリーしちゃいました。

コレでマシンが間に合わなかったら笑えます。

テイストを練習しないで本番は無理だしなー。

チームテントはどうやって借りるのでしょうか?

私が申し込みを見落としましたかね?

最近、ホント老眼が酷くて良く見落とします。

しばらくはCB900Fレーサーを修復に努めます。

マシン壊さなきゃ良いのに。アホです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0538
IMG_0430
IMG_8565
IMG_4723
IMG_4598
IMG_4722
IMG_4596
IMG_4582
IMG_4579
IMG_4575
IMG_4551
IMG_1029
IMG_0993
IMG_8910
IMG_4570
IMG_4569
■レジェンドオブクラッシック(LOC) レギュレーション車両規定 

Legend of Classic レジェンド・オブ・クラシック 競技車両規則

■LOC公式レギュレーション (オリジナルホームページ)

■開催クラス

ウルトラライトウェイトクラス(200cc以下)
ライトウェイトクラス(201~250cc)
ジュニアクラス(251~350cc)
セニアクラス(351~500cc)
ヘビーウェイトクラス(501~750cc)
ヘビーウェイトオープンクラス(751cc以上)
PRE1950クラス(1950年までの生産車・排気量不問)

ウルトラライトウェイトとPRE1950以外の5クラスは、
1967年以前を"A"、1968年以後を"B"に区分し賞展を与えます。
尚、A・Bの区分については参加車両の性能を考慮し、事務局の判断で振り分けることもあります。


第1条 出場車両

参加車両は、原則として1972年まで(ウルトラライトウェイトは1969年まで)に生産されたモーターサイクルに限ります。
ただし同型式のまま継続生産されたモデルに関しては、主催者の判断により参加の可否を判断します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
参加者は参加車両の現役当時のレースシーンを再現することを念頭に置き、
各時代に見合った出場車両を仕上げなければいけません。
公道量産車ベースの場合は、当時のクラブマンレース、プロダクションクラス出場車両に倣った改造が好ましいです。
車両のモディファイやフィニッシュが、あまりにも当時のオリジナルコンディションからかけはなれていたり、
雰囲気がそぐわないと事務局が判断した場合、出走を取り消させていただきます。


第2条 エンジン

■排気量
エンジンのボアアップ等による排気量増減は可能ですが、変更後の排気量での該当クラスに出場することが出場の条件となります。
出場クラスの判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
ウルトラライトウェイトクラスを除く各クラスの、オーバーサイズピストン等による排気量増大は
各クラス排気量上限の1%増まで許容しますが、シリンダースリーブ交換等により、極力各クラスの排気量上限を尊守する努力をお願いします。
ウルトラライトウェイトクラスは、当時用意された純正オーバーサイズピストンのサイズまで使用を認めます。
気筒数のオリジナルからの変更は一切認めません。


■弁機構
弁機構(SV、OHV、OHC、DOHC、ピストンバルブ、ピストンリードバルブ、ロータリーディスクバルブ、クランクケースリードバルブ)は、オリジナル構造からの変更を一切禁止します。
また吸/排気デバイス、強制開閉弁機構などの追加についても、一切禁止します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
オープンバルブスプリングの車両は、必ずバルブスプリング付近に耐油スポンジを取り付け、
必要に応じてスポンジを交換しオイルが外部に飛散しないようにしなければなりません。

尚、オープンバルブスプリング機構をクローズ構造に変更することは、
バルブトレイン機構の変更には該当しないと判断いたしますので、許可いたします。


■付則
エンジンの外観を著しく変える改造は一切禁止します。
その判断は事務局の権限により可否が決定されます。


■キャブレター
1972年以後に発表された、フラットスライド式キャブレターの使用は一切認めません。


第3条 クラッチ

乾式、湿式ともに、外部にオイルが漏れる機構は認めません。


第4条 フレーム

原則として、オリジナルから逸脱したフレームの使用は認めません。
ただし、ノートンフェザーベッドスペシャル、TRI-BSAなど当時存在した類例については、事務局の判断によって参加の可否を決定します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
リックマンフレームについてはマチレスG50/AJS 7Rエンジン搭載車に限り1967年以前に区分します。
シーリーフレームについてはマチレスG50/AJS 7Rエンジンを搭載するMk2に限り1967年以前に区分します。
当時のレプリカフレームの使用は、材質・形状がオリジナルと同一の場合のみ認めます。


第5条 リアスイングアーム

スイングアームの形状は、原則としてオリジナルのもの以外認めません。
角断面、楕円断面チューブ、テーパードタイプの場合はオリジナルに使用されている同一材質・形状の場合のみ認めます。
当時のレプリカフレームの使用は、材質・形状がオリジナルと同一の場合のみ認めます。
リザーバー別体型リアショックユニットの使用は認めません。


第6条 フロントフォーク

原則として、オリジナルのフロントフォークに限定します(内部ダンパー、スプリングの改造は可)。
生産時の基本的な構造の変更は不可です(テレスコピックフォークはインナーチューブ35mmまで)。
なお適合するか否かは、事務局の判断により決定されます。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。


第7条 ブレーキ

1967年以前区分の車両は、必ず前後ともに操作系統が独立したドラムブレーキを装着しなければいけません。
ディスクを装着する場合 は、1968年以後のクラスに参加していただくことになります。
ディスクブレーキについては、ブレーキディスクの最大径はシングル320mm、ダブル300mmまでとします。
またブレーキキャリパーは2ポッ トに制限されます(オリジナルに限り、例外を認めます)。
ウルトラライトウェイトクラスは必ず前後ともに操作系統が独立したドラムブレーキを装着しなければいけません。
ディスクブレーキの装着は禁止します。


第8条 ハンドルバー

ハンドルバーの左右両端の幅は450mm以上でなければなりません。
また切れ角は左右それぞれ20度以上とします。
グリップ及びレバーは、フェアリング等とのクリアランスを20mm以上確保しなければなりません。
またハンドルバーと燃料タンクのクリアランスは、30mm以上確保してなければなりません。


第9条 クラッチ・ブレーキレバー

クラッチ・ブレーキの各レバー端部は、直径19mm以上の球状でなければなりません。


第10条 フートレスト・ペダル
フートレスト及びフートペダル類の先端は、半径8mm以上に丸められていなければなりません。
もしくは、ゴム類でカバーされていなければなりません。


第11条 リム・ホイール

すべての車両は、前後スポークホイールを装備しなければなりません.。
(オリジナルがキャストホイールの車両以外のキャストホイール装着は禁止します)。

■ウルトラライトウェイト
リム径は最大18インチで、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。
リム幅に最大WM0(1.60)で、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。

■ウルトラライトウェイト以外のクラス
リム径は最小18インチ、最大21インチとし、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。
リム幅はヘビーウェイトオープンBクラスのみWM5(3.00)まで可とし、
それ以外のクラスはWM0~WM4(1.60~2.50)とします。
可能な限りオリジナルに近いサイズのリムを使用してください。
リムの材質はアルミ、スチール、ステンレスに限定します。


第12条 タイヤ

一般に市販されている公道用オンロード・バイアスタイヤのみ使用を認めます。
ただしクラシックレース専用に開発・販売されている溝付きレーシングタイヤ(バイアス)については使用を認めます。


第13条 燃料タンク

原則として、スチール製、アルミ合金製タンクのみ使用を認めます。
ただし当時のオリジナルがFRPであった場合に限り、内部に防爆材を完全に充填することを前提に使用を認めます。
燃料タンクにブリーザーホースのある場合は、ブリーザーホースにワンウェイバルブを装着し、
250cc以上の容量のキャッチタンクに配管しなければなりません。


第14条 オイルキャッチタンク

すべての車両は、その排気量より容量の多いオイルキャッチタンクを取り付けなければなりません。
またキャッチタンクにはなるべくドレンボルトを取り付けてください。
オイルキャッチタンクからの排出側ブリーザーホースは、必ずキャブレター吸気側に向けて取り付けてください。


第15条 オイルアンダートレー

2ストローク車以外の車両は、オイルアンダートレーをエンジン下部に装着してください。
オイルアンダートレーは、エンジンオイル容量の、半分の容量を保持できる構造でなければなりません。


第16条 ワイヤリング

事務局が指示した必須ワイヤリング箇所には、必ずワイヤリングを実施して下さい
(申込書同封の車検チェックシート、ワイヤリングの項目を参照)。
インスペクションキャップなどワイヤリングを施すことが難しい箇所については、ガムテープ等で固定して下さい。
------------------------------------------------------------
◎必須ワイヤリング箇所
------------------------------------------------------------
• 前後アクスル ボルト&ナット
• 前後トルクアーム(※パネル&フォーク両側)
• アクスルクランプ ボルト&ナット
• フロントフォーク ドレンボルト
• エキゾーストフランジ ボルト&ナット
• マフラー取り付け ボルト&ナット
• スイングアーム ピボッシャフト&ナット
• フューエルライン全般
• エンジン オイルフィードドレン
• ギアボックス オイルフィードドレン
• プライマリーケース オイルフィードドレン
• 外部オイルライン バンジョーボルト&ナット
• オイルタンク フィードドレフィルターナット
• ブレーキキャリパー ボルト&ナット
• キャリパーサポート ボルト&ナット
• スプロケット ボルト&ナット


第17条 スプロケットガード

リアスプロケットとドライブチェーン間の巻き込みを防止するための、リアスプロケットガードを装着してください。
排気管等の構造上、リアスプロケットとドライブチェーンの間に巻き込みが発生する可能性がない場合は、スプロケットガードは不要です。


第18条 排気系

排気管は車両の後方に排出する形状でなければなりません。
また排気管は後輪最高端垂線より突き出してはなりません。
消音装置(サイレンサー)の装着は必須です。


第19条 フェアリング

PRE1950クラスはフェアリングの装着を禁止します。
フェアリングを装着する場合は、以下の条件を必ず満たして下さい。
・前輪は明瞭に左右両側から目視できること。
・フェアリングの前後長は、前輪アクスル上の垂線の50cm前方から後輪アクスル上の垂線の間になければならない。
・フェアリングの最低地上高は100mm以上を確保。
・ライダー乗車状態で、両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えないといけない。
・ライダーのヘルメットとフェアリング(スクリーン含む)の間は、100mm以上確保。
・後方に面しているフェアリングのいかなる部分も、先端部が角のない球状であること。
・フェアリング前面のゼッケン部は、傾斜角度30度以内でなければならない。
・後輪は、後輪の垂線の後部円周180度に渡って見えなければならない。
・オリジナルのフェアリングがこれら規則に当てはまらない場合は、これら規則を適用しません。


第20条 フェンダー

タイヤ外周100度以上に渡って覆う、前輪フェンダーは全車取り付けなければなりません。
オリジナルで前輪フェンダーを装備していないフェアリング装着車両については、この規則は適用しません。


第21条 車両から取り外すもの

以下の部品は必ず取り外さなければなりません。
・ヘッドライト、テールランプ、ウインカー等の灯火類
・バックミラー
・センター、サイドスタンド
・公道用ナンバープレート
・バンパー等のガード類


第22条 使用禁止部品等

以下のものの使用は禁止します。
・ターボチャージャー・スーパーチャージャーなど過給器の使用。
・サイクルパーツ(車体)へのチタン合金の使用。
・前後アクスルシャフトへの軽合金の使用。
・メタノール等アルコール燃料の使用。


第23条 危険防止

自他に危険を及ぼす改造は一切禁止します。
車両検査において競技役員が危険と判断した車両は、出走を取り消します。


第24条 車両規則の変更

本規定は事務局からの事前告知により変更されることもあります。


第25条 ゼッケンプレート

車両は、前面 と両側面に主催者によって決められたゼッケン番号を付けなければなりません。
前面のゼッケンプレートの大きさは、左右275mm、上下200mm以上の物を、30度以内の取り付け角を持って車両の正面に付け、曲面のRは50mm以内となります。
車両の両側面 には各一枚、左右205mm、上下170mm以上の物を垂直方向に取り付けてください。

なお、各プレートは、楕円、または長方形の角のない危険のないものでなければなりません。
ゼッケンプレートに書く数字の大きさは、文字がフロント左右80mm、上下140mm、字体の太さ25mm以上、サイド左右60mm、上下120mm、字体の太さ25mm以上になります。
数字が二桁以上に及ぶ場合は、数字と数字の間を、15mm以上開けてください。
また数字は必ず算用数字を使用し、見やすく明確なものでなくてはなりません。
プレート・数字ともに、蛍光色の使用は認めません。

各クラスの配色は以下の通りです。

ウルトラライトウェイト ~200cc 白地に黒文字
ライトウェイト201~251cc 緑地に白文字
ジュニア251~350cc 青地に白文字
セニア351~500cc 黄地に黒文字
ヘビーウェイト501~750cc 白地に黒文字
ヘビーウェイトオープン751cc~ 黒地に白文字
PRE1950 1950年以前生産車赤地

以上。

ウチのCB750DreamClubからは、加藤親子#72、#93

(正確には#750枝根氏もCB750DreamClub)が出ているので、

上の写真の#18窪村さんのマシンの完成に合わせて参加したいです♪

#18窪村さんのマシンはCB750Fourですが、ヨシムラハイカムに

ハイコンプ836cc、オーバークロスミッション、CRキャブ等で

とんでもなく速いマシンに仕上がる様です♪

ウチのはノーマルエンジンに410カムを入れただけの736ccで

ノーマルキャブ位で白いゼッケンで走る予定です♪

やっぱり早く乗りたいな〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


えーっと、RaceCraftersレプリカを妄想しつつ

CB900Fレーサー修復もジワジワと進行しています。

ずーっとイジれる訳ではないので、妄想しつつも

次期テイストマシンとしてRaceCraftersレプリカを

色々調べてました。

とは言え、当分は主力戦闘機はCB900Fレーサーなので、

コイツを直してやらねば。現状整理します。

0f66ea75.jpg
41b0d7ac.jpg
フロントのオイルクーラー&ゼッケンステーは粉砕です。

要、作り直し。

8d6df854.jpg
メーター&メーターステーも同じくお釈迦。

メーターは新品の電タコ&油温計に交換します。

cf293d7b.jpg
a8d20a34.jpg
62829d35.jpg
575376b8.jpg
一番の懸案事項のシリンダーヘッド。

恐る恐る開けて見たら、ギリッギリのセーフ。

少しデブコンで削れを修正してこのまま行けそうです♪

一安心です♪

0d88b303.jpg
568729be.jpg
6d22b4c2.jpg
まだまだやる事は山積みですが、

この機会に気に入らなかった部分も修復して

より良いマシンにして行きます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0984
IMG_0983
IMG_0985
cocoさんに刺激されて、色々調べています。

こちらは公道仕様のRaceCraftersレプリカです♪

Z1000ベースなら、カラーリングとオイルクーラーで

RaceCraftersレプリカになりますね♪

LOCを走るなら、Z1Fでないとダメみたいですが、

cocoさんのはスポークホイールだからZ1Fかな?

IMG_3699
IMG_3695
こちらはレーサー仕様のRaceCraftersレプリカです。

私はレーサーベースに作りますけど、公道仕様はライトやウインカーが

必要ですからね。処理がなかなか難しいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆



このページのトップヘ