☆中年ライダー奮闘記☆

残り少ない?ライダー人生をノスタルジーを絡めながら、草レースや、走行会、ツーリング、憧れのマシン、思い出話など思い付くままに綴ります。 旧車と80年代のAMA-SUPERBIKEをこよなく愛しています♪ 楽しく一緒に走れる仲間も募集中♪

IMG_6025
IMG_6024
IMG_6023
IMG_6022
IMG_6021
IMG_6020
次回のテイストにイエローコーンさん出ますよ。

期待ですねー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5970
IMG_5969
IMG_5968
IMG_5965
IMG_5963
IMG_5964
IMG_5967
IMG_5971
IMG_5972
SSP FactryにてCB900Fレーサー引取りしました!

•フロントスタビ改良?
•スイングアーム70丱轡隋璽伐湛
•スイングアームスタビ再制作
•サスマウント再設置
•リアサスマウント作り直し
•リア周りアライメント全やり直し
•チェーンライン修正
•リアホイールチェーンライン変更
•ゼッケンマウント溶接で再設置
•チェーンスライダーの一時切除
•その他細々修正。

これから通常整備とクラッチ交換、バルブクリアランス調整、チェーン装着、チェーンスライダー装着、オーリンズのリアサス交換します。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5925
IMG_5923
IMG_5922
IMG_5921
IMG_5941
石神さんのマシン良いですね〜

真似したい部分が沢山有ります。

緻密かつ、非常に手を尽くして作られています。

甘さが無くて素晴らしいです。

勉強になります!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5932
IMG_5931
IMG_5933
オーバーレーシングからH2Rが発売されました。

まさか売りに出すとは!

買える事は素晴らしいけど、

買える金額では無い事は悲しい😭

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5832
テッペーさんから、ニッキーヘイデンの写真集が届きました!

アメリカンナイズな作りの写真集です!

欲しい方はお急ぎください!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5976
某有名イラストレーターさんに描いていただいてます!

嬉しいですね〜!

完成したら、#88 Robert Pietori選手本人にも送ってあげよう!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5763
IMG_5764
IMG_5765
IMG_5766
IMG_5767
IMG_5768
TR1のレーサーです!

コレは当時憧れてました。

マイナーですが、軽快そうで欲しいマシンでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5848
腰塚さんのコンビーフ!

美味しいんです〜(笑)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5493
IMG_5494
IMG_5495
IMG_5496
IMG_5497
IMG_5498
1982年のTransatlanticでの写真です😌

#88 Robert Pietori選手がRGB500に乗りました!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5716
IMG_5715
このくらいの時期のも憧れてましたねー

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5605
IMG_5736
テッペーさん!

お誕生日おめでとうございます🎉

いつまでもウイットに富んだお話と素敵な笑顔を振りまいて下さい!

生涯現役でありたいですね〜🤗

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5682
IMG_5683
この二台は、悪魔的改造なんて載せられてますが、

私は理に適ってるコスパ重視の改造だと思っています。

1枚目の軽トラを3輪車に改造と書いてありますが、

コレは大昔のオート三輪のキャビンが朽ちたので、

仕方なく軽トラの解体車からキャビンを移植して、

手軽に直してある。部品も無いでしょうからね。

2枚目は、軽トラをブルドーザーに無理矢理改造と書いて

ありますが、見ての通りでトラクターに除雪アタッチメントを

取り付けたが、除雪するには寒すぎるので、

仕方無く、軽トラの解体車からキャビンを頂いて、

トラクターに上手いこと載せた。

コレで吹雪の中で除雪が出来るって物です。

ヒーターか、石油ストーブが乗せてあるのかも知れません。

機械を理解しない人には悪魔的改造だと思うのかもですね。

骨格を考えて、軽トラをオート三輪に改造するのは相当な技術と

コストが掛かります。

ケチって一輪減らした。なんて事にはならないです。

軽トラをブルドーザーや除雪車にするのも然りです。

極めてアジアンチックな香りはしますが、如何に安く快適に。

世の中の出来事も、これに似てるのかもですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_7601
大昔にH2、CB1100Fと一緒に日本に入れようとしたGS1000S。

なんかGS1000Sってフレーム番号分けされてないんですかね?

スポークだし、怪しい車両でしたね〜😌

GS1000Sのフレームが二本あるけど、

本当にGS1000Sなのか確認出来てません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆




IMG_5700
ウチの先輩の熊さんが乗っていたGS855にそっくりなのを見つけました。

スポークも味がありますね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


7f7862e4.jpg

昔、私がつけていたヤマモトレーシングのモナカ管です

IMG_7591
IMG_7590
IMG_7589
IMG_7587
CB750FC(青白)に付けてました

ヤマモトレーシングのモナカ管は、エンジンの真下を通るマフラーで、前半分はスチール、後ろ半分はアルミでした。集合部のピラミッド構造は本当に指で触ったら切れるか刺さるか?って位に尖っていて綺麗な作りでした

かなり軽量で見た目も大好きでしたが、真下を通るだけに街乗りでは腹打ちが酷く、せっかくのピラミッド構造も2、3番が潰れてしまい、モナカ合わせも何回も左右に割れて、10回くらい溶接したりして使いましたが、ついには腹下が擦り切れてしまいました

仕方なく先輩から5万円で譲って貰ったCB750FZ(青)のモリワキチューンのプロダクションレーサーについていたサンケイ管に付け替えましたが、やはり真下を通すから、腹打ちは避けれませんでした。

IMG_5627
サンケイ管は、集合部分はダイキャストで両サイドには冷却フィンがあり、内部はヤマモトみたいなピラミッド構造になっていて、腹打ちしても潰れたりはしませんでしたが、エキパイの差し込み部分が薄いので、徐々に欠けたり割れたりしました

IMG_7602
だんだん割れが広がり、エキパイがグラグラして共振し始めたので、ストックのモリワキ車両から剥がした耐熱ブラックのモリワキの直管にしたら、今度は右コーナーで擦りまくり

見た目チューンで遭えなくチェンジ

IMG_7592
IMG_7583
IMG_7582
IMG_7585
JMC管は、クロス管でZ650LTDのノーマルマフラーに似てましたが、見た目がダサいからすぐに却下

IMG_7594
IMG_7593
しばらくメッキのモリワキ管で我慢してましたが、

IMG_7604
斉藤仁さんのメカニックの佐藤さんに作って貰った佐藤レーシング管を650LTDに装着。

コレもかなり良かったですが、反対車線を逆走してきた暴走車両に正面衝突してオシャカ

IMG_7596
IMG_7597
貰ったヨシムラサイクロンのメッキは静かで割と寝かしても擦らなかったけど、水平マフラーで、見た目がダサいからやっぱり却下

KERKERメガホンも、やはりタダで貰ったけど、使い勝手は一番無難でしたが、既にサビサビで数年で集合部分から崩壊しました

バンスのメッキは新しく買ったCB1100Fについてきたけど、カーカーと見た目は似てて、集合の仕方が違って、ベラスコ管みたいにしてました

ミズノさんのゼス管を特注して、スペンサーのマシンのサンプル写真を大量に送り、何回も打ち合わせして、腹下を真っ直ぐにして、テールを一気に曲げてハネ上げて、かなり本物のベラスコ管に近づきまたしたがコイツもサーキットでは右で擦りまくり

IMG_0684
IMG_0717
結局、SSP Factoryさんのワンオフマフラーとなりました(@^ー°)b

今のマフラーは擦らないので安心です!



いろんな集合を使いましたが、音質はヤマモトレーシングか、モリワキ管かな

モリワキは音が少し割れた感じになりましたが

A^_^;)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5592
こう言うコムスターホイールはもうPMとかで生産してないんですかね?

見当たりません。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5553
IMG_5550
IMG_5554
IMG_5549
IMG_5551
IMG_5509
IMG_5508
ハーレーダビッドソン2018年全33モデルの詳細が明らかになった。注目はまず『ローライダー』ら旧ダイナファミリーがフルモデルチェンジされ、シャシーとエンジンを一新したことだ。

ローライダーは1992年以来、オーソドックスなツインショックを備える「ダイナフレーム」を骨格としてきたが、リアショックを車体下へ隠すように水平配置する新設計の「ソフテイルフレーム」に変更。

剛性を65%向上しつつも軽量化を果たしたスチール製フレームで、シャーシ全体の剛性も34%アップしている。

そしてエンジンも「ミルウォーキーエイト107」という最新Vツインに換装。従来1689ccだった排気量を1745ccに上げ、2バルブを4バルブ、ツインカムをワンカムにしたニューパワーユニットだ。

最新ラインナップでは「ダイナファミリー」が姿を消し、『ファットボブ』と『ストリートボブ』が新型ソフテイルフレームを採用し、新たにソフテイルファミリーに加わった。

新生ソフテイルファミリーもまた全モデルで「ミルウォーキーエイト107」エンジン(排気量1745cc)を新採用し、『ファットボーイ』『ヘリテイジソフテイルクラシック』『ブレイクアウト』『ファットボブ』では排気量1868ccの「ミルウォーキーエイト114」搭載車も選べる。

そして限定版となる『Custom Vehicle Operations(CVO)ファミリー』には、史上最大の排気量1923ccを誇る「ミルウォーキーエイト117」が積まれ、ますますプレミアム感を増しているのも見逃せない。

2017年モデルで一足早く「ミルウォーキーエイト107」を搭載していたツーリングファミリーでは、『ストリートグライドスペシャル』と『ロードグライドスペシャル』にブラックアウトされたダークカスタムバージョンが登場した。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_4029
IMG_5720
SSP Factoryさんのお陰で、チェーンラインを改善して

17Tのオフセットなしスプロケットになりました。

コレでパワーロスも減りますね!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5503
IMG_5502
IMG_5504
1982年の#88 Robert Pietori選手です。

良いなー(^ω^)

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


2017-08-19-01-04-10
image
携帯からの投稿のシステムが変わって、試しにやってみます。

サイズとか大丈夫かなー?

しかも、アプリから投稿するのに、

ブログの確認はSafariからしか見れないと言う⁇

livedoorやる気ないなー。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5481
IMG_5479
こんな感じに仕上がると良いな〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5433
んー😑

私も練習して、こんな感じで走れる様になりたいな〜。

兎に角練習不足です😰

あーー乗りたい!

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5259
IMG_5257
IMG_5271
IMG_5253
IMG_5270
IMG_5269
IMG_5268
IMG_5256
IMG_5258
IMG_5254
IMG_5255
IMG_5252
うーむ

早く走りたいですね〜

楽しそう!

エントラント増えると良いですね〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_0538
IMG_0430
IMG_8565
IMG_4723
IMG_4598
IMG_4722
IMG_4596
IMG_4582
IMG_4579
IMG_4575
IMG_4551
IMG_1029
IMG_0993
IMG_8910
IMG_4570
IMG_4569
■レジェンドオブクラッシック(LOC) レギュレーション車両規定 

Legend of Classic レジェンド・オブ・クラシック 競技車両規則

■LOC公式レギュレーション (オリジナルホームページ)

■開催クラス

ウルトラライトウェイトクラス(200cc以下)
ライトウェイトクラス(201~250cc)
ジュニアクラス(251~350cc)
セニアクラス(351~500cc)
ヘビーウェイトクラス(501~750cc)
ヘビーウェイトオープンクラス(751cc以上)
PRE1950クラス(1950年までの生産車・排気量不問)

ウルトラライトウェイトとPRE1950以外の5クラスは、
1967年以前を"A"、1968年以後を"B"に区分し賞展を与えます。
尚、A・Bの区分については参加車両の性能を考慮し、事務局の判断で振り分けることもあります。


第1条 出場車両

参加車両は、原則として1972年まで(ウルトラライトウェイトは1969年まで)に生産されたモーターサイクルに限ります。
ただし同型式のまま継続生産されたモデルに関しては、主催者の判断により参加の可否を判断します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
参加者は参加車両の現役当時のレースシーンを再現することを念頭に置き、
各時代に見合った出場車両を仕上げなければいけません。
公道量産車ベースの場合は、当時のクラブマンレース、プロダクションクラス出場車両に倣った改造が好ましいです。
車両のモディファイやフィニッシュが、あまりにも当時のオリジナルコンディションからかけはなれていたり、
雰囲気がそぐわないと事務局が判断した場合、出走を取り消させていただきます。


第2条 エンジン

■排気量
エンジンのボアアップ等による排気量増減は可能ですが、変更後の排気量での該当クラスに出場することが出場の条件となります。
出場クラスの判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
ウルトラライトウェイトクラスを除く各クラスの、オーバーサイズピストン等による排気量増大は
各クラス排気量上限の1%増まで許容しますが、シリンダースリーブ交換等により、極力各クラスの排気量上限を尊守する努力をお願いします。
ウルトラライトウェイトクラスは、当時用意された純正オーバーサイズピストンのサイズまで使用を認めます。
気筒数のオリジナルからの変更は一切認めません。


■弁機構
弁機構(SV、OHV、OHC、DOHC、ピストンバルブ、ピストンリードバルブ、ロータリーディスクバルブ、クランクケースリードバルブ)は、オリジナル構造からの変更を一切禁止します。
また吸/排気デバイス、強制開閉弁機構などの追加についても、一切禁止します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
オープンバルブスプリングの車両は、必ずバルブスプリング付近に耐油スポンジを取り付け、
必要に応じてスポンジを交換しオイルが外部に飛散しないようにしなければなりません。

尚、オープンバルブスプリング機構をクローズ構造に変更することは、
バルブトレイン機構の変更には該当しないと判断いたしますので、許可いたします。


■付則
エンジンの外観を著しく変える改造は一切禁止します。
その判断は事務局の権限により可否が決定されます。


■キャブレター
1972年以後に発表された、フラットスライド式キャブレターの使用は一切認めません。


第3条 クラッチ

乾式、湿式ともに、外部にオイルが漏れる機構は認めません。


第4条 フレーム

原則として、オリジナルから逸脱したフレームの使用は認めません。
ただし、ノートンフェザーベッドスペシャル、TRI-BSAなど当時存在した類例については、事務局の判断によって参加の可否を決定します。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。
リックマンフレームについてはマチレスG50/AJS 7Rエンジン搭載車に限り1967年以前に区分します。
シーリーフレームについてはマチレスG50/AJS 7Rエンジンを搭載するMk2に限り1967年以前に区分します。
当時のレプリカフレームの使用は、材質・形状がオリジナルと同一の場合のみ認めます。


第5条 リアスイングアーム

スイングアームの形状は、原則としてオリジナルのもの以外認めません。
角断面、楕円断面チューブ、テーパードタイプの場合はオリジナルに使用されている同一材質・形状の場合のみ認めます。
当時のレプリカフレームの使用は、材質・形状がオリジナルと同一の場合のみ認めます。
リザーバー別体型リアショックユニットの使用は認めません。


第6条 フロントフォーク

原則として、オリジナルのフロントフォークに限定します(内部ダンパー、スプリングの改造は可)。
生産時の基本的な構造の変更は不可です(テレスコピックフォークはインナーチューブ35mmまで)。
なお適合するか否かは、事務局の判断により決定されます。
可否の判断は、エントリー前に必ず事務局の裁定を仰いでください。


第7条 ブレーキ

1967年以前区分の車両は、必ず前後ともに操作系統が独立したドラムブレーキを装着しなければいけません。
ディスクを装着する場合 は、1968年以後のクラスに参加していただくことになります。
ディスクブレーキについては、ブレーキディスクの最大径はシングル320mm、ダブル300mmまでとします。
またブレーキキャリパーは2ポッ トに制限されます(オリジナルに限り、例外を認めます)。
ウルトラライトウェイトクラスは必ず前後ともに操作系統が独立したドラムブレーキを装着しなければいけません。
ディスクブレーキの装着は禁止します。


第8条 ハンドルバー

ハンドルバーの左右両端の幅は450mm以上でなければなりません。
また切れ角は左右それぞれ20度以上とします。
グリップ及びレバーは、フェアリング等とのクリアランスを20mm以上確保しなければなりません。
またハンドルバーと燃料タンクのクリアランスは、30mm以上確保してなければなりません。


第9条 クラッチ・ブレーキレバー

クラッチ・ブレーキの各レバー端部は、直径19mm以上の球状でなければなりません。


第10条 フートレスト・ペダル
フートレスト及びフートペダル類の先端は、半径8mm以上に丸められていなければなりません。
もしくは、ゴム類でカバーされていなければなりません。


第11条 リム・ホイール

すべての車両は、前後スポークホイールを装備しなければなりません.。
(オリジナルがキャストホイールの車両以外のキャストホイール装着は禁止します)。

■ウルトラライトウェイト
リム径は最大18インチで、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。
リム幅に最大WM0(1.60)で、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。

■ウルトラライトウェイト以外のクラス
リム径は最小18インチ、最大21インチとし、これ以外のリムはオリジナルサイズでない限り認めません。
リム幅はヘビーウェイトオープンBクラスのみWM5(3.00)まで可とし、
それ以外のクラスはWM0~WM4(1.60~2.50)とします。
可能な限りオリジナルに近いサイズのリムを使用してください。
リムの材質はアルミ、スチール、ステンレスに限定します。


第12条 タイヤ

一般に市販されている公道用オンロード・バイアスタイヤのみ使用を認めます。
ただしクラシックレース専用に開発・販売されている溝付きレーシングタイヤ(バイアス)については使用を認めます。


第13条 燃料タンク

原則として、スチール製、アルミ合金製タンクのみ使用を認めます。
ただし当時のオリジナルがFRPであった場合に限り、内部に防爆材を完全に充填することを前提に使用を認めます。
燃料タンクにブリーザーホースのある場合は、ブリーザーホースにワンウェイバルブを装着し、
250cc以上の容量のキャッチタンクに配管しなければなりません。


第14条 オイルキャッチタンク

すべての車両は、その排気量より容量の多いオイルキャッチタンクを取り付けなければなりません。
またキャッチタンクにはなるべくドレンボルトを取り付けてください。
オイルキャッチタンクからの排出側ブリーザーホースは、必ずキャブレター吸気側に向けて取り付けてください。


第15条 オイルアンダートレー

2ストローク車以外の車両は、オイルアンダートレーをエンジン下部に装着してください。
オイルアンダートレーは、エンジンオイル容量の、半分の容量を保持できる構造でなければなりません。


第16条 ワイヤリング

事務局が指示した必須ワイヤリング箇所には、必ずワイヤリングを実施して下さい
(申込書同封の車検チェックシート、ワイヤリングの項目を参照)。
インスペクションキャップなどワイヤリングを施すことが難しい箇所については、ガムテープ等で固定して下さい。
------------------------------------------------------------
◎必須ワイヤリング箇所
------------------------------------------------------------
• 前後アクスル ボルト&ナット
• 前後トルクアーム(※パネル&フォーク両側)
• アクスルクランプ ボルト&ナット
• フロントフォーク ドレンボルト
• エキゾーストフランジ ボルト&ナット
• マフラー取り付け ボルト&ナット
• スイングアーム ピボッシャフト&ナット
• フューエルライン全般
• エンジン オイルフィードドレン
• ギアボックス オイルフィードドレン
• プライマリーケース オイルフィードドレン
• 外部オイルライン バンジョーボルト&ナット
• オイルタンク フィードドレフィルターナット
• ブレーキキャリパー ボルト&ナット
• キャリパーサポート ボルト&ナット
• スプロケット ボルト&ナット


第17条 スプロケットガード

リアスプロケットとドライブチェーン間の巻き込みを防止するための、リアスプロケットガードを装着してください。
排気管等の構造上、リアスプロケットとドライブチェーンの間に巻き込みが発生する可能性がない場合は、スプロケットガードは不要です。


第18条 排気系

排気管は車両の後方に排出する形状でなければなりません。
また排気管は後輪最高端垂線より突き出してはなりません。
消音装置(サイレンサー)の装着は必須です。


第19条 フェアリング

PRE1950クラスはフェアリングの装着を禁止します。
フェアリングを装着する場合は、以下の条件を必ず満たして下さい。
・前輪は明瞭に左右両側から目視できること。
・フェアリングの前後長は、前輪アクスル上の垂線の50cm前方から後輪アクスル上の垂線の間になければならない。
・フェアリングの最低地上高は100mm以上を確保。
・ライダー乗車状態で、両前腕部以外は、上方、後方、両側面から見えないといけない。
・ライダーのヘルメットとフェアリング(スクリーン含む)の間は、100mm以上確保。
・後方に面しているフェアリングのいかなる部分も、先端部が角のない球状であること。
・フェアリング前面のゼッケン部は、傾斜角度30度以内でなければならない。
・後輪は、後輪の垂線の後部円周180度に渡って見えなければならない。
・オリジナルのフェアリングがこれら規則に当てはまらない場合は、これら規則を適用しません。


第20条 フェンダー

タイヤ外周100度以上に渡って覆う、前輪フェンダーは全車取り付けなければなりません。
オリジナルで前輪フェンダーを装備していないフェアリング装着車両については、この規則は適用しません。


第21条 車両から取り外すもの

以下の部品は必ず取り外さなければなりません。
・ヘッドライト、テールランプ、ウインカー等の灯火類
・バックミラー
・センター、サイドスタンド
・公道用ナンバープレート
・バンパー等のガード類


第22条 使用禁止部品等

以下のものの使用は禁止します。
・ターボチャージャー・スーパーチャージャーなど過給器の使用。
・サイクルパーツ(車体)へのチタン合金の使用。
・前後アクスルシャフトへの軽合金の使用。
・メタノール等アルコール燃料の使用。


第23条 危険防止

自他に危険を及ぼす改造は一切禁止します。
車両検査において競技役員が危険と判断した車両は、出走を取り消します。


第24条 車両規則の変更

本規定は事務局からの事前告知により変更されることもあります。


第25条 ゼッケンプレート

車両は、前面 と両側面に主催者によって決められたゼッケン番号を付けなければなりません。
前面のゼッケンプレートの大きさは、左右275mm、上下200mm以上の物を、30度以内の取り付け角を持って車両の正面に付け、曲面のRは50mm以内となります。
車両の両側面 には各一枚、左右205mm、上下170mm以上の物を垂直方向に取り付けてください。

なお、各プレートは、楕円、または長方形の角のない危険のないものでなければなりません。
ゼッケンプレートに書く数字の大きさは、文字がフロント左右80mm、上下140mm、字体の太さ25mm以上、サイド左右60mm、上下120mm、字体の太さ25mm以上になります。
数字が二桁以上に及ぶ場合は、数字と数字の間を、15mm以上開けてください。
また数字は必ず算用数字を使用し、見やすく明確なものでなくてはなりません。
プレート・数字ともに、蛍光色の使用は認めません。

各クラスの配色は以下の通りです。

ウルトラライトウェイト ~200cc 白地に黒文字
ライトウェイト201~251cc 緑地に白文字
ジュニア251~350cc 青地に白文字
セニア351~500cc 黄地に黒文字
ヘビーウェイト501~750cc 白地に黒文字
ヘビーウェイトオープン751cc~ 黒地に白文字
PRE1950 1950年以前生産車赤地

以上。

ウチのCB750DreamClubからは、加藤親子#72、#93

(正確には#750枝根氏もCB750DreamClub)が出ているので、

上の写真の#18窪村さんのマシンの完成に合わせて参加したいです♪

#18窪村さんのマシンはCB750Fourですが、ヨシムラハイカムに

ハイコンプ836cc、オーバークロスミッション、CRキャブ等で

とんでもなく速いマシンに仕上がる様です♪

ウチのはノーマルエンジンに410カムを入れただけの736ccで

ノーマルキャブ位で白いゼッケンで走る予定です♪

やっぱり早く乗りたいな〜♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5390
IMG_5374
IMG_5377
ウチのCB900Fレーサーのサイドカバーに早くスリットを入れたいです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5359
IMG_5358
IMG_5357
IMG_5356
ドカの100倍欲しいマシンです。

550万円は安いのかな〜。

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5352
Scottさんの本物のCB900Fワークスレーサーです。

維持していくのが一番大変ですね〜😄

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5230
IMG_5231
IMG_5232
IMG_5233
SSP Factoryさんでショートスイングアームの制作が終わりました❗️

なかなか良さげです♪

サスペンションの取り付け位置や、

細かな位置調整もしたので、走るのが楽しみです♪

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5295
IMG_5296
IMG_5297
IMG_5298
IMG_5299
某所にて😀

神さまに残暑お見舞いしに行きました。

色々な話を聞けて、やっぱり凄すぎる人だと再認識致しました。

急にお邪魔したのに、お時間割いて頂きありがとうございました‼︎

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


IMG_5205
IMG_5204
IMG_5203
ンー😑

世界は広いね〜

この発想はなかった。

コイツは試してみる価値あるね〜

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
☆是非、ポチッと押してください♪☆


このページのトップヘ